• sgbc-devotion

マタイの福音書11:25~30

2019年3月16日(土) ディボーション聖句 マタイの福音書11:25~30 25そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主であられる父よ。あなたをほめたたえます。これらのことを、賢い者や知恵のある者には隠して、幼子たちに現してくださいました。 26そうです、父よ。これがみこころにかなったことでした。 27すべてのものが、わたしの父から、わたしに渡されています。それで、父のほかには、子を知る者がなく、子と、子が父を知らせようと心に定めた人のほかは、だれも父を知る者がありません。 28すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。 29わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。 30わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」 [聖句メッセージ] 本日でマタイの福音書11章は終わりです。 ルカの福音書18:2~3主イエスは言った『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。だから、この子どもたちのように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人なのです。』 25節,このようにBibleで、人は皆、幼児のように素直になって、父なる神様から与えられたBible&Jesusのみことば(人生と死の真理)を受け入れて悔い改めようとしなくては、神に赦されて天国行きはあり得ないと教え説きます。どこの国に入るにも、ビザなどの許可が必要なように、死後の救い、天国行きを決めるには神の御子Jesusの十字架贖罪信仰による神の赦し、許可が必要不可欠なのです。 マタイの福音書13:10~17『弟子たちが近寄って来て、イエスに言った。「なぜ、人々にたとえでお話しになったのですか。」イエスは答えて言われた。「わたしを信じた あなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていません。というのは、持っている者はさらに与えられて豊かになり、持たない者は持っているものまでも取り上げられてしまうからです。わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。こうしてイザヤの告げた預言が彼らの上に実現したのです。「あなたがたは確かに聞きはするが、決して悟らない。確かに見てはいるが、決してわからない。多くの人々の心は鈍くなり、その耳は遠く、目はつぶっているからである。それは、彼らがその目で見、その耳で聞き、その心で悟って立ち返り、わたしにいやされることのないためである。」しかし、わたしを信じる あなたがたの目は見ているから幸いです。また、あなたがたの耳は御ことばを聞いているから幸いです。まことに、あなたがたに告げます。多くの預言者や義人たちが、あなたがたの見ているものを見たいと、切に願ったのに見られず、あなたがたの聞いているみことばを聞きたいと、切に願ったのに聞けなかったのです。』 25節,またBibleは...神のみことばから人生と死の奥義や神の国の秘密は、この世界のズル賢い者たちや何もかも権力や財力で解決しようとする偽善者たちや、ただのお調子者には悟ることが許されておらず、聖書は真心からの信仰心を持てなくては分かりにくい、数多くのたとえ話によって書かれていると、教え説きます。人生と死の奥義や神の国の秘密は、Bible&Jesusのみことばを 幼児のように素直な心で受け入れようとする人々や、人生と死の意味と真理や行き先を 探求しようと謙虚に集中しなくては、その内容を悟り行うことが出来ないと、教え説いているのです。 あなたは、如何でしょうか? 第一コリントの手紙1:21『事実、この世の多くの人々が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵とご計画によるのです。それゆえ、神はみこころによって、人の語る宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです。』 26節,聖書は...世界人類の創造主なる神様は、あなたが肉体の死を遂げるまで、目の前に、神の御姿と御心のすべてを現されることはあり得ないと教え説きます。しかし聖書は、もし あなたが Bibleを深く読んで信じ、周囲の人々に語り伝えようとしたり、聖書のみことばを生活に表現しようと尽力し続けるのなら、あなたの神様はあなたの人生と周囲に、必ず現れて助け導いて、永遠に報われる幸福人生にして下さると、約束するのです。すべては、あなた次第。肝に命じあいましょう。 第一テサロニケの手紙4:8『ですから、人が語るみことばを拒む者は、人を拒むのではなく、あなたがたに聖霊をお与えになる神を拒むことになるのです。』 第二ペテロの手紙1:21『なぜなら、御ことばの預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からの御ことばを語るものだからです。』 ヨハネの福音書14:6『主イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神の国に来ることはできません。』 27節,またBibleは...人は皆、完全完璧な人などおらず、誰でも 神の御子イエスの十字架の贖罪信仰がなければ、肉体の死後の神の国「パラダイス」「天国」に行ける訳がないと教え説きます。死の現実と人間の限界を見極めることも重要です。 第一コリントの手紙12:3『誰でも聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です」と信じて言うことはできません。』 27節,またBibleは、もし、あなたが 今「私は主イエスの十字架贖罪信仰による神の赦しと永遠の救いを信じます。悔い改めさせ、助け導いて下さい。Amen」と祈れるのなら、あなたは 間違いなく、聖霊からのラブコールを受けられた人であり、神の国のビザと神の奥義や秘密を知る権利を受けられると、約束してくれます。聖書と聖霊のラブコールに応えて、真心から主イエスを信じようと決断して、告白さえできれば永遠に救われるチャンスに恵まれるのです。 ローマ信徒への手紙8:1~2『こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。』 28~30節,このように聖書は、主イエスの十字架贖罪信仰にすがる あなたには人生や死の悩みや恐れは無用だと約束してくれます。すべての重荷を 主イエスの十字架に祈り明け渡して、聖書のみことばに人生を託し続ければ、あなたの内なる聖霊は、あなたのすべての問題と重荷を担って助け導いて下さると約束するのです。Bibleのみことば(Jesus信仰)を 信じて祈り、生き様にし続けようとする者たちはみな、必ず 報われるのです。 28~30節,またBibleは...この世界は 本音と建て前の二心を操るズル賢い偽善者や、財力と権力や暴力にモノに言わせる愚かな者と、世あたり上手なお調子者のずるい大人たちが支配・コントロールしているために、多くの人々は いつも 気を抜けずに、必要以上の重荷を背負い過ぎてしまい、ストレス、病気や疲労が絶えないと、教え説きます。しかし聖書は、Jesus信仰のみことばに信頼して、祈り 生き続けられれば、あなたの神様はあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となり、あなたに耐えられない試練は与えないと保証して下さっているのです。あなたには尽きぬ希望があるのです。 イザヤ書40~28~30『主は疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。神を知らない若者は疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。』 28~30節,このように聖書で、世界人類の救い主イエスは、あなたの人生のすべての重荷を軽くする為に、Bibleのみことばをプレゼントしてくれたと教え説きます。聖書のみことばを心に蓄え続ける者は皆、内なる聖霊に守られて癒され、いつか必ず報われるのです。あなたのピンチや弱い時に与えられる 神の特別な癒しや感動的な奇跡に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、いつ、どんな時も 幼児のように、素直にBibleのみことばを受け入れて従えられるように、そして周囲にJesusの福音や真理を 証し伝えられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、神の特別な守りと癒しや聖霊の奇跡的な助けを受け続けられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「