• sgbc-devotion

マタイの福音書11:2~14

2019年3月13日(水) ディボーション聖句 マタイの福音書11:2~14 2さて、獄中でキリストのみわざについて聞いたヨハネは、その弟子たちに託して、 3イエスにこう言い送った。「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、私たちは別の方を待つべきでしょうか。」 4イエスは答えて、彼らに言われた。「あなたがたは行って、自分たちの聞いたり見たりしていることをヨハネに報告しなさい。 5目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。 6だれでもわたしにつまずかない者は幸いです。」 7この人たちが行ってしまうと、イエスは、ヨハネについて群衆に話しだされた。「あなたがたは、何を見に荒野に出て行ったのですか。風に揺れる葦ですか。 8でなかったら、何を見に行ったのですか。柔らかい着物を着た人ですか。柔らかい着物を着た人なら王の宮殿にいます。 9でなかったら、なぜ行ったのですか。預言者を見るためですか。そのとおり。だが、わたしが言いましょう。預言者よりもすぐれた者をです。 10この人こそ、「見よ、わたしは使いをあなたの前に遣わし、あなたの道を、あなたの前に備えさせよう。」と書かれているその人です。 11まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。しかも、天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です。 12バプテスマのヨハネの日以来今日まで、天の御国は激しく攻められています。そして、激しく攻める者たちがそれを奪い取っています。 13ヨハネに至るまで、すべての預言者たちと律法とが預言をしたのです。 14あなたがたが進んで受け入れるなら、実はこの人こそ、きたるべきエリヤなのです。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 2節『ヨハネ』とは、本来人間が一番に大切にすべき、人命、人心、隣人愛、純粋な神信仰や正義よりも、個々の富、名誉、権力、快楽、不正を 愛して大切にする罪大き社会に対して、神のみことばによる真理(Bible)を宣べ伝え、人々に悔い改めの「洗礼」を授けた神の預言者のことです。 出エジプト記20:17神は言われた『あなたの隣人の家を欲しがってはならない。すなわち隣人の妻、人の財産、すべて、あなたの隣人のものを、欲しがってはならない。』 2節,この「洗礼者ヨハネ」は 当時のユダヤ国の領主ヘロデ・アンティパスが 自らの権力を用いて、不倫から略奪婚したことを、神様と国民に対して謝罪するように、語り伝えた為に投獄されていたのです。彼は、無実なのに、権力者に正義、真理、法律通り、責めただけで投獄されたのです? マタイの福音書10:28主イエスは言った『からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい。』 2節,この時 洗礼者ヨハネは、やりたい放題の極悪領主・ヘロデ王の脅しに屈せず、神様と国民を愛するがゆえに、Bibleから悔い改めを促しただけなのに投獄されたのです。 このように聖書は、神に救われた あなたは、ヨハネのように、周囲の人々や権力を 恐れて、おじつけづいてばかりいないで、周囲の罪悪、不条理、不義を教え正す為に、神に選ばれて、Bibleのみことば(真理)とHolySpiritが与えられていると、教え説きます。真理や正義を教え正せる人がいなければ、世界の罪悪、不条理ははびこるばかりだからです。 あなたの周囲に、あなたが 率先して立ち上がれば、解決出来そうな罪悪や不条理な物事はありませんか? または、あなたが勇気を持って 一声を上げれば、イジメや差別から助けられる人はいませんか? 心当たりがあるのなら、祈り備えて、対処することが大切です。なぜなら、あなたの神様はその正義、隣人愛の為にも、あなたを救われたからです。あなたに与えられる神の援護に期待します。 3節,この日、神の預言者『洗礼者ヨハネ』は、獄中から自分の弟子に、イエスへの伝言を頼みました。『旧約聖書で預言されている、神の御子で、救い主キリストは、あなたですか?それとも、別のお方ですか?』このような質問を ヨハネは弟子に託したのです。 4~6節,そして主イエスは、この質問に以下のように答えたのです。『現在、わたしの祈りを通して、全ての病気は癒されており、死人も数人、蘇っりました。そして、今は 金持ちや権力者たちだけでなく、わたしを通して、貧しい人や極悪人たちでさえも、差別なく、神の救いの福音は届けられている。これらのことが実証する通り、わたしは旧約聖書の預言していた、神の御子、救い主キリストです。だから、あなたがたは獄中の洗礼者ヨハネの所に行って、伝えてあげなさい。』このように主イエスは、ヨハネの弟子たちに証しされました。 尚、以下は、世界人類の救い主・イエスキリストを預言していた、旧約聖書の預言聖句です。 イザヤ書53:4~6,12『まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。』 4~6節,このようにBibleは、主イエスが十字架上で人々に罵倒され懲らしめられても、ただ忍耐されたのは、あなたに永遠なる平安をもたらすためであり、主イエスが十字架上で暴力を受けた傷と怪我は、ご自分を信じる あなたを癒すためであり、主イエスが十字架上で血を流して、喜んで 死なれたのは、あなたを 永遠に贖って救い出すためであったと、教え説きます。このJesusの福音を 信じる者はみな、永遠に救われるのです。 第一コリントの手紙1:18『十字架の御ことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』 4~6節,聖書は、主イエスの十字架贖罪信仰を信じる者は皆、何が起きても平安を保つことができ、時には癒され、悔い改め続ければ、たとえ 肉体が死んでも、神の国で永遠に生きられると約束しています。 マタイの福音書5:17~19主イエスは言った『わたしがこの世に来たのは聖書の律法と神の預言者の預言を成就するために来たのです。まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。だから、聖書の戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。しかし、それを守り、また守るように教える者は、天の御国で、偉大な者と呼ばれます。』 7~14節,また主イエスは、Bibleに書かれているみことばの預言と約束は、全世界と全人生に適用出来るものであり、必ず、全てのみことばは成就すると教え説きました。だから、あなたの元にもBible&Jesusの福音やみことばは届けられたのです。神の真実は全世界中に広がる奇跡をもたらすのです。また主イエスは、洗礼者ヨハネたちのように、神様から預言の才能を与えられた聖職者や聖霊に満ちたクリスチャンたちのBibleメッセージを通して語られる預言も、数多く成就すると約束されました。信じるか、信じられないかはあなた次第。しかし Jesusのみことばを信じる者たちだけに、Bible&Jesusからの永遠に報われる幸福人生に必要不可欠な預言と約束は送り届けられるのです。 エレミヤ書39:11~12神は約束された『あなたがたがわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに語り、そして聞こう。もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。』 詩篇106:24~25『しかし、彼らは麗しい地と恵みをさげすみ、神のみことばを信ぜず、自分たちの天幕でつぶやいたので、主の御声を聞けなかった。』 7~14節,神様の聖霊があなたに与える、永遠に報われる幸福人生に必要な具体的なみことばの預言と約束に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の教会からBibleメッセージや聖書の黙想から、全ての恐れや不信仰を捨て去される程に 確信的かつ具体的な神の御声、預言、約束をお与え下さい。 そうすれば、皆の人生の全てが 信じられない程の奇跡に包まれ、全ての物事がプラスに転じていくからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「