• sgbc-devotion

マタイの福音書9:32~38

2019年3月5日(火) ディボーション聖句 マタイの福音書9:32~38 32この人たちが出て行くと、見よ、悪霊につかれて口のきけない人が、みもとに連れて来られた。 33悪霊が追い出されると、その人はものを言った。群衆は驚いて、「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない」と言った。 34しかし、パリサイ人たちは、「彼は悪霊どものかしらを使って、悪霊どもを追い出しているのだ」と言った。 35それから、イエスは、すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされた。 36また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。 37そのとき、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。 38だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」 [聖句メッセージ] 本日でマタイの福音書9章は終わりです。 ヨブ記2:1『ある日のこと、神の子らが主の前に来て立ったとき、サタンもいっしょに来て、主の前に立った。』 ルカの福音書10:15~20主イエスは言った『不信仰なカペナウム。どうしておまえが天に上げられることがありえよう。ハデスにまで落とされるのだ。しかし、あなたがたの御ことばに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾ける者であり、あなたがたを拒む者は、わたしを拒む者です。わたしを拒む者は、わたしを遣わされた方、父なる神様を拒む者です。」さて、神の使徒の七十人が喜んで帰って来て、こう言った。「主イエスよ。あなたの御名前を使うと、悪霊どもでさえ、私たちに服従します。」イエスは言われた。「昔、わたしが見ていると、サタンが、いなずまのように天から落ちました。確かに、わたしは、あなたがたに、蛇やさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ、わたしの名前の権威を授けたのです。だから、あなたがたに害を加えるものは何一つありません。だがしかし、悪霊どもがあなたがたに服従するからといって、喜んではなりません。ただあなたがたの名前が天国に書きしるされていることを喜びなさい。」』 32節,このようにBibleは、目に見えなくとも神の御使いと天使たちは、存在しており、御使いと天使たちは、神のご計画通りに仕えることで、全世界人類に神のみことばを成就させる働きをしており、また人生に彷徨い、ただ死んで滅び行くしかない人々が 神の福音を知って救われるようにサポートする使命を行っていると教え説きます。 しかしBibleは、一部の神の御使いたちは、父なる神様が人間たちを 特別に愛されていることを ねたみ、世界人類を そそのかして堕落させたり、神様のみことばに反抗させて、永遠に報われない不幸人生に陥れ、地獄の滅びへと誘発してサタン、悪霊の働きをしていると、教え説くのです。目に見えない神の御使いと天使やサタン、悪魔、悪霊を 信じるか、信じられないかはあなた次第。しかし聖書は、目に見えなくとも、天使やサタンは存在しており、何でも、良いモノがいれば、悪いモノも存在していると教え説くのです。また聖書は、目に見えない神の聖霊と天使や、サタン、悪霊、悪魔の存在に気づけない人は、永遠に報われる幸福人生はなし得ないと預言します。聖書から、あなたの永遠の敵、サタン、悪魔、悪霊を 知り、目を醒まして生きることも重要なのです。 32節,また聖書は...『悪霊』『悪霊』『サタン』とは、世界中、あなたの周囲のあちこちに存在しており、原因不明の病気や様々な不運、争い、トラブルを振りまいている悪い霊的存在だと教え説きます。そしてBibleは、悪霊の頭を『サタン』だど、教え説くのです。 33~35節,この時、主イエスは原因不明で、口が聞けなくなった人の病気の原因は、悪霊によると診断して、その人の悪霊を取り除く祈りをして、癒されました。 あなたは、あなたや周囲にふりかかっている不運、事故、病気、様々なトラブルや争いなどが 目に見えない悪霊、サタン、悪魔による可能性があったことを 意識して、生活していますか? なぜなら聖書は、あなたや周囲に降りかかってくる不運、事故、病気、様々なトラブルや争いなどの原因には目に見えない悪霊、サタン、悪魔による可能性が あり、そのような場合は主イエスのお名前による祈りや神の教会の権威を 行使しなければ、圧倒的な勝利や完治は難しいと預言するからです。目を醒ましあいましょう。 ヨハネの福音書15:18主イエスは言った『もし世が、御ことばを伝える あなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたしを先に憎んだことを知っておきなさい。』 32~35節,またBibleは...霊的無知で鈍感な人々と形式的なご利益宗教であったパリサイ人たちのような人々は、Bible&Jesusの教える悪霊やサタンなどの存在に気づきにくく、悪霊やサタンの罠におちいりやすいと、預言します。 しかしBibleは...Bible&Jesusのみことばを信じ 素直に吸収し続ける人は皆、神の聖霊力を増し加えながら、神の御使いと天使を味方にひき連れやすいと、預言します。また聖書は、Jesusのように神の聖霊力や天使の援軍が満ちてくると、形式的な宗教者たちや霊的鈍感な人々からは、時々、妬まれ、誤解されたり、迫害されると預言します。神に選ばれし人々は、必ず、このような試練を通らさせられると預言するのです。信仰面や霊的に鈍感無知な人々など、恐れる必要はないのです。 第1ヨハネの手紙5:19『私たちは神からの者であり、世界全体は悪い霊の支配下にあることを知っています。』 32~35節,またBibleは、目に見えずとも、この世界人類は悪い霊たちに支配されているので、いつの時代やどの国も人心、人命、隣人愛よりも、経済や一部の権力者たちの名誉と欲望が 政策や常識となっていると、教え説きます。だからこそ、経済第一主義、戦争、隣国同士の不仲や争い、弱肉強食の格差社会、家庭や友情の崩壊、差別、自殺、不条理は全くなくならないと教え説くのです。 使徒の働き26:17~18主なる神様は言われた『わたしは、このユダヤ人と外国人との中からあなたたちを救い出し、あなたたちを世界中に遣わす。それは彼らの目を開いて、暗やみから光に、サタンの支配から神に立ち返らせ、わたしを信じる信仰によって、彼らに罪の赦しを得させ、聖なるものとされた人々の中にあって天の御国を受け継がせるためである。』 第1コリントの手紙1:20『事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵とご計画によるのです。それゆえ、神はみこころによって、人の宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです。』 35~36節,またBibleは...あはたの神様は、あなたを通して、周囲の人々にBible&Jesusのみことばから表れる聖霊の癒しや永遠の救いを 拡大させようとしていると、教え説きます。周囲の人々への神の聖霊による癒しや救いは あなた次第でもあるのです。目を醒まして祈り、周囲に神の福音を 宣べ伝えてあげて下さい。なぜなら聖書で...あなたの神様は、あなたの語る福音宣教のみことばを通してだけ、周囲の人々を癒しながら、死後の世界『パラダイスと天国』に救い導くことにされたと、教え説くからです。これが父なる神様に選ばれし あなたへの神のご計画と使命なのです。しっかり 胸に書き記すことです。あなたを通して、周囲の多くの人々が奇跡的に癒されたり、霊の目が開かれて、主イエスの十字架贖罪信仰で救われることを期待します。 37~38節『収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。』 またBibleは、あなたの大切な国には、Bible&Jesusのみことばによる癒しと永遠の救いを宣べ伝える 聖霊に満ちつ聖職者や隣人愛に満ちたクリスチャンが不足しているので、本気で、神の教会の奉仕者や伝道者たちが 増し加わることを 祈るように教え勧めています。一人でも多くの人々が 死後の地獄行きを免れて救われる為には、あなたの本気の祈りと使命感や隣人愛が必須なのです。あなたにも、周囲の人々の不幸人生や地獄行きを 食い止めようとする神の聖霊力と隣人愛が満ちていくことを 期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、霊の目を開かせ、見えない敵の悪いモノと神の聖霊からの良いモノを見分けられるように、助け導いて下さい。そして皆に、主イエスのような隣人愛と、人を救おうとする聖霊力や使命感を増し加えて下さい。そうすれば、皆の周囲の人々が数多く、神にゆるされて、いやされ、また救われる出すからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「