• sgbc-devotion

マタイの福音書7:6~12

2019年2月22日(金) ディボーション聖句 マタイの福音書7:6~12 6聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。 7求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。 8だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。 9あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。 10また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。 11してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。 12それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 コロサイの手紙2:3『このキリストのうちに、人生の知恵と知識との宝がすべて隠されているのです。』 箴言20:15『金があり、多くの真珠があっても、 御ことばの知識のことばは宝の器』 イザヤ書33:6『あなたの時代は堅く立つ。御ことばの知恵と知識とが、救いの富である。主を恐れることが、その財宝である。 』 箴言1:7『 主を恐れることは全ての知識の初めである。 愚か者は御ことばの知恵と訓戒をさげすむ。』 箴言14:18『わきまえのない者は愚かさを受け継ぎ、 利口な者は御ことばの知識の冠をかぶる。』 6節,このように聖書は...Bibleのみことばによる知恵、知識とは、人生で一番の重要な宝であり、人生や死後の幸福の為に なくてはならない永遠の真理だと、教え説きます。あなたは人生で一番価値と力ある神の宝を 手に入れられたと、教え説くのです。信じる者は必ず、永遠に報われます。 しかし同時に、Bibleは霊的無知な愚かな人や死後に地獄に行くしかない人は皆、全く、神のみことばの価値を理解できない、本能や欲望のままに生きる犬のようであり、真珠の価値を知らずに、それを踏みにじる豚のようだと、厳しく教え説いています。 あなたは、神のみことばの宝なる価値に気づいた賢い人ですか? なぜなら聖書は、神のみことばが 人生第1の糧だと信じる者たちだけが、永遠に幾ばいも報われると預言するからです。 ヨハネの福音書7:7主イエスは言った『世はあなたがたを憎むことをしません。しかしわたし、イエスを憎んでいます。なぜなら、わたしが、世の人々について、その行いが悪いことを みことばで、あかしするからです。』 第一テサロニケの手紙5:5~6『あなたがたはみな、光の子どもです。私たちは、暗やみの者ではありません。ですから、神を知らないほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くして生きいましょう。』 6節,またBibleは、この世の殆どの人々は見えない敵(悪霊,悪魔,サタン)や自らの欲望の虜になって、霊的に眠っている人々であり、神様の存在に気づけずに、ただ 死の滅びの闇に向かって生きるしかなく、Jesusの福音のみことばの重要性に気づけずに反抗していると、預言しています。しかし あなたは、主イエスの十字架贖罪信仰による 永遠なる救いを手にしたおかげで、永遠の光の中に移され、今や神の子とされたと教え説くのです。神のみことばの光を輝かせようと、日々の生活を送る人は皆、永遠に報われるのです。あなたは特別な神の子だと期待します。 ヨハネの福音書1:12~13『この方イエスを受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神の恵みの信仰によって生まれたのである。』 ローマ信徒への手紙8:14『神の御霊を信じて導かれる人は、だれでも神の子どもです。』 ガラテヤの手紙3:26『あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。』 7~11節,このように聖書は、主イエスを信じたあなたは、もはや 神に救われた天国人とされると約束してくれます。天国行きが内定した、天国人は神の国の法律で、常識である 聖書のみことばを祈りつつ、守り行なおうと生き続ければ、永遠に安泰だと約束するのです。もう二度と、神のいない地獄行きの滅びや神のみことばの光のない闇の人生に引き戻されないように、神の子として、しっかり自覚し続けることが重要です。それを自覚する神の子達だけに、主イエスの偉大なる奇跡的祈祷力が 任されるからです。 コロサイの手紙4:2『みことばで目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。』 エペソの手紙6:18『神の子とされた あなたは、すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のためにも、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。』 7~11節,またBibleは、神の子とされた あなたには、父なる神様からの相続財産として、神の子としての祈りが聞かれる特権が与えられたと、約束してくれます。Bibleは、神のみことばとは、人生になくてはならない神の国の財宝であり、祈りとは人生で最強の武器だと教えているのです。絶えず、活用することです。 またBibleは、もし あなたが数多くの祈りの奇跡を成就させたいのならば、日々のみことばを黙想(ディボーション)しながら、実践適用することが必要不可欠だと、預言します。神の国の奇跡を揺り動かせる祈祷術を 磨くために、日々のみことばを黙想して祈り、実践適用し続けようとする人は皆、いく倍も報われるのです。どんなことでも、どんな時でも、みことばを黙想しながら、真心から主イエスに祈り求めるように祈り続ける姿勢が大切なのです。 12節,そして聖書は、もし あなたが数多くの願いごとを叶えたいのならば、特に、共に神のカラダを形成している教会の仲間たち(神の家族)と祈り合い、また、あなたの周囲の人々が 主イエスに救われるように、本気で祈ってあげる隣人愛も重要だと教え説きます。なぜなら、それらの祈祷課題を、本気で祈ることこそが 主イエスのような奇跡を生む、神の愛力や聖霊力に直結するからです。あなたに現れる、主イエスのような神の愛力と神の聖霊に満ちた祈祷力に期待します。求め、探し、叩くほどに祈る者に、神の奇跡や天国行きの洗礼者が任されるのです。 マタイの福音書14:31『そこで、イエスはすぐに言われた。「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」』 マルコの福音書11:23〜24主イエスは言った『まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。だからあなたがたに言うのです。わたしイエスに祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。』 8〜11節,またBibleは、どんな親であったとしても、愛する我が子のためになるのなら、何でも与えてあげたいと思うはずだと、教え説きます。それなら、愛に満ちた 父なる神様が、神の子である あなたの祈りを 聞かないはずはないとまで、教え説いているのです。父なる神様のあなたへの深い愛と揺るがぬ約束を ただただ、信頼し続けることも重要です。主イエスのお名前で祈ったことは、すべてが自らの人生の益に成り変われることを 堅く信じながら生き続けることが 何よりも大切なのです。あなたの人生に現れる、山をも動かす信仰力と祈祷力に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、Bibleから、人生の宝となる真理を掴ませ、山をも動かせるみことば信仰力と祈祷力へと成長させて下さい。 そして主よ、皆が教会の仲間たちと真心から一致して、周囲の人々の救いを 本気で祈れるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆が主イエスのような奇跡を起こせる祈祷力や聖霊力を手に入れられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「