• sgbc-devotion

マタイの福音書6:9~15

2019年2月18日(月) ディボーション聖句 マタイの福音書6:9~15 9主イエスは言った。「だから、こう祈りなさい。」「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。 10御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。 11私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。 12私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。 13私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕 14もし人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたを赦してくださいます。 15しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの罪をお赦しになりません。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マタイの福音書6:7主イエスは言った『祈るとき、神を知らない異邦人のように同じことばを、ただくり返してはいけません。彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。』 出エジプト記20:7『あなたは、あなたの神、主の御名を、みだりに唱えてはならない。主は、御名をみだりに唱える者を、罰せずにはおかない。』 ヤコブ書4:3『願っても受けられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです。』 9節,このようにBibleは、数多くの人々は自分さえ良ければと考えながら生活しており、貪欲に、片寄った 独りよがりの祈りや願いを ただ しつこく繰り返し追いかけ過ぎて、結果、神様からの恵みや幸福人生を取り逃がしていると、教え説きます。 あなたは、如何ですか? マルコの福音書11:24主イエスは言った『だからあなたがたに言うのです。祈って求めたものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。』 9節,またBibleは...主イエスのお名前で、たった一度でも祈るなら、もうすでに主なる神様への祈りは聞かれると、約束しています。 聖書は、それなのに、何度も何度も、繰り返し自分の同じ欲望と願いごとばかり、しつこく祈る人は、みだりに神のお名前を呼ぶ失礼な罪人に当たってしまうと、教えて説くのです。自分の欲望や願い事ばかり祈る、貪欲なご利益宗教者にならぬように気をつけるも重要です。なぜなら聖書は、そういう貪欲な人の祈りは、大した神の御業が起こらないと預言するからです。神の奇跡や願いごとを叶える祈りの人とは、自分の事ばかり片よらずに、神の御心や周囲の幸福を祈り行動する人だと教え説くのです。聖書は、神の御心や周囲の幸福を知り、祈り方を教える神の知恵の書。活用して、神の御業や奇跡を引き出せる祈りの人を目指しあいましょう。 9~10節,聖書の教える、神の御業と奇跡を呼び込める人の「祈り」とは... 一番目。あなたの生活習慣と人間関係を通して、主イエスのみことば(真理)と主イエスの似姿(徳を高められる人生)が現れるように、祈り尽力するひと。 二番目。自分の願望ばかり祈らず、あなたのご家族、友人と知人の主イエスの永遠なる救いと、個々の問題解決の為にとりなし祈れる人。 三番目。あなたの属する神の教会の牧師と仲間たちの為にとりなし祈れる人。 四番目。あなたを取り巻く環境に、神の愛と神の国、人生の真理が現れるように、祈れる人。 五番目、あなたの全ての関わる物事と人間関係に神のご計画と御心がなるように、祈れる人。 11節,そして六番目。 あなたとご家族の生活に必要な衣食住、経済、物質、健康の全てが与えられるように祈れる人。 七番目。あなたに関わる教会と聖職者の全ての必要が満たされ、神の国と救いが拡大するように、とりなし祈る人。 12節,そして八番目。 神と隣人に対しての自らの勝手さ、罪、過ちのゆるしを 告白して祈り、悔い改められるように祈り続ける人。 九番目。人を 真心からゆるせるように、また、真心から愛せるように祈る人。 13節,そして十番目。 必要以上な試練を背負わぬように、そして、人生の試練から勝利しながら、成長できるように祈れる人。 十一番目。聖書が教える 見えない敵(サタン、悪魔、悪霊)の誘惑、罠、挑発を見抜けるように、また、それらに捕らわれないように、祈る人。 十二番目。あなたの属する国々、組織、家庭、教会の平和、尊厳、栄誉、威光、繁栄、勝利、権力など、全てが父なる神様の主権、ご支配で行われるように、とりなし祈る人。 これら12の祈祷課題を 大切に祈り続けながら、尽力する人は皆、永遠に報われる祈りを手にするのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 第一テサロニケの手紙5:17『絶えず祈りなさい』 またBibleは、これだけ多くの神様から与えられた祈祷課題を 如何にしてバランス良く、絶えず、具体的に、祈れるかが 神の百倍の恩恵や願いごとを引き出す為の鍵になると、教え説きます。永遠に報われる幸福人生に関わる祈祷課題や願いごとを刈り取れる為にも、これらの祈りの手段、武器を行使することが重要です。 ルカの福音書19:46主イエスは言った『わたしの教会は、祈りの家でなければならない』 コロサイの手紙4:2『目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。』 また聖書は...あなたの神様は、あなたに、以上12の祈祷課題を祈らせ礼拝させ、永遠に報われる幸福人生を刈り取らせる為に、また、あなたや周囲の人々や この国の救いを救い導く為に、あなたをわざわざ、神の教会に呼び集められたと教え説きます。これらの使命を自覚しながら 神の家族たちと祈り礼拝し続ける者は皆、必ず、永遠に報われると約束したのです。 マルコの福音書11:25主イエスは言った『祈っているとき、だれかに対して恨みやゆるせない事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。」 14節,またBibleは、もし、あなたが 誰かに対しての恨みや、ゆるせない感情を持ち続けながら祈れば、その祈りは神様に受け入れられず、あなたの祈りの効力はゼロに等しくなってしまうと、忠告します。人をゆるすこととは、全てを主なる神様に信頼して明け渡すことであり、真の自由と主イエスのような爆発的な祈祷力を獲得する術でもあると教え説くのです。怒り、復讐は全て 神様に祈り明け渡して、人を赦す愛を選択し続ければ、神様が必ず報いて下さるからです。あなたを苦しめた他人をゆるそうと祈りに励む者は、必ず、大きな祈りの恩恵を手に入れられるのです。 あなたの人生に現れる、主イエスのような奇跡的な祈祷力に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、いつも、聖書か神の御心を祈らせ、他人をゆるすことを選択させながら、Bibleから祈るべきテーマを探し出して、定期的にバランス良く、とどこおりなく、祈れるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆が、主イエスのような山をも動かせる祈祷力、永遠に報われる幸福人生に必要な祈祷力を 獲得できるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「