• sgbc-devotion

マタイ福音書4:1~11

2019年2月8日(金) ディボーション聖句 マタイ福音書4:1~11 1さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。 2そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。 3すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」 4イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。」 5すると、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の頂に立たせて、 6言った。「あなたが神の子なら、下に身を投げてみなさい。『神は御使いたちに命じて、その手にあなたをささえさせ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにされる』と書いてありますから。」 7イエスは言われた。「『あなたの神である主を試みてはならない』とも書いてある。」 8 今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、 9言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」 10イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」 11すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。 [聖句メッセージ] 本日からマタイの福音書は4章です。 第1ヨハネの手紙5:19『私たちは神からの者であり、世全体は悪い者の支配下にあることを知っています。』 1節,このようにBible&Jesusは、この世界は目に見えねども、誤った神観(真理)と歪んだ愛で汚れ傷ついた人間の罪性と欲望を うまくコントロールしている悪霊たちが、支配しているので、不条理、差別、格差、争い(戦争)、餓死者が絶えないと教えます。しかし聖書は、神に救われてBibleメッセージとJesusの教会礼拝奉仕を大切に生きているクリスチャンになると、創造主なる神様(聖霊)、人間の本質(罪性)、悪魔(見えない敵・悪霊、サタン)を見極められる、真の知者、完全な大人、天国人の道が開かれると教え説くのです。あなたも、日々のみことばと聖霊の助けや天に宝を積む教会礼拝奉仕生活を通して 霊的な目が開かれていき、人生と死の知者、完全な大人、永遠に報われる天国人に巣立っていくと期待します。 第二テモテの手紙2:24~26『主のしもべ(クリスチャン)が争ってはいけません。むしろ、すべての人に優しくし、よく教え、よく忍び、反対する人たちを柔和な心で訓戒しなさい。もしかすると、神は彼らに悔い改めの心を与えて真理を悟らせてくださるでしょう。それで悪魔に捕らえられて思うままにされている人々でも、目ざめてそのわなをのがれることもあるでしょう。』 第1テモテの手紙4:9~10『金持ちになりたがる人たちは、誘惑とわなと、また人を滅びと破滅に投げ入れる、愚かで、有害な多くの欲とに陥ります。金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金と権力を追い求めたために、信仰から迷い出て、非常な苦痛をもって自分を刺し通しました。』 1節,Bibleは...この世の権力者たちの多くは、純粋な良心を育てられる神信仰(真理)や隣人を救おうとする愛よりも、自分勝手な欲望と富や権力を愛して守ろうとしてきた為に、いつの間にか、見えない敵・悪魔(悪心)に支配されるようになってしまったと、教え説きます。また、現在の世界全体は目に見えない悪魔に眠らされ捕らわれている人々が支配しているので、人心、人命、隣人愛、純粋な良心を養える神信仰、真理、正義は軽んじられ、いつも経済(金、権力、暮らしの向上)が第1になる愛に冷えた格差社会に陥っていると、教え説くのです。その為、餓死者、格差社会、人種差別、戦争、自殺者、偽善者は絶えないというのです。Bibleの教える悪霊や罪性とは、人の必要以上の貪欲さと自分勝手さや支配欲であり、他人の価値と神信仰を蔑む高慢無知な愚かな心霊を指すのです。悪魔、さたん、悪霊とは 映画やテレビで見聞きする悪霊の類だけではないのです。目を醒ますことです。 またBible&Jesusは、お金や個人の名誉、権力よりも人命、人心、平等な隣人愛の方が百倍以上も大切だと教え説きます。またBibleは もし あなたが聖書のみことばから人生と死の意味と真理や行き先、また愛の大切さと神の摂理や人間の罪性、サタン、悪霊、悪魔の正体を掴みながら生き続ければ、この社会での不条理と裏切りからも守られ、やがて、永遠に報われる天国人生さえ見い出して、人間本来の素晴らしさや幸福感に獲得できると約束しています。Bible&Jesusからのメッセージ信じて祈り求め続ける者は皆、悪魔、悪霊、サタンからも守られて、永遠に報われるのです。 マルコの福音書14:38主イエスは言った『悪魔の誘惑に陥らないように、目をさまして、祈り続けなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。』 第1コリントの手紙15:34『だから目をさまして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人たちが沢山います。私はあなたがたをはずかしめ、目をさますために、こう言っているのです。』 ルカの福音書10:17~19『さて、七十人の使徒たちが喜んで帰って来て、こう言った。「主イエスよ。あなたの御名前を使うと、悪霊どもでさえ、私たちに服従します。」イエスは言われた。「わたしが見ていると、サタンが、いなずまのように天から落ちました。確かに、わたしは、あなたがたに、蛇やさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けたのです。だから、あなたがたに害を加えるものは何一つありません。』 1~11節,このようにBibleは、人の目に見えない神の摂理や悪魔の働きを知ることの出来る、唯一なる神の国の書物だと言われています。Bibleを信じて主イエスの御名を呼び続ける者は、神を見出し、見えない敵に勝利出来ると約束するのです。 ヤコブの手紙4:3『願っても受けられないのは、自分の快楽のためにだけ使おうとして、悪い動機で願うからです。』 3~4節,この時、世界人類の支配者となっている悪魔は主イエスに、道端の石をパンに変えてみろと、挑発しました。悪魔は「石なんて、食べれないし、大した役に立たない。どうせなら、世界中の石を美味しい食べものに変えてみなさい」と、貪欲に食欲だけを満たそうと誘惑したのです。しかしイエスは、この世界の食物は、世界中が隣人愛を大切にして、お互いに分け与られるのならば、ありて余るほどに創造されていると、石ころにも、全て 存在している意味があると、Bibleのみことばで、その誘惑と挑発を退けたのです。 箴言1:19『利得と欲望をむさぼる者の道はすべてこのようだ。 そういう道は、持ち主のいのちまで取り去ってしまう』 3~4節,聖書は、この世界の資源は分け与えられる程の隣人愛さえ働かせられれば、餓死者はいなくなり助けられると預言しています。確かに、経済大国が経済よりも隣人愛を第一に協力し合えば、世界中の餓死者の命は救えます。しかし経済大国の政治経済の実状は食料をむさぼり、結果、大量のゴミと化して捨ててしまい、餓死者たちを助けずに見殺しにしてしまっているのです。餓死者たちに輸出して送るより、ゴミにした方がお金がかからないからです。聖書は貪欲にむさぼる国々や人々は大罪であり、主イエスの十字架贖罪信仰を働かせなければ、救われないと預言ています。経済大国に生きるとは、それだけでむさぼる罪を背負って生きることなのかもしれません。あらゆる資源や資金の貧しい国民たちが救われるように、主イエスの十字架を仰ぎ見て祈りあいましょう。また、資源や食料を無駄遣いしたことがあるのなら、神の恵みをむさぼり、無駄遣いした罪を 主イエスの十字架を仰ぎ見て祈ることも大切なのです。 5~7節,そして、この時悪魔は生命と死を支配している神の後継ぎである 御子イエスに「高い崖から飛び降りてみなさい、どうせあなたは、死んでも生きられるのだから」と挑発してきました。 使徒の働き16:28『自害してはいけない。』 しかし主イエス...聖書には「自殺してはいけない」と生命の尊さが書かれており、「命を賭けてまで、神様を試してはならない」と父なる神様は聖書で命じていると、悪魔の誘惑を退けたのでした。 Bibleは...何があっても、BibleのみことばとJesusの聖霊は あなたを見捨てないと約束してくれます。「もうダメだ。死にたい。」なんてことを考えさせるのが悪魔、サタンの誘惑だと教え説くのです。あなたの大ピンチに現れる、主イエスの十字架の救い、聖霊の励ましや助けに期待します。自害せずに、Bible&Jesusのみことばを信じて耐え続ければ、神の時(寿命の時)に、永遠なる天国人生に移されるからです。 8~11節,また最後に悪魔はイエスに、こう挑発しました。「所詮、この世界の人々は神様が 大切に教え説いてる人命、人心、隣人愛や 良心、正義、真理を養い育てる神信仰よりも、わたしが勧める経済至上主義、食欲、物欲、支配欲や 名誉欲を大切に生きていますよ。だから イエスよ、わたしを拝みなさい。そうすれば、これからあなたを世界の支配者にしましょう。」と誘惑してきたのです。 ヨハネの福音書3:15~16主イエスは言った『わたしが来たのは、わたしを信じる者がみな、永遠のいのちを持つためである。神は、実に、そのひとり子イエスをお与えになったほどに、この世を愛された。それは御子(イエス)を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。』 8〜11節,悪魔はイエスに、世界の富、政治経済の支配者にするから、わたしに頭を下げて拝みなさいと誘惑してきました。しかしイエスは、以下のように悪魔を退けられたのです。「わたしは、父なる神様に仕え拝む為にだけ生きている。また、わたしは、おまえ(悪魔)の魅力と貪欲のわなに陥って地獄に落ちていく人々の霊の目を醒まして救う為にだけ、生まれてきた。したがって、この世界の政治経済の権力や名誉、支配のために頭など下げない!そんなものは、もうすぐ肉体の命が終われば、全く役に立たなくなる虚像に過ぎないからだ!だから、引き下がれ!サタン」と命じたのです。すると、悪魔は立ち去ったのでした。 そして、あなたもBible&Jesusのみことばと教会礼拝奉仕を大切に生きることで、霊の目が開かれていき、見えない敵の誘惑や地獄の罠から逃れられて、永遠に報われる幸福人生、天国行きを確信できると期待します。Bibleのみことば、Jesusの教会、内なる聖霊は、その為の神の救いだからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、BibleのみことばとJesusの教会生活から神の摂理、愛の尊さ、真理、人間の本質(罪性)、悪魔の正体を悟らせて助け導いて下さい。 そうすれば、皆の霊の目が開かれていき、永遠に報われる幸福人生、天国行きを勝ち取れるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「