• sgbc-devotion

使徒の働き28:3~6

2019年1月24日(木) ディボーション聖句 使徒の働き28:3~6 3 パウロがひとかかえの柴をたばねて火にくべると、熱気のために、一匹の毒まむしがはい出して来て、彼の手に取りついた。 4 島の人々は、この生き物がパウロの手から下がっているのを見て、「この人はきっと人殺しだ。海からはのがれたが、正義の女神はこの人を生かしてはおかないのだ」と互いに話し合った。 5 しかし、パウロは、その生き物を火の中に振り落として、何の害も受けなかった。 6 島の人々は、彼が今にも、はれ上がって来るか、または、倒れて急死するだろうと待っていた。しかし、いくら待っても、彼に少しも変わった様子が見えないので、彼らは考えを変えて、「この人は神さまだ」と言いだした。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 3節, マルタ島に漂流した 使徒パウロは、すぐに 船員たちの冷えた身体を温めてあげようと、マルタ島民たちと柴を かき集めて火を焚きました。すると、その熱気に驚いた一匹の猛毒なマムシが パウロに噛みついてきたのです。 『まむし』は 体長45cm~80cm位の毒蛇で、噛みつかれると成人者は2~3日位で死んでしまう猛毒を持っていると言われています。また、現代にはまむしの毒に対する血清がありますが...だいたい噛まれてから六時間以内に血清を投与すれば、命や後遺症などの問題はないと言われています。勿論、当時は血清など有りませんでしたから、パウロは奇跡的に無傷でいられたのです。 このように聖書は、パウロのように、Jesusの命令通りに福音宣教の為に人生や命懸けで臨む人には神の特別な奇跡、驚くべき癒しが起こり得ると預言します。あなたの神様(内なる聖霊)は、何よりも、隣人の魂を救い導ける福音宣教活動を大切に人生を築く人々に特別に報いて下さると約束するのです。 4節,この時、使徒パウロが毒蛇に噛まれたのを見たマルタ島民たちは、以下のような陰口を 言い出しました。『あのパウロという男は、きっと、人殺しか、何か法を犯した悪い奴に違いないね。だから彼は、マルタ島に着いた直後、毒ヘビに噛まれたんだよ。これは、因果応報、神の裁きに違いない。神様はこの人を生かしてはおかないはずだよ!。』 このように聖書は、マルタ島の人々は 全く Bibleのみことばや神の御子Jesus信仰すら知らなかったので、霊的無知で鈍感であったと教え説きます。マルタ島の人びとは 神の摂理と見えない敵・サタンの存在や、永遠なる真理に対して、全く無知だったのです。そして、マルタ島の人々たちは神のみことばの教える真理から外れる知ったかぶりをして、神の協力者のパウロに根拠のない陰口を 言い合った為、彼らは二千年経った現在でも無知な罪人しての汚名を残してしまったのです。 あなたは聖書の教える人生や死の真理と摂理や、永遠の天国人生(死後)について 知ったかぶりをしたり、神の協力者と言われる聖職者やクリスチャンたちへの悪口雑言などして、父なる神様を敵に回す傾向がありませんか? 聖霊に満たされた神の働き人や真理に基づく教会と建設的かつ協力的に向き合い、世界人類の永遠なる真理となるみことばを曲げなければ、神様を敵に回すことがないのです。肝にめいじあいましょう。 創世記3:14『神である主は蛇に仰せられた。「おまえは、アダムとエバを惑わしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。」』 マタイの福音書23:33Jesusは言った。『悪者よ。おまえたちは蛇ども、まむしのすえどもだ。おまえたちは、ゲヘナの刑罰をどうしてのがれることができよう。』 このようにBibleで、蛇は悪いモノ、ズルいもの、悪霊の道具として、多く出て来る生物になります。 そして聖書は、使徒パウロは見えない敵・サタンの奴隷となっていたマルタ島の全島民を救うという神様のご計画や使命の為に、自分たちはこの島に漂流したので、この時、神の使命を妨げる為に、見えない敵・悪霊が 使徒パウロの命を奪おうと毒蛇に噛ませたと、教え説くのです。このように聖書は、神のみことばや福音宣教の使命を大切に生き続ける人は皆、永遠に報われる幸福人生や祈りの奇跡を獲得できるので、見えない敵、サタン、悪霊たちは、ありとあらゆる災難や攻撃を仕掛けてくると預言します。しかし同時に聖書は、使徒パウロのように人生を賭けて、神のみことばや福音宣教の使命と向き合えれば、見えない敵の攻撃や災難は退けられると約束するのです。中途半端な信仰に生きて、見えない敵の支配や奴隷で虚しいクリスチャンライフを刈り取るか、パウロたちのように神のみことばと福音宣教の使命に人生を賭けることで、聖霊や奇跡に満たされ、永遠に報われる幸福人生を刈り取るかはあなたの信仰次第だと教え説くのです。肝にめいじあいましょう。 マルコ福音書16:15~18『それから、主イエスは全ての人達に、こう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、聖書の福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は、救われます。しかし、信じない者は、神を欺く罪に定められてしまいます。そして、わたしイエスを信じる人々には、次のようなしるしや奇跡も伴います。すなわち、わたしイエスの名によって悪霊を追い出したり、今まで話さなかった 御ことばを使い出したり、毒蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば、癒される病人も出てきます。」主イエスは、彼らにこう話されて後、天国に上げられて神の右の座に着かれた。』 5~6節, またこの時、すでにJesusのみことばの使命に人生を捧げることで聖霊に満たされていた 使徒パウロはJesusの預言と約束通り、毒蛇の猛毒や、諸々の敵の攻撃や災難を受けても、全く無害で生き残りました。そしてこの後、使徒パウロはこのマルタ島でも福音宣教の使命を毎日こなして...結果、JESUSの預言と約束通りに...数多くの神の奇跡と癒しの御業を引き起こしたのです。聖書は神の御子Jesusのみことばを完全に信じて従い続ける人に、神の偉大なる奇跡は表れると教え説くのです。 イザヤ書54:17神は約束された。『わたしを愛する あなたを 攻めるために作られる どんな武器も、どれも役に立たなくなる。また、神のさばきの時、あなたを責めたてるどんな舌でも、あなたをさばけず、あなたはその人々を罪に定められる。これが、主のしもべたちの受け継ぐ分、わたしから受ける彼らの約束である。――主の御告げ――』 詩篇107:20~21『主は御ことばを送って、人々をいやし、信じる人々を滅びの穴から助け出された。主を信じる者たちよ。主のあらゆる恵みと、奇跡の神わざを主に感謝せよ。』 詩篇103:3『主は信じる あなたのすべての咎を赦し、 あなたのすべての病と怪我をいやす』 そしてBibleは、もし あなたが神の御子Jesusからの福音宣教のみことばや使命を 真心から大切に向き合い続けるのなら、どんな強力な敵の武器や多勢の攻撃と誤解、けが、事故災い、大病、悪霊をもはね返すだけの聖霊からの霊的権威や奇跡を生み出す祈祷力も任されると約束してくれます。神の御子Jesusのみことばは 信じて従い続けようと努める人々は、どこに行っても、何をしても 永遠に特別に報われるのです。そしてあなたも、近い将来、使徒パウロのような聖霊からの霊的権威や祈祷力が任される、まことのクリスチャンに成長していくと期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、神の御子Jesusのみことばと十字架力を 正しく悟らせ、Jesusと神のみことばと福音宣教の使命を 真心から行動に移せるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、聖霊に満たされていき、見えない敵の策略と武器などによる攻撃(絶望感、大けが、事故災い、不信仰、罪悪、怒り、原因不明の病、貧困、嘘偽り、不条理、孤立など)を はね返せる霊的権威と絶対的祈祷力を 神様から任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「