• sgbc-devotion

使徒の働き27:40~44

2019年1月22日(火) ディボーション聖句 使徒の働き27:40~44 40 錨を切って海に捨て、同時にかじ綱を解き、風に前の帆を上げて、砂浜に向かって進んで行った。 41 ところが、潮流の流れ合う浅瀬に乗り上げて、船を座礁させてしまった。へさきはめり込んで動かなくなり、ともは激しい波に打たれて破れ始めた。 42 兵士たちは、囚人たちがだれも泳いで逃げないように、殺してしまおうと相談した。 43 しかし百人隊長は、パウロをあくまでも助けようと思って、その計画を押さえ、泳げる者がまず海に飛び込んで陸に上がるように、 44 それから残りの者は、板切れや、その他の、船にある物につかまって行くように命じた。こうして、彼らはみな、無事に陸に上がった。 [聖句メッセージ] 本日で,使徒の働き27章は終わりです。 では、聖句をあげてから説明します。 使徒の働き27:34『使徒パウロは乗組員達に預言した「これで、もう あなたがたは助かることになります。あなたがたの頭から髪一筋も失われることはありません。なぜなら、私に聖霊が語られたからです』 40節,使徒パウロからのこれらの預言メッセージを聞いた船員達は、パウロのBibleメッセージを素直に信じて、すぐ砂浜に向かい、船を進めようとしました。この時の彼らはパウロの人並み外れた預言力を純粋に信じられましたが、神様への感謝や信仰心などはなく、ただ助かりたくて、パウロの預言通りに動き出しただけだったのです。 あなたは必ず、その通りになるBibleメッセージよりも、経験や才能豊かな人々を信じてしまう傾向がありませんか? なぜなら聖書は、人は皆、不完全ですが、聖書のみことばは永遠に成就し続けると教え説くからです。目を覚ましあいましょう。 創世記22:1『これらの出来事の後、神は信仰の人・アブラハムを試練に会わせて、試された。』 ルカの福音書8:13Jesusは言った。『みことばを聞いたときには、それを喜んで受け入れる人がいますが、しっかりした信仰の根がない人は、しばらくは信じていても、試練のときになると、すぐに身を引いてしまうのです。』 そしてこの時...父なる神様は使徒パウロの語ったBibleメッセージの預言通り、14日も断食祈祷した船員たちを 奇跡的に助けようとするのですが、神様はJesus信仰のおかげで助けられたことを忘れた船員たちの心を見抜いて、主なる神様は、再び船員たちに座礁させる試練を与えるられたのでした。このように聖書は、人生の試練とは人々の霊の目を開いて神信仰を植え付ける糧であり、完全な大人に成長させる父なる神様からの愛のムチ、教育だと教え説くのです。人生の試練の意味を しっかり胸に書き記してください。 そしてBibleは、人は皆、このように 神様からの試練なくしては、まことの神信仰や隣人への愛と感謝の思いや、人格の成長はあり得ないと教え説きます。全人生には試練はつきもの。試練なくして、人生の感動、人格の成長や神体験はあり得ないと教え説くのです。これらの神の真理と摂理を 胸に書き記して、試練に向き合って下さい。神に選ばれて、Jesus信仰を信じられた あなたには耐えられない試練、無駄な試練などないからです。 ヤコブの手紙1:2~4『私の兄弟姉妹たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。信仰がためされると忍耐が生じるということを、あなたがたは知っているからです。その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となっていくのです。』 ヤコブの手紙1:12『この試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです。』 またBibleは人生の試練とは、神様の存在と人生と死の真理を知れる大チャンスであり、神様からの深い愛や人生の感動を受けるのに必要不可欠な糧だと教え説きます。試練を乗り越えた後に訪れる父なる神様からの愛あるご計画や感動的な恵みを、楽しみに試練と向き合うことも重要なのです。 あなたは試練や苦難に会う時、父なる神のみことばやご計画を 忘れてしまい、ただ落ち込み過ぎる傾向がありませんか? なぜなら聖書は、人生の試練とは神様を知る恵み、人生と死の真理を掴み取るチャンスだと教え説くからです。 またBibleで、人生の試練とは...しっかりと自立した大人なクリスチャンになるために、また、神様に特別に選ばれた者として、ふさわしく成長するためにはなくてはならない、父なる神様からの試験、人生の訓練であるとも教え説いています。ですから試練を ただ嘆いたり、動揺し過ぎて混乱する必要などないと、教え説いているのです。あなたのより良い人生と夢や揺るがぬ幸いを掴むために、試練は、絶対的に必要な登竜門だと割り切って、試練に向き合うことも大切です。 あなたは試練を通して、立派な神に選ばれし人格者として成長していき、完全な神の大人・Jesusに似ていく者になれると期待します。父なる神様のご計画と自分の明るい将来に、ただ ひたすら期待して、試練に向き合い続ける人は皆、永遠に報われるのです。 マタイの福音書19:18『イエスは言われた「人を殺してはならない。」』 42節,しかし、この時Jesus信仰を信じたはずの船員たちの多くは、自分達が助かる事を確信すると、神の奇跡的な助けと使徒パウロの教えたみことばの恵みを 全く忘れてしまい、乗船していた囚人達が暴動を起こしたり、砂浜に泳いで逃げないように殺してしまおうかと、悪い相談をし始めました。まさに「喉元過ぎれば、熱さを忘れる。が人間の罪人たる由縁なのです。」そして兵士の多くは、大暴風で破船して14日もの間、自分達が生死をさまよいながら、奇跡的に船が沈まずに、使徒パウロの祈りとBibleメッセージからの預言により奇跡的に生かされたJesus信仰のみことばによる恩義を 全く忘れてしまっていたのです。 詩篇103:2『わがたましいよ。主をほめたたえよ。 主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。』 43~44節,しかし、それを見ていた兵士達の上官である百人隊長は、使徒パウロのBible&メッセージとJesus信仰の恩義と恵みを 忘れてはいませんでした。百人隊長は、霊的鈍感で恩知らずの船員達を押さえ、使徒パウロからのBibleメッセージに最後まで聞き従い、全ての囚人達の命を守る指示を下したのです。そして百人隊長は、今回の神様からの試練を完璧にパスして、こうして約二千年経った今でも、世界中の神信仰者たちの模範となる、様からの素晴らしい報いと栄誉を受けられたのです。 このように聖書は、人生の試練の意味と神の深いご計画を知れるクリスチャンたちは、人生の様々な試練をみことばに信頼することで完璧に乗り越え、神様からの感動的な恩恵や栄誉を受けられる人格者、偉人になる可能性も与えられていると約束します。Jesus信仰に生きるあなたの試練、ピンチは、真心から悔い改める気さえあるのなら、あなたの願いを叶えられる大チャンスになり変われるのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、様々な試練の時、父なる神様からの愛と真理を大切に忘れず、決して焦らず、諦めず、そして高慢に陥らずに、試練を完全に乗り越えられるように、助け導いて下さい。 そうすれば皆の人格と信仰が成長していき、神様からの素晴らしい恩恵や栄誉を受け取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「