• sgbc-devotion

使徒の働き27:12~17

2019年1月17日(木) ディボーション聖句 使徒の働き27:12~17 12 また、この港が冬を過ごすのに適していなかったので、大多数の者の意見は、ここを出帆して、できれば何とかして、南西と北西とに面しているクレテの港ピニクスまで行って、そこで冬を過ごしたいということになった。 13 おりから、穏やかな南風が吹いて来ると、人々はこの時とばかり錨を上げて、クレテの海岸に沿って航行した。 14 ところが、まもなくユーラクロンという暴風が陸から吹きおろして来て、 15 船はそれに巻き込まれ、風に逆らって進むことができないので、しかたなく吹き流されるままにした。 16 しかしクラウダという小さな島の陰に入ったので、ようやくのことで小舟を処置することができた。 17 小舟を船に引き上げ、備え綱で船体を巻いた。また、スルテスの浅瀬に乗り上げるのを恐れて、船具をはずして流れるに任せた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 12~17節, 正当な裁判と福音宣教の為に、ローマ市に向かっていた使徒パウロたちが乗っていたローマ帝国親衛隊の船は、突然の異常気象による暴風のトラブルに巻き込まれることになりますが、これは使徒パウロのBibleメッセージの預言通りの出来事でした。この時、船長や水夫達の天候予測は全く外れて、パウロの預言メッセージ通り、すべての乗船者たちが 命を失う程の危険な暴風にあうことになったのです。 あなたは聖書のみことばや教会から語られるBibleメッセージの預言を軽視して、自らの思い込みや経験豊富な人々の意見だけを 絶対視し過ぎる傾向がありませんか? なぜなら聖書は、猿も木から落ちるということは日常茶飯事であり、神のみことばをあなどる過信は危険を招くことになると預言するからです。肝に命じあいましょう。 ルカ福音書24:25『主イエスは言われた。「ああ、愚かな人たち。聖書の預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。』 また聖書は...聖霊に満ちた人たちの聖書のみことばによる預言は、超常識的な神様の摂理とご計画の中にあることもあるので、ときには様々なプロフェッショナルな人々の経験や知識よりも的を得ることがあると教え説きます。聖書は 使徒パウロのように、日々のBibleメッセージ(ディボーション)を自らの生活に実践適用しようとする人は皆、超常識的な未来をも見極められる預言を手に入れられると、教え説くのです。信じるか、信じられないかはあなた次第ですが...日々のBibleメッセージからの預言や聖霊からのインスピレーションを探し出そうと、真心から祈り求める者たちだけ、神の具体的な預言や超常識的な神の奇跡を 掴み取れて、必要以上の苦難を回避できると預言するのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 14節『ユーラクロン』とは ギリシャ地方に吹く地方風で、北東からの超暴風、突風のことです。 12~16節,今日の聖書箇所のように、天変地異、異常気象と神の摂理、神のご計画は深い関係があると教えて説きます。では、異常気象について書かれている聖書箇所があるので、以下に取り上げます。 ヨナ書1:3~6,12『預言者ヨナは、主からのみことばとご計画を避けて、タルシシュへ逃れようとし、立って ヨッパに出港した。彼は、タルシシュ行きの船を見つけ、船賃を払ってそれに乗り、主のみことばに従うことを拒み、神の御顔を避け、タルシシュへ逃げようとした。そこで、主は大風を海に吹きつけられた。それで海に激しい暴風が起こり、船は難破しそうになった。船長と水夫たちは、今までの経験にない天候の変化と予測出来ない暴風に恐れ、彼らはそれぞれ、自分の信じる神に向かって祈り、船を軽くしようと船の積荷を海に投げ捨てた。しかし、状況は悪化して、暴風は全く止まなかった。しかし、預言者ヨナだけは船底に降りて行って横になり、ぐっすり寝込んでいた。船長が近づいて来て彼に言った。「こんな暴風や天候は初めてだ。それなのに、いったいどうしたことか。あなたは、一人だけ寝込んだりして。さあ、起きて、あなたの神に祈り、お願いしなさい。そうすれば、神が私たちに心を留めてくださって、私たちは滅びないですみ、助かるもしれない。」そして、神の預言者ヨナは言った。「この激しい暴風は、主なる神様からのものです。それは、私のせいで、今、あなたがたを襲っているのです。」』 このように神に選ばれし聖職者(預言者)ヨナは、ニネベという町に行き、ニネベの人々に神の救いのみことばを語るようにと、神様からの命令を受けました。しかし、かつて ニネベの人々は、ヨナの祖国の民達を迫害した歴史があり、またヨナは個人的にも富と快楽に溺れているニネベという罪悪に満ちた街や人々が嫌いであった為、ヨナは主のみことばの命令を無視して、ヨナの好きなタルシシュという町に逃げようとしたのです。しかし、神様はタルシシュに向かう船中のヨナに異常気象による試練を 与えられたのでした。そしてヨナを乗せた船は、神様からの異常気象、暴風に襲われる事になり、ヨナはニネベに行く羽目になったのです。 あなたはヨナのように神様から示されたみことばの命令や忠告が嫌で、反抗したことがありませんか? また、もし 原罪のあなたに問題や悩み事があるのなら、その原因は、神のみことばによる命令や預言に反抗した為の試練によると感じたことがありませんか? なぜなら聖書は...もし、あなたに そういう経緯や過去が思い浮かぶのなら、やり残した神のみことばの命令を 実践適用しようと悔い改めれば、すべての問題はベストに早期的に解決すると預言するからです。聖書は神のみことばの命令や忠告だけは避けないことが賢明だと教え説くからです。神のご計画と真理から逃げ隠れしたり、また避けようとしても、神のみことばとご計画から逃げ去ることなどできないもの。決して 逃げず、反抗せずに神の命令や預言に飛び込む者に、神様からの不思議な奇跡や援軍は注がれるのです。 またBIBLEは...あなたの神様は、時々、異常気象や人生の様々なトラブルを引き起こして、国々や人々に方向転換を促したり、過ちや罪から悔い改めさせることがあると教え説きます。 もし あなたの人生に問題が生じる事件、苦難が起きる時は、その背後に神様からの悔い改めのメッセージが隠されていないか立ち止まり、祈りつつ、日々のBibleメッセージを思い巡らしながら吟味して生きることが大切なのです。あなたの人生での苦難は 人生を考え直したり、悔い改めたり、方向転換したりする為に、そして 素晴らしい神様からの恵みを受けるのになくてはならない人生の糧となり得るからです。「神の子」とされたあなたのピンチは、方向転換や悔い改める気さえあるなら、更なる祝福のチャンスになり変われるのです。 ローマ書8:28『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています』 聖書は「神の子」とされなあなたの全ての試練や苦しみは、結果的には、あなたの人生のプラスにしかならないと、約束してくれます。あなたの父なる神様は、「神の子」とされたあなたには耐えられない試練は与えず、あなたの人生には良いものしか与えようとしないお方なのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBibleメッセージから 具体的な神の御声、預言、悔い改める術を教え諭し、助け導いて下さい。 そうすれば 皆、必要以上の試練や苦難から逃れられたり、見えない敵や罪にも圧倒的に勝利できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.