• sgbc-devotion

使徒の働き27:9~11

2019年1月16日(水) ディボーション聖句 使徒の働き27:9~11 9 かなりの日数が経過しており、断食の季節もすでに過ぎていたため、もう航海は危険であったので、パウロは人々に注意して、 10 「皆さん。この航海では、きっと、積荷や船体だけではなく、私たちの生命にも、危害と大きな損失が及ぶと、私は考えます」と言った。 11 しかし百人隊長は、パウロからのみことばよりも、航海士や船長のほうを信用してしまった。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 9節, 使徒パウロと他の囚人達を移送していたローマ帝国親衛隊の船は、ユダヤ王国のカイザリヤからローマ帝国の首都ローマ市に向かう船旅でしたが、悪天候や荒波が重なり、当初の予定よりも長い旅となってしまいました。その為、この船旅は台風や暴風の多い季節に突入してしまったのです。しかしBibleはこれらの自然災害も、実は全てが神の摂理、神の深いご計画通りであり、神の奇跡と栄光が表れるための出来事であったと教え説きます。 あなたの試練や苦難は、あなたが真心から祈り求めるなら、すべてがプラスに転じる聖霊体験、神教育になり変われるのです。肝に命じあいましょう。 詩篇107:25『主が命じてあらしを起こすと、 風が波を高くした。』 ナホム書1:4『主は海をしかり、これを からすことも出来る。』 伝道者の書3:11『神のなさることは、すべて時にかなって美しい』 また聖書は、全ての天変地異などの自然現象や災害には神様の深いご計画と摂理や人知を遥かに超えた神の意図があると教え説きます。どんなに悲しい、虚しい災害や事件に出くわしたとしても、ただただ 神様のみことばから御心を探し出して消化していけば、永遠に報われる幸福人生の道が開かれていくと約束するのです。なぜなら聖書は、世界人類は肉体が死んで終わりではなく、肉体の死後から永遠なる人生の道が用意されていると教え説くからです。胸に書き記して下さい。あなたの神様は、Jesusのみことばと内なる聖霊を深く、求め、探して生き続ける人々にだけ、人知を超えた神の深いご計画と意図や摂理を 感動的に教え諭して下さるからです。 9節,また聖書は、断食の祈りは非常に効果的だと教え説きます。尚、聖書の教える断食祈祷の効力は霊の目と耳が 開かれやすくなって、内なる聖霊からのみことばを受けとめやすくなったり、神の大きな奇跡を生み出せる聖霊力や祈祷力を引き出しやすくなると、預言します。あなたが 絶対的な聖霊のインスピレーションや神の御声を受け取りたい時、また、どうしても叶えたい祈祷課題がある時や非常事態時には、この断食の祈りをされることをお勧めします。なぜなら聖書でこの断食祈祷は霊的な集中力を強められ、内なる聖霊(心の深み)にフォーカスしやすくなり、内なる聖霊(神様の御霊)と深く交わえると教え説くからです。尚、断食祈祷の際は 水分補給はマメにしたり、健康に害するような無理をしないことも大切です。 ホセア書12:10 神は言われる。『わたしは預言者たちに語り、多くの幻を示し、預言者たちによってたとえを示そう。』 10節,また使徒パウロは船舶や気象学に関しては、全くの素人でしたが、聖霊からのみことばとインスピレーションを受けていたので、彼はこの船旅で大嵐が 来ることを 以下のように預言して語りました。『皆さん。この航海は、積荷や船体だけではなく、私たちの生命にも、危害と大損失が及ぶ程の大嵐が 起こります。ですから、皆でJesusのお名前で祈りつつ、今までの常識や体験ばかりで判断せずに進路を変えるなりする超常識的な心構えが 必要です。』というように、使徒パウロは内なる聖霊からの預言メッセージを語りました。 11節,しかし、この船団の責任者であるローマ帝国親衛隊百人隊長ユリアスは、使徒パウロからのBibleのみことばの預言を 無視して聞き流してしまい、経験豊富な航海士や船長のほうばかりを 信用して、結果、大災難を招いてしまったのです。使徒パウロの気象予報の預言の方が 正しく、経験豊富な航海士と船長は誤ったのです。 あなたはBibleメッセージの預言を 軽視して、いつも常識や経験ばかり選択し過ぎて、結果、神の感動的な奇跡や聖霊体験を手放す、つまらない 退屈なクリスチャンライフを 築いていませんか? 非常識はいけませんが...人生には常識だけでなく、常に超常識や奇跡がつきものだからです。 あなたの内なる聖霊は、日々のBibleメッセージや預言から、その超常識的な預言と奇跡を 掴み取らせる不思議な助言者なのです。内なる聖霊に真心を傾けて、そのインスピレーションを聞き取る 集中した祈りの時間を設けることが重要なのです。 第一コリント14:1『御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい。』 第一コリント1:19~20神は言われた。『わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」神は、この世の知者の知恵を愚かなものにされる。』 マタイの福音書5:18Jesusは言った。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の御言葉の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就します。』 ルカの福音書16:17『聖書の御言葉の律法の一画が落ちるよりも、天地が滅びるほうがやさしいのです。』 そしてBIBLEは、人は皆、どんなプロフェッショナルな仕事人や経験豊富なスペシャリストであっても、誤りのない完全完璧な人など存在しないと教え説きます。猿も木から落ち、弘法も筆の誤りがあるもの。ですから聖書は、日々のBibleメッセージから内なる聖霊からのインスピレーションとみことばの預言力を しっかりと磨くことが大切であると教え説くのです。聖書は、聖書のみことばの預言力と聖霊のインスピレーションさえ磨いて生き続ければ、あなたの幸福人生に必要な超常識的な奇跡を引き出せる、聖書の預言力や聖霊からのインスピレーションを掴み取れると約束するからです。信じるか、信じられないかはあなた次第です。しかし、それを信じる者たちだけが、神様からの100%当たるみことばからの預言力、あなたの大ピンチを助けて、清い夢をも叶えられる聖霊力を引き出せるのです。 近い将来、あなたにもBibleメッセージを黙想する時と内なる聖霊との黙想の祈りの時に、あなたの大ピンチを助けて、永遠に報われる幸福人生に導ける具体的な預言とインスピレーションが与えられると期待します。求め、探し続ける人は皆、必ず 与えられるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が 日々のBibleメッセージから永遠に報われる幸福人生に必要な正しい預言と人生の大ピンチを避けられる 内なる聖霊からのインスピレーションを掴み取れるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、何をしても、永遠に報われ、全ての必要も満たされ続けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「