• sgbc-devotion

使徒の働き24:17~21

2018年12月31日(月) ディボーション聖句 使徒の働き24:17~21 17 さて私は、同胞に対して施しをし、また供え物をささげるために、幾年ぶりかで帰って来ました。 18 その供え物のことで私は清めを受けて宮の中にいたのを彼らに見られたのですが、別に群衆もおらず、騒ぎもありませんでした。ただアジヤから来た幾人かのユダヤ人がおりました。 19 もし彼らに、私について何か非難したいことがあるなら、自分で閣下の前に来て訴えるべきです。 20 でなければ、今ここにいる人々に、議会の前に立っていたときの私にどんな不正を見つけたかを言わせてください。 21 彼らの中に立っていたとき、私はただ一言、「死者の復活のことで、私はきょう、あなたがたの前でさばかれているのです」と叫んだにすぎません。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 ヨハネ福音書13:34~35Jesusは言った。『神に選ばれたあなたがたに、新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし教会に愛があるなら、それによってあなたがたが、主の弟子(クリスチャン)であることを、すべての人が認めるのです。』 第一ペテロ手紙4:8『何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの人の過ちや罪をおおうからです。だから、つぶやかないで、互いに親切にもてなし合いなさい。』 ピリピの手紙3:20『神に選ばれた私たちの国籍は、いまや天国にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいるのです。』 17~18節,これらの聖書のみことばから、使徒パウロは、同じ創造主なる神様を信じているユダヤ人とクリスチャンたちへの友情と愛を貫くために福音宣教をしながら暮らしてきました。それなのにユダヤ人たちは、大胆に福音宣教する使徒パウロに嫉妬したり、誤解して迫害しようとしたのです。 あなたは使徒パウロのように福音宣教の愛の使命に費やす信仰の仲間たちに協力していますか? それとも、ご利益宗教の落とし穴に陥って、神様から裁かれたユダヤ人たちのように、使徒パウロのように福音宣教の愛の使命を行う仲間たちの働きを妨げたり、非協力的になっていませんか? なぜなら聖書は、神の赦しを受けられた人々はJesusや使徒パウロのように福音宣教や教会奉仕に携わるべきだと教え説くからです。神の家族愛や神の使命を怠り続ければ、信仰は無力に等しいのです。目を覚ましあいましょう。 第一コリントの手紙13:1~3『たとい、神に召された私が 御使いのことばで話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。』 聖書は神に選ばれて集められた同じ教会のJesusFamilyたちは、各自が信頼し合って、愛し合おうとする心構えが重要だと教え説きます。なぜなら聖書は、同じ教会の仲間たちは神様が選んで集めた永遠の神の家族たちであり、神の家族愛の乏しい人には神様の奇跡や天国行きの洗礼者が任されにくいと教え説くからです。クリスチャンは神の家族愛が育たなければ、無力なご利益宗教者に過ぎないのです。目を覚ましあいましょう。 19~21節,当時の使徒パウロは旧約聖書の預言通りに、神の御子Jesusはご自分を信じる人々の人生での罪悪や過ちの贖いの為に十字架について死なれ、その3日後に復活してから神の国に戻られ、今は、Jesus信仰者たちを 天国に連れて行く橋渡しをして下さっているという福音を宣べ伝えただけであったのに、ユダヤ人たちから煙たがれ、嘘の罪状で訴えられたのです。使徒パウロは、神のみことばの預言を 忠実に教え伝えただけでした。 あなたはこのユダヤ人たちのように、自分の都合で聖書のみことばを解釈し過ぎてしまい、結果、教会の聖職者やクリスチャンたちの語るBibleメッセージを批判したり ぶつかり合う傾向がありませんか? 自分の都合ばかりで聖書を解釈しても、神の預言と約束はつかみ取れません。神の権威に満ちた教会から語られるBibleメッセージに耳を傾ける謙遜さも重要なのです。なぜなら聖書は、Jesusの教会の主権者は、主なる神様だと教え説くからです。肝にめいじあいましょう。 ヨハネ福音書14:2~3Jesusは言った。『わたしの父なる神の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに天に行くのです。また、わたしが行って、あなたがたに天国での場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたを永遠におらせるためなのです。』 このように聖書は、ユダヤ教の多くの人々は 形式的な信仰であった為に、目に見える現実や学問と生活にばかりに捕らわれて余裕がなく、Jesusの教えた天国の夢やみことばを 受け入れる想像力と真の信仰心が 乏しかったと教え説きます。その為ユダヤ人たちの多くは信仰心はあったのですが、神の救いや奇跡を 手放してしまったと教え説くのです。 あなたは形式的な自己満足な宗教に陥っていませんか? しかしあなたは神様が教会に集めたJesusFamilyたちと常に祈りあって、愛しあい、神の御心や奇跡を引き出せる 永遠に報われる幸福人生を築けると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして兄弟姉妹愛を注ぎ、神に集められた信仰の仲間達と真心から愛し、祈り合えるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆と皆のJesusの教会に神の奇跡や御心が任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「