• sgbc-devotion

使徒の働き23:24~30

2018年12月26日(水) ディボーション聖句 使徒の働き23:24~30 24 また、パウロを乗せて無事に総督ペリクスのもとに送り届けるように、馬の用意もさせた。 25 そして、次のような文面の手紙を書いた。 26 「クラウデオ・ルシヤ、つつしんで総督ペリクス閣下にごあいさつ申し上げます。 27 この者、パウロが、ユダヤ人に捕らえられ、まさに殺されようとしていたとき、彼がローマ市民であることを知りましたので、私は兵隊を率いて行って、彼を助け出しました。 28 それから、どんな理由で彼が訴えられたかを知ろうと思い、彼をユダヤ人の議会に出頭させました。 29 その結果、彼が訴えられているのは、ユダヤ人の律法に関する問題のためで、死刑や投獄に当たる罪はないことがわかりました。 30 しかし、この者に対する陰謀があるという情報を得ましたので、私はただちに彼を閣下のもとにお送りし、訴える者たちには、閣下の前で彼のことを訴えるようにと言い渡しておきました。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 24~26節,無実である使徒パウロに対する殺害の陰謀を知らされた、古代ローマ帝国軍・千人隊長クラオデオ・ルシヤは、急遽 パウロを、ユダヤ属州のローマ総督ペリクスのいるカイザリヤへと手紙を書いて護送することにしました。 当時のユダヤ王国はローマ帝国の植民地であり、使徒パウロはローマ帝国の市民権を持っていたので、ローマ帝国軍の千人隊長は使徒パウロを ユダヤ地区を統治していたローマ総督の所に護送して来たのです。 詩篇121:7~8『主は、すべての災いから、あなたを守り、あなたの命を守られる。主は、あなたを、行くにも帰るにも、今より永遠までも守られる。』 詩篇145:20『すべての主を愛する者は、主が守られる。』 このように聖書は、あなたの主なる神様は神愛(みことば信仰)と隣人愛(天国に救い導ける福音宣教)を 第一に生きようとする神の子たちの大ピンチに、脱出の道を用意して下さると約束してくれます。神愛と隣人愛を 大切にしようとさえすれば、 あなたの人生の大ピンチは神の聖霊と天使たちの不思議に守られ、乗り越えられると約束するのです。 あなたは自分のしたいことややらなくてはならない仕事や問題解決ばかりに、時間や労力をつぎ込みすぎる傾向がありませんか? なぜなら聖書は...人は皆、自分のしたいことや、やるべき仕事と問題解決ばかりに没頭せず、聖書が教える 神様のしたいことにも協力して生き続ければ、永遠に報われる幸福人生が待っていると、預言するからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 そしてBibleは、あなたの人生のピンチとは、実は神様と出会える、神体験の大チャンスでもあると教え説きます。たとえ、人生のピンチに見舞われても 嘆かず、神のみことばに耳を貸しながら 祈りつつ、神の助けを待ち望む姿勢が 大切です。 尚、この時のパウロも、無実なのに、40人ほどの愚かな暴徒たちに命を狙われるという大ピンチに立たされたましたが、結局は、当時 世界一強力と言われていた ローマ帝国軍隊の特別護衛がつく奇跡的な助けを 受けられ、正当な裁判を受けられたのでした。これは 使徒パウロや暴徒たちの想像を遥かに超えた、神の奇跡でした。あなたのピンチに表れる、神様からの脱出の道や不思議な助っ人に期待します。 28~29節,ローマ帝国の千人隊長は、使徒パウロがユダヤ人たちから訴えられているのは、ユダヤ人たちの伝統と常識の問題であって、法律上では なんら死罪や投獄に当たる罪ではないと、判断しました。ですからローマ帝国軍千人隊長は、この事件を 最終的な権威を持つローマ総督ペリクスにジャッジしてもらうために、使徒パウロを わざわざ ペリクス総督のもとへ手紙を書いて、まるで VIP待遇のように護送させたのです。 申命記7:9『あなたがたは知っているはずだ。あなたの神、主だけが神であり、誠実な神である。だから、主を愛し、主のみことばの命令を守る者には、恵みの契約を親子1000代までも与えて守られる。しかし、主を憎む者には、これに報いて、主はたちどころに彼らを滅ぼされる。主を憎む者には猶予はされない。たちどころに報いられる。』 申命記12:28『気をつけて、わたしが命じるすべてのみことばに聞き従いなさい。それは、あなたの神、主がよいと見、正しいと見られることをあなたが行う事は、あなたも後の子孫も永久にしあわせになるためである。』 そしてBibleは...神の御子Jesusの清いみことばを 信じることができた あなたは、唯一の創造主なる神様に気づいた知者でもあり、すでに幸いな人だと教え説きます。なぜなら聖書は、もし あなたが 神のみことばさえ 大切に生き続ければ、永遠なる幸福人生が約束されると教え説くからです。 聖書はBibleのみことばと礼拝生活を大切にしているあなたと、そのご家族は、結局、何をやっても、親子1000代までも 神様の特別な救いを受けられると約束してくれるのです。 そしてあなたも、今日から更に、Bibleメッセージを 大切に生き続けられるようになり、何をしても神の偉大なる奇跡と不思議に守られ続ける幸福人生を 獲得できると期待します。それが神のみことばと礼拝生活を 大切に生き続ける人々に与えられた 神の約束だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、自分のしたいことややらなくてはならない仕事と問題解決ばかりに没頭せず、日々のBibleメッセージも 大切に表現して生き続けられるようにして下さい。 そうすれば、皆とその親子1000代までもが、神様の特別な恵みと永遠なる報いをも受けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「