• sgbc-devotion

使徒の働き21:31~33

2018年12月17日(月) ディボーション聖句 使徒の働き21:31~33 31 彼らがパウロを殺そうとしていたとき、エルサレム中が混乱状態に陥っているという報告が、ローマ軍の千人隊長に届いた。 32 彼はただちに、兵士たちと百人隊長たちとを率いて、彼らのところに駆けつけた。人々は千人隊長と兵士たちを見て、パウロを打つのをやめた。 33 千人隊長は近づいてパウロを捕らえ、二つの鎖につなぐように命じたうえ、パウロが何者なのか、何をしたのか、と尋ねた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 31節, ユダヤ人たちの多くはパウロ牧師が、ユダヤ中にJesusの十字架の福音を 教え伝えることは、ユダヤ人たちの先祖代々の伝統やユダヤ人たちが培ってきた宗教を曲げる裏切り行為だと言いがかりを つけ出しました。 彼らは敬虔なユダヤ教だけが、神の特別な民だと勘ぐっていたのです。そして、怒ったユダヤ人権力者達は祭りで盛り上がっていた民衆にパウロ牧師の偽りの悪い噂を撒き散らして、パウロへの陰口や暴乱を 誘発させたのです。すると民衆の多くは、祭りなどによる勢いも手伝い、無実のパウロを殺そうとまでしていたのです。 エペソの手紙6:12『実は私たちの人生の格闘とは、人との血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。』 ローマ書12:2『この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。』 31節, このようにBibleは、この世界はズル賢い権力者と偽善者達の闇の欲望と利権などによって支配されており、支配者たちの心霊には見えない敵、悪霊が力を貸しているので、ちっとも餓死、貧困、格差社会、テロ、戦争など...諸々の不条理や矛盾が解決できないでいると、教え説きます。ですから聖書は、この世の情報や流行りごとなどに心を支配されて乗せられてばかりでは、結局、痛い目や不幸を見るだけだと、忠告しているのです。 あなたは、マスコミや周囲から見聞きする情報が すべて真実だと勘違いしていませんか? なぜなら聖書は、人は皆、ズル賢い罪性があるので、すべての真実をさらけ出す訳がないと教え説くからです。社会の情報はすべてが真実とは言えず、人間の指導者たちに人間を完全に救える訳がないと教え説いているのです。そして聖書はBibleメッセージから目をさまして、しっかり、自分や家族たちの幸せを祈りながら守りつつ、自分らしく生きることが重要だと教え説くのです。目を覚ましあいましょう。 そしてBibleとは、この世の偽りの情報や悪い霊の支配から霊の目を開かせてくれる、神様からの知恵の書だと教え説きます。聖書は、あなたが 真のあなたらしい幸せを見つける為に、神様の聖霊が書き綴ってくれた人生と死の取扱説明書であり、世界人類宝の書物だと教え説くのです。この聖書を活用して生きる人たちは皆、神様の永遠なる祝福と後ろ盾を 得られるのです。神の救い主JESUSに感謝して、Bibleメッセージの知恵を武装しながら、祈りつつ活用しながら生きることが 大切なのです。あなたの神様のみことばは永遠に変わらず、裏切らないからです。 ヨハネ福音書1:6『光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。』 またBibleは、この世界中の闇の中で働くずる賢い権力者たちの欲望に満ちた計画や 神に敵対する偽善者たちは、永遠の神の光を放つみことばに勝てる訳がないと、預言します。神の光を放ち続けている 永遠に変わらないみことばの約束と預言を 堅く信じて生活している人は皆、ずる賢い偽善的な闇や地獄のサタンの勢力に打ち勝てると約束するのです。 そして聖書は、日々のBible&メッセージを 蓄えながら生きるあなたは、この世の悪い支配や偽りの情報から開放されて 踊らされなくなり、それどころか、自分自身や周囲の人たちを救い導ける、JESUSのような神の使命や聖霊の奇跡を行える神の子へと成長していけると約束してくれます。聖書を信じて 祈りつつ行動を起こす人は皆、永遠に報われ続けるのです。 31~32節,しかし この時、多くの無知なユダヤ人たちは、この世の闇に毒された権力者者達のプライドと利権や欲望による計画的な罠に陥り、権力者たちのうそ、偽りの悪い噂に混乱して、無実なパウロに襲いかかろうとしてしまったのです。パウロは、ただ、隣人愛、正義、真実、真理を追求して生きていた人でした。 あなたは、周囲の人達の噂話やこの世の流行りごとや根拠の乏しい情報などに影響され過ぎていませんか? Bibleメッセージを読みつつ 黙想して祈り、揺るがない真理、真実、正義、隣人愛を 見つけながら、真の自分らしさとその方向性を 見極める時間を作ることも重要なのです。 32節, そして聖書で...あなたの神様は闇の勢力の暴動をくい止めるために、この時は、強靭な古代ローマ帝国軍の千人隊長と軍隊を送って、その騒ぎを鎮めたと教え説きます。長い目で見れば、闇の勢力は、所詮、光には打ち勝てないと教え説くのです。 ローマ書13:1~2『人はみな、上に立つ権威に従うべきです。結局は、神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。そむいた人は自分の身にさばきを招きます。支配者を恐ろしいと思うのは、良い行いをするときではなく、悪を行うときです。権威を恐れたくないと思うなら、善を行いなさい。そうすれば、支配者からほめられます。』 またBibleは、結局はすべての権威や権力を支配しているのは、あなたの神様だと教え説いています。義人も悪人も、正義も偽善も、結局は永遠の裁き主である あなたの神様がご支配して、いつか必ずジャッジを下すことになると教え説くのです。ですから聖書は、すべて 上に立つ権威に祈りつつ委ねながら従い続け、神様のジャッジに任せるようにと教え説くのです。肝にめいじあいましょう。 あなたの神様は、日々のBibleメッセージを 掴み取って祈り委ね続ける神の子たちを ただ黙って見過ごすことお方ではありません。必ず、いつの日か 報いて下さるお方なのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が 日々のBibleメッセージを通して、永遠に揺るがない真理(神の知恵)と神の光に満ちた霊感(聖霊力)を 手に入れながら、すべての物事を主に祈り委ね切れるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、見えない闇の勢力の攻撃や偽りの情報の罠を退けられ、永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡を 獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「