• sgbc-devotion

使徒の働き21:6~8

2018年12月11日(火) ディボーション聖句 使徒の働き21:6~8 6 それから私たちとパウロは船に乗り込み、彼らは家へ帰って行った。 7 私たちはツロからの航海を終えて、トレマイに着いた。そこの兄弟姉妹たちにあいさつをして、彼らのところに一日滞在した。 8 翌日そこを立って、カイザリヤに着き、あの七人のひとりである伝道者ピリポの家に入って、そこに滞在した。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 マタイ福音書25:34『主イエスは言われた「さあ、わたしの父に祝福された人たち。世の初めから、あなたがたのために備えられた天の御国を継ぎなさい。なぜなら、あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。」』 ローマ信徒への手紙12:13『あなたがたは聖徒たちの入用に協力し、旅人をもてなしなさい』 マタイの福音書10:42~43『神の預言者を預言者だというので受け入れる者は、預言者の受ける報いを受けられます。また、信仰の義人を義人だということで受け入れる者は、義人の受ける報いを受けられます。わたしの弟子だというので、この小さい者たちのひとりに、水一杯でも飲ませるなら、まことに、あなたがたに告げます。その人は決して報いに漏れることはありません。』 6節, 使徒パウロと信徒リーダーで医師のルカたちの宣教チーム一行は、ツロという町のクリスチャンたちから七日間、手厚いおもてなしを受けてから 港まで見送られ、再び Jesus宣教の船旅を 続けました。 このようにBibleは...あなたの神様は聖職者たちや伝道(救霊)する仲間たちに協力したり、おもてなしをする人々は神様に貸しを作れるほどに、素晴らしい神の恩恵や奇跡を受けられると約束してくれます。もし、最近のあなたが思うように伝道できていなくとも、周囲の熱心な伝道者や仲間たちを見つけて 真心から協力できれば、いく倍も報われると約束するのです。このツロのクリスチャンたちも、使徒パウロたちの宣教チームの衣食住を世話したりなどして、手厚くもてなした為に、彼らにも神の感動的な奇跡や報いが 続出することになったのです。 あなたは聖職者や伝道活動するクリスチャンたちに積極的に協力したりなど、手厚くもてなせていますか? また、あなたは教会に初めて来るゲストたちに声をかけたり、しっかり もてなせていますか? なぜなら聖書は、神の御心通りに熱心に福音宣教活動している聖職者やクリスチャンたちに積極的に協力する人々や、教会に慣れていない人々や外国からの客人たちを 手厚くもてなせる人は皆、それだけで神様の素晴らしい報いを受けられると約束するからです。聖書は福音宣教に無関心なJesus信仰者は自滅しやすいと預言するのです。主の忠告を 胸に書き記して、祈りつつ悔い改め続けましょう。 マタイ福音書25:40『すると、主イエスは言った。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、わたしの聖徒の兄弟姉妹たち、しかも最も小さいと思える者たちの一人にすることは、わたしにしたことになるのです。」』 そして聖書は、熱心な聖職者と聖徒や外国からのゲストたちへのおもてなしは、神様に接待する事と同じに等しいと教え説きます。あなたの神様は あなたの心遣いと愛の労を見ていて下さり、必ず 報いて下さるお方。いつも、熱心な伝道者や隣人を気遣いもてなして与えられる者は皆、神様から報いを 数多く受けられるのです。 7節, そしてこの時、使徒パウロ一行は、ツロから『トレマイ』という町に着きました。『トレマイ』とはイスラエル北岸にあった古代都市であり、ギリシャ語の都市名です。旧約聖書時代は「アコ」と呼ばれた町でした。 8節, 尚、使徒パウロ達は 夜遅くに『トレマイ』に着いた為、トレマイのクリスチャン達の家に、一泊させてもらい、次の日に『カイザリヤ』に向かいました。人の魂を救うJesus宣教の働きは、このように 世界中の聖徒達の祈り、献金、献品、おもてなしの愛の労と、様々な聖なる理解と愛の協力の積み重ねで、成り立っているのです。そしてあなたも、神様の福音宣教の使命とご計画に協力者として生きる為に、天国行きの内定を受けられたのです。 またBibleは、神の奉仕活動をしているクリスチャンたちへのとりなしの祈りや愛の労は、天国に宝を積める貴重な働きであり、愛する日本や諸外国の人々に、永遠のいのち(救い)をもたらす最高な使命そのものだと教え説きます。あなたの神様は、あなたの目立たない気遣いや奉仕さえ、見逃さずに報いて下さるお方。ただ、主なる神様を信頼して、喜んで、愛のもてなしを続けることが大切です。 ガラテヤの手紙6:14『私たちには、主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものはありません。この十字架によって、世界はイエスに対して十字架につけられ、イエスも世界に対して十字架につけられたのです。』 そして聖書は、あなたの神様と隣人を天国に救い導く福音宣教の愛の労や天に宝を積む教会奉仕活動を 誇りとして、しっかり天に宝を積むように教え勧めています。なぜならBibleは、主イエスの十字架と神の教会での愛の働きを 人生の誇りとできる人は皆、聖霊の圧倒的な奇跡が任されると預言するからです。 そして、あなたもJesusの十字架と福音宣教の愛の奉仕活動を 誇りにする神の子に変えられていき、永遠に報われる幸福人生を築く為に必要な神様の偉大なる奇跡が任されると期待します。それが神様の約束だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、何よりも主イエスの十字架と福音宣教などの神の愛の使命を 誇りとして、喜んで天に宝を積み続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、多くの人々を天国に救い導けたり、永遠に報われる幸福人生に必要な奇跡なる奇跡さえ、引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「