• sgbc-devotion

使徒の働き20:29~32

2018年12月8日(土) ディボーション聖句 使徒の働き20:29~32 29 私が出発したあと、狂暴な狼があなたがたの中に入り込んで来て、群れを荒らし回ることを、私は知っています。 30 あなたがた自身の中からも、いろいろな曲がったことを語って、弟子たちを自分のほうに引き込もうとする者たちが起こるでしょう。 31 ですから、目をさましていなさい。私が三年の間、夜も昼も、涙とともにあなたがたひとりひとりをみことばで訓戒し続けて来たことを、思い出してください。 32 いま私は、あなたがたを神とその恵みのみことばとにゆだねます。みことばは、あなたがたを育成し、すべての聖なるものとされた人々の中にあって神の御国を継がせることができるのです。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 使徒の働き19:13~16『ためしに、悪霊につかれている者に向かって、主イエスの御名をとなえ「パウロの宣べ伝えているイエスのお名前によって、おまえたちに命じる」と言ってみた。そういうことをしたのは、ユダヤの祭司長スケワという人の七人の息子たちであった。すると悪霊が答えて「自分はイエスを知っているし、パウロもよく知っている。けれどおまえたちは何者だ」と言って、悪霊につかれている人は七人を打ち負かしてしまった。』 ヨハネ福音書15:14Jesusは約束した。『もし、わたしがあなたがたに命じるみことばをあなたがたが行うなら、あなたがたを、もう、しもべとは呼ばずに、わたしの友と言います。』 29~30節, 真心から神を愛し信頼していた為に聖書のみことばを第一に生活できていた使徒パウロは、段々と聖霊に満たされていき、神の御心通りに福音宣教する使命を大切に生きられていました。このように聖書は、神を愛し信頼することで、みことばの使命を大切に生き続ければ、人は皆、使徒パウロのように聖霊力に満ちて福音宣教を大切に生きられ、結果、永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡を呼び込めると、預言します。聖書は、使徒パウロのように誰よりも神を愛し信頼すれば、全てのJesus&Bibleのみことばを 喜んで受け入れて行動できるようになり、いつの間にか、父なる神様のしもべ、いち信徒のポジションから『神の友』として認められる程になって、永遠に報われると約束するのです。使徒パウロの人生観を模範にして祈れば、何をしても、永遠に報われる幸福人生に近づけるのです。 しかしBibleは、口先だけのJesus信仰者や見よう見まねの聖職者の息子たちのように、聖書の行いの乏しい型式な信仰では、大して報われず、見えない敵、悪霊に抵抗して打ち負かされることが多々あると預言します。 聖霊に満たされていたパウロがJesusのお名前で祈ると、見えない敵、悪霊たちはエペソ教会から出て行っていきましたが、形式的なJesus信仰者や聖職者の見よう見まねをしていた祭祀の息子たちが祈っても、悪霊やサタンは退くどころか、かえって 状況を悪化してしまったのです。見えない敵、悪霊の存在を 信じるか、信じられないかはあなた次第です。しかしBibleは、あなたの見えない敵「サタン、悪魔、悪霊、悪運」は、確かに存在しており、この世界を支配しているので犯罪、差別、不条理は いつまでもなくならないと教え説いているのです。 そして聖書は...BibleのみことばとJesusのお名前を何よりも愛して呼ぶ人の祈りは、見えない敵(悪霊、悪魔、悪運)に対抗して勝利できると、約束するのです。神を愛し Jesusのみことばとお名前を信頼するしか、見えない敵、悪運、悪霊、悪病を退けることは困難のです。しっかり 胸に書き記して下さい。 また聖書は...あなたも、この使徒パウロのように 何よりも神を愛してJesusのみことばに信頼し続ければ、神愛と救霊第一主義(隣人愛)を 貫こうとする使命感が育っていき、結果、神様の親友にカウントされ、見えない敵、悪魔、サタン、悪運、悪霊からの攻撃、災いを 取り除く祈りさえ任されると、約束します。 BibleのみことばとJesusのお名前を絶対的に信頼する人は皆、見えない敵、悪運、悪病などの不安や恐れなど要らなくなると預言するのです。Bible&Jesusを信じているあなたには希望があるのです。 30~31節,エペソ教会の主任牧師を務めていたパウロは、以下のように預言しました。「このエペソ教会が 始まってからの三年間、大きな人間関係のトラブルや悪霊の攻撃が さほど ありませんでした。しかし、そろそろ 見えない敵・悪霊が もっと自由に入り込んで邪魔することになるでしょう。そして、信徒たちの心の隙間に入り込んで、巧妙にみことばを曲げさせたり、皆の生活を荒らし回り、多くの人間関係のトラブルが 引き起こすのです。」と、使徒パウロは預言しました。この世界のあらゆる場所、神の教会においても、人間が集うところには、このようなサタン、悪霊の策略がつきまとうのです。肝にめいじあいましょう。 最近のあなたは永遠なる真理であるみことばを 平気で曲げようとしたり、みことば以外を大切にし過ぎたり、みことばよりも自分の思考や感情を 主張する 神の聖霊に反するトラブルメーカーになる傾向がありませんか? なぜなら聖書は、こういうJesus信仰者たちに見えない敵は まとわりついてくると預言するからです。気をつけあいましょう。 31節『私が三年の間、夜も昼も、涙とともにあなたがたひとりひとりをみことばで訓戒し続けて来たことを、思い出してください。』 エペソ教会に見えない敵が 攻撃を仕掛けてくることを 神のみことばからの聖霊に示されていた使徒パウロでしたが、彼は、今までの三年間、エペソ教会のJesusFamilyたちに、毎日 Bible&メッセージを 送り続けて祈ることで、エペソ教会の仲間たちにやってくる見えない敵の攻撃や誘惑に対応する為の教育とその準備を してきたのでした。そして聖書は、Jesusの教会に繋がってきた あなたも教会を通して、見えない敵の攻撃や策略、罠を 逃れられる聖書教育を受けていると、教え説きます。だから 常に神の教会の兄弟姉妹と結束しながら目を覚まして祈りあって、見えない敵の罠や策略に対抗すればよいのです。それさえできれば、あなたの見えない敵、サタンは退けられるからです。 第一ペテロの手紙5:8~9『身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。ですから、堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。』 そしてBibleは霊的に鈍感な人間には見えない敵・悪魔や悪霊に打ち勝つことは出来ないと教え説きますが、いつも 神の教会に繋がりながらBibleのみことばを 蓄え、Jesusのお名前に信頼し続けるのなら、そういう神の子たちは見えない敵に打ち勝てる信仰力と聖霊力を 手に入れられると、約束してくれます。あなたの内なる聖霊と神の教会力やみことば(言霊力)には敗北などあり得ないと、預言するのです。しっかり胸に書き記してください。 32節, また聖書は...こうして、あなたも、毎日 Bible&メッセージを 与えられることで、見えない敵・悪霊からの策略、罠、攻撃、悪運、災い、悪病から勝利する為の教育を受けられていると教え説きます。日々のBible&メッセージを蓄えながら祈り、ただただ、Jesusのお名前と教会にすがり続けられれば良いだけなのです。 第一ヨハネの手紙5:4『なぜなら、神によって生まれた者はみな、世と悪に勝つからです。私たちのイエス信仰、これこそ、世と悪に打ち勝つ勝利です。』 第一コリントの手紙1:18『イエスの十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力 そのものです。』 あなたの神様は、あなたを見えない敵・サタン、悪魔、悪霊、悪運、様々な厄、事故、災い、悪病に打ち勝たせる為に、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰と神の教会力を 授けられたのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、毎日のBible&メッセージを 正しく武装させて、隣人を救霊する愛力や使命感も育てながら、何よりもJesusのお名前と教会にすがり続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、全ての見えない敵に打ち勝つことができ、永遠なる勝利的かつ成功人生を 築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「