• sgbc-devotion

使徒の働き19:30~33

2018年11月29日(木) ディボーション聖句 使徒の働き19:30~33 30 パウロは、その集団の中に入って行こうとしたが、弟子たちがそうさせなかった。 31 アジヤ州の高官で、パウロの友人である人たちも、彼に使いを送って、劇場に入らないように頼んだ。 32 ところで、集会は混乱状態に陥り、大多数の者は、なぜ集まったのかさえ知らなかったので、ある者はこのことを叫び、ほかの者は別のことを叫んでいた。 33 ユダヤ人たちがアレキサンデルという者を前に押し出したので、群衆の中のある人たちが彼を促すと、彼は手を振って、会衆に弁明しようとした。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 30節, 使徒パウロが、様々なご利益宗教や神話が混在していたギリシャのエペソという町で「人は皆、人間が作り出した偶像やお守りなどを拝めば神様の神聖さを汚す大罪であるので、そのような霊感商法に関わらないように。また、人はみな、神の御子イエスの十字架贖罪信仰を信じて祈りさえすれば、それだけで、父なる神様から全ての罪悪や過ちを ゆるされて、肉体の死後も救われる、天国行きの内定を受けられられる。」という、Bibleの約束と福音を教え説いていると、ギリシャ人の宗教指導者たちはギリシャ人の野次馬を先導して、使徒パウロたちに責めよりました。しかし、結局、多くのギリシャ人たちは主イエスを信じて救われたのです。 このように聖書は...本物の天地万物の創造主なる神様は宗教的な偶像、お守りなどの物を買わせたり、お金を払って厄払いなどさせたり、高価な仏壇を売って、それを拝ませる事など要求しているどころか、それらの行為は神の聖霊を汚す大罪だと教え説くのです。神の赦しと祝福や死後の天国行きの内定を受けるのに大切なのは、神様とそのみことばや周囲の人々を 大切に愛そうとする、幼児のような素直な信仰心だと、教え説いたのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 しかし、エペソの伝統的な宗教指導者たちと宗教的な偶像や神棚細工で金儲けしていた職人たちは、自分たちの伝統と国民への偶像崇拝へのマインドコントロールによる金儲けに、多大なる影響を受けることを恐れて、使徒パウロが Bibleメッセージをする予定だった劇場に、多勢で押しかけて、使徒パウロたちを邪魔しようと、偽りの噂までを流していたのでした。 創世記39:12『ヨセフは誘惑から外に逃げた。』 30~31節, しかし使徒パウロの牧会する教会の仲間たちは、ギリシャの伝統的な宗教指導者たちと偶像職人達の嘘、偽りのわなを 見抜いて、使徒パウロが劇場に入ることを止めて守り、逃がそうとしていたのです。 このように聖書は、Jesusの十字架贖罪信仰を信じて神の赦しと天国行きの内定を受けられた人はみな、教会の仲間達が 周囲の偽善者たちと見えない敵の罠や誘惑に陥らぬように、祈り合い、守り合う使命があると教え説きます。Jesusの教会の仲間たちは、福音宣教や教会礼拝奉仕を妨げる非協力的な人々の迫害や裏切りがある時に祈り支え合う為に与えられた、永遠なる戦友、神の家族たちだと教え説くのです。 また聖書は、あなたの神様が諸教会に集めたクリスチャンたちは神の使命や永遠に報われる幸福人生を築くために、必要な神の家族たちであり、 主イエスの十字架贖罪による愛を模範として、永遠に支えあう戦友たちだと教え説いているのです。 あなたは、福音宣教や礼拝奉仕する教会の神の仲間たちと祈りあって、神の家族のように支えあっていますか? なぜなら聖書は、神様が導いた教会の仲間たちと神の家族愛を大切につながり続けなければ、クリスチャンは無力で虚しいと預言するからです。Jesusや使徒パウロたちのように、年齢差、国籍、性格や生い立ちなど違いがあれど、神のみことばと愛で結束しなければ、あなたの内なる聖霊は満たされないからです。あなたの神様は神の教会の兄弟姉妹愛に強く動かれるお方。目を覚ましあいましょう。 32節, 尚エペソの宗教指導者達と偶像細工の職人達は、使徒パウロをわなに陥れようと、クリスチャンたちの偽りの悪い噂で多くの人達を劇場に集めましたが、使徒パウロは 神の家族たちの援護と助言により欠席したために、宗教指導者たちと偶像細工職人たちは大恥をかくことになったのです。 またギリシャの宗教指導者や偶像細工職人の嘘の偽りの噂で集められた多くの人々は、使徒パウロたちが欠席した為に、なぜ 自分達が劇場に集まったのかさえ、分からなくなって混乱し出し、全く関係のないユダヤ人のアルテミスという男を押し出して、責め出したのです。このように聖書は、福音宣教を大切に生きるクリスチャンたちの敵対者たちは自滅していくと預言します。使徒パウロたちのように神の使命である福音宣教活動や神の家族愛を 大切に生き続ける神の子たちの敵は、いつか神の聖霊により自滅させられると預言するのです。 創世記11:9『あなたの主が、全地のことばをそこで混乱させると、人々はそこで散り散りになった。』 また聖書は...あなたの神様は聖書のみことばを 堅く握り締めながら、神の使命や教会奉仕をするあなたを 責めたて、また裏切り、陥れようとする人たちを 混乱させてまでして、あなたを助け導くお方だと、約束してくれます。 聖書は...もし あなたが福音宣教や教会礼拝奉仕を大切にし続ければ、たとえ、どんなに多くの人々に邪魔されたり、また何か起きて責められても、Bible&Jesusのみことばに信頼し続けて前進し続けるのなら、あなたの神様は神の子たちからの援軍や不思議な援護をして下さると、約束してくれたのです。神の使命である福音宣教や教会礼拝奉仕さえ、神の家族たちと大切にし続ければ、あなたの未来やご家族は永遠なる報いを 受けられると約束するのです。あなたには永遠なる希望が注がれているのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、教会の神の家族たちと結束して愛し合い、自分自身が、どこに行き、何をすべきか。また、どこに行かぬべきかを 祈り考えながら、神の使命を しっかり果たせるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、たとえ、どんな試練や敵の攻撃を受けたとしても、内なる聖霊とみことばに不思議に守られながら、人生の圧倒的な勝利者になれるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「