• sgbc-devotion

使徒の働き19:21~22

2018年11月26日(月) ディボーション聖句 使徒の働き19:21~22 21 これらのことが一段落すると、パウロは御霊の示しにより、マケドニヤとアカヤを通ったあとでエルサレムに行くことにした。そして、「私はそこに行ってから、ローマも見なければならない」と言った。 22 そこで、自分に仕えている者の中からテモテとエラストのふたりを選び、マケドニヤに送り出したが、パウロ自身は、なおしばらくアジヤにとどまっていた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 21節,この『マケドニア』という都市は、旧約聖書に数多く出てくる、神の民イスラエルの強敵国・マケドニア王国の中心地区だった地域でした。 尚『マケドニア』は、使徒パウロの時代は古代ローマ帝国の行政地区のギリシャのマケドニア州だったのです。 また『アカヤ』と言う町は、ギリシャの都市アカヤ州。当時のアカヤ州も、古代ローマ帝国の行政地区でした。 このように、当時の古代ローマ帝国は、次々に行政地区の領土を広げていき、道路を作って交通網を発達させ、軍事的・政治的情報の収集を積極的に行っていきました。その為、Jesus信仰者達は その交通網をうまく利用して、早期的にヨーロッパ中にJesus信仰を宣べ伝えられたのです。またローマ帝国は、後にキリスト教を国教とするようになり、まさに「ローマの道は全てに通ず」...とありますが、神様はローマ帝国を歴史的な大国として祝福することになるのです。あなたの創造主なる神様は、Jesus信仰を大切にする国、民を 大いに祝福してくださるお方なのです。 イザヤ書43:19神は言われた。『確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。』 また聖書は...あなたの神様とは、あなたが 不可能と思える荒野の試練の道や、荒れ地と思える国、都市、場所に、あなたと隣人を救う為の手段や必要を与えて救い導いて下さるお方だと、約束しています。Jesus信仰のみことばを 本気で握り締めながら人生を開拓し続けようとする人たちの苦難の道は、必ず 切り開かれていき、Jesus信仰者たちの苦難に神の救いは表れ続けるのです。 あなたは試練や苦難に出会う時、比較的 容易に夢やビジョンを曲げたり、逃げ道を選択してしまう傾向がありませんか? また、あなたは神に選ばれしクリスチャンであることの誇りや使命を忘れて 弱気に陥って、周囲に福音宣教せずに、暮らし続けていませんか? 神に選ばれて、天国行きの救いを受けられる「神の子」たちは、どんな時もみことばを握りしめて前進し続ける開拓者、伝道者となる為に永遠の命を 受けられたからです。しっかり胸に書き記して下さい。 そして聖書は、良くない現状を目の辺りにしても、福音宣教や真理伝達に逃げ腰では、神の奇跡や永遠に報われる幸福人生を呼び込める聖霊力は死んでしまうと、忠告します。 あなたは天国行きの内定を 受けた福音伝道者としての使命、命令を 神様から受けたのに、福音伝道者として弱気、逃げ腰な人になり下がっていませんか? 天国行きの確信や揺るがない幸福人生を獲得したいのなら、何事も、目に見える現状ばかりを見過ぎて弱腰にならず、みことばによる大胆さを忘れないで伝道し続けることも重要だからです。楽な道や逃げ道ばかり探さずに、Jesusのみことばによる開拓心や使命感を 大切に生きなければ、天国行きの確信と永遠に報われる幸福人生や祈りの奇跡は引き出せなくなるのです。目を覚ましあいましょう。 21~22節,この使徒パウロと若き霊的リーダーテモテ、エラストの三人も、自分たちに都合のよい道や楽な道ばかりを選ぶのではなく、必ず 日々のBible&メッセージから、聖霊からのみことばと方向性を しっかりと確認しながら、全ての仕事と福音宣教の使命を チームワーク良く分担し合うことで、Jesusのような不可能を可能にできる祈祷力や周囲を天国行きの洗礼に導ける聖霊力を引き出せていたのです。 箴言11:14『指導者がいないと民は倒れ、 人は神の助言者達によって神の救いを得る。』 また聖書は、もし、あなたが神様がご計画している永遠に報われる幸福人生、天国での素晴らしい恩恵を 獲得したいのなら、神の教会から孤立しない方がいいと、忠告します。一匹オオカミ的なJesus信仰では見えない敵、悪霊、罪悪に打ち勝てなくなると預言するからです。聖書で.,Jesusの教会には神の特別な権威が隠されていると教え説くからです。 ヨブ記33:11~12『神は私の足にかせをはめ、私の歩みをことごとく見張る。聞け。そして、神は言う。「わたしは 必ず、あなたに答える。このことであなたは正しくない。」神は人よりも偉大だからである。』 そしてBibleは、人は皆、結局 いつも自分勝手な罪性がある為、永遠に報われる幸福人生でない間違った道や方法を選択してしまうと教え説きます。だからあなたの神様は、あなたに永遠に報われる幸福人生を歩ませる為に、日々、聖書のみことばとJesusの教会を 設けられたと教え説くのです。あなたにも、永遠に報われる幸福人生に必要なBibleのみことばやJesusの教会祈祷力が与えられることを期待します。 詩篇1:2~3『主のおしえを喜びとし、 昼も夜もそのおしえを口ずさむ人は、時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。』 そして聖書は、人は皆、いつも自分勝手な罪深い欲望と片寄った思考と人生観を 持っている罪人である為、それをリセットさせて 悔い改めさせて救い出す為に、聖書のみことばやJesusの教会礼拝制度を設けられたと教え説きます。毎日のBible&メッセージや毎週の教会礼拝奉仕を 大切に生きる人の人生は、何をしても神の赦しを受けられて うまくいき、永遠に安泰だと約束してくれるのです。 そして聖書は、あなたもBibleのみことばとJesusの教会さえ 大切に生き続ければ、永遠に報われるBestな道と幸福人生を手に入れられると約束するのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々の聖書のみことばと毎週の教会礼拝を通じて 永遠に報われる為のBestな道と神の知恵を 確信させて下さい。 そうすれば 皆、何をしても 永遠に報われ、栄え続けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「