• sgbc-devotion

使徒の働き17:22~24

2018年11月12日(月) ディボーション聖句 使徒の働き17:22~24 22 そこでパウロは、アレオパゴスの真ん中に立って言った。「アテネの人たち。あらゆる点から見て、私はあなたがたを宗教心にあつい方々だと見ております。 23 私が道を通りながら、あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、『知られない神に』と刻まれた祭壇があるのを見つけました。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、教えましょう。 24 この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手でこしらえた宮、偶像などにはお住みになりません。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 22節,『アレオパゴスの真ん中』とは、アテネの街の中心からパルテノン神殿に向かって歩いて行くと、パルテノン神殿の手前の右手に奇妙な岩の固まりで造られた、目立つ丘があります。これが『アレオパゴス』です。 『アレオパゴス』とは、おとぎ話の軍神アレスに献げられた丘という意味があり、この『アレオパゴス』の丘は、当時は非常に多くの人々が集まる広場ともなっていました。 22節,使徒パウロは、そのアレオパゴスの丘から多くのアテネ市民に向けて、Jesusの福音メッセージ「愛の路傍伝道」を行っていたのです。 このように聖書は、天国行きの内定を受けたクリスチャンは皆、使徒パウロのような路傍(道端)伝道をしなくとも、出会うすべての人々に福音宣教をする使命や義務があると教え説くのです。 マタイの福音書28:18~20『イエスはこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』 使徒の働き1:8Jesusは預言した。『聖霊があなたがたの上に臨まれると、あなたがたは神の力を受けます。そして、全世界、および地の果てにまでも、わたしの証人となります。』 このようにJesusは、まことのクリスチャン(Jesusの弟子という意味)とは、日々、すべての出会う隣人を神の国(死後の永遠なる天国人生)に救い導く愛の使命に生きることを決心する人たちであり、1人でも多くの人々を救おうとする漁師だと、教え説きました。その為に、Jesusはあなたを救うために、十字架上で身代わりの死と弁護の贖罪の死を成し遂げられたのです。 また聖書は、この父なる神様からの愛の使命(福音宣教と教会奉仕)を大切に生きる決心をした人は皆、永遠なる救い主 聖霊が共にいて人生と死のいく先々で助け導いて下さると約束しています。この聖書の世界観と使命を 胸に刻み、生活習慣を バランスよく築ける人は皆、永遠に安泰だと約束するのです。 あなたは神の国の使命と真理を 大切に生きられずに、自分本位の生活習慣やご利益宗教に陥ってしまい神の聖霊力と永遠に報われる幸福人生を見失って生きていませんか? なぜなら聖書で、あなたの神様は、あなたの生きる動機(使命感)と祈りの動機を 探られて、神の聖霊力と永遠に報われる幸福人生を 振り分けられると預言するからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 マルコ福音書13:11『人々の前で証しする時に、何と言おうかなどと案じるには及びません。ただ、そのときは祈りつつ、自分に示されることを話しなさい。話すのは あなたがたではなく聖霊によるのです。』 このように聖書で...あなたの救い主Jesusは、クリスチャンは伝道する義務とその試練に追い込まれますが、Jesus&Bibleのみことばを 堅く信じることで、すべての不安や不平不満を捨てさり、ある意味 バカになって、周囲の人々に福音を証し伝えようとする計画性と愛の使命を 持続して生き続ければ、神の偉大なる聖霊力と永遠に報われる幸福人生が任されると約束してくれました。この約束を信じて 従い続ければ、人生と死は素晴らしい実を結べると約束してくれたのです。 ヤコブの手紙2:20『ああ愚かな人よ。あなたは行いのない信仰がむなしいことを知りたいと思いますか。』 また聖書は、Jesusからの永遠なる救いや数々の恵みを受けられたとしても、様々な人間関係に永遠なる報われる為の福音や真理を証し伝える義務と使命を怠って生活し続ければ、やがて 聖霊による救いの確信や喜びは劣化していき、虚しい人生と苦しい死の結末が待っていると、預言します。 あなたは神のみことばによる使命と行いのない信仰が 虚しく、苦しむ原因になることをご存知でしたか? なぜなら聖書は、福音宣教による人を救える隣人愛のない神信仰は無意味に等しいと教え説くからです。目を覚ましあいましょう。 しかし聖書、神の子とされたあなたが 神の教会の仲間たちと神の使命に生きることを選択できれば、必ず、永遠に救われた確信と喜びに満ちた聖霊力や奇跡的祈祷力が回復していくと約束するのです。 マタイ福音書6:33『だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたのすべての必要は与えられます。』 また聖書は...あなたの神様はBible&メッセージを信じて、真心からJesusを信頼して期待しながら 祈りと行動に移せば、神の国と義を第一にすることになり、何をしても人生と死後の全必要が満たされていくと約束しています。聖書のみことばを それぞれの生活でバランスを考えながら実践適用する人達の全ての必要は満たされると、約束してくれたのです。 また聖書は教会、クリスチャンたちが ご利益宗教をやめて、如何にして、周囲の人々に永遠なる救い「天国行き」の福音を 送り届けられるかを重んじる、神の国と神の義 第1主義に徹しさえすれば、下らない宗教論争、つまらない争、教団教派などの壁は消え去ると教え説きます。 あなたは、教会、クリスチャンの第一の使命が Jesusの十字架による福音宣教であることを 忘れていませんか? また、あなたは福音宣教のためのビジョンと使命で熱くなれず、違うことに熱いこだわりを 抱いていませんか? もし、あなたに祈りの応答と癒しや、永遠に報われる幸福人生が必要ならば、周囲を救霊する為の聖霊力と愛力を 祈り求めつつ、行動を起こし続けることが重要だからです。あなたの神様は、あなたの生きる動機と神の使命を 吟味して、祈りの応答を振り分けるお方。目を覚まして、生きる動機と使命を 吟味し続けましょう。 しかし あなたは、近い将来、周囲のすべての人々を救う為の福音宣教と証しの大切さを悟るようになり、神様からの使命とビジョンを 掴み取り、神の奇跡を起こす聖霊力や人や救い導けるJesusLoveに満たされていくと、信じます。なぜなら、それが 素直に食い改め続けるクリスチャンたちに与えられた、Jesusの約束だからです。 22~23節,この日 使徒パウロは、沢山の偶像を拝んでしまって、人生で見えぬ大損を刈り取っている霊的無知な人びとに、本当に拝むべき存在は天地万物の創造主で、全知全能なる神様だけだという、Bible&メッセージを 多勢いる広場で叫び、必死で教え伝えていたのです。 申命記11:16~17『気をつけなさい。あなたがたの心が迷い、横道にそれて、よく分からない神々に仕え、それを拝むことのないように。』 24節『皆さんの神様は天地を造られた主であり、人が手でこしらえた宮、像、お守りなどにはお住みになりません』 このように聖書は、まことの神様とは、いつ、どこにでも存在されるお方であり、人間の作った宮、像、お守りなどに宿ることはないと教え説きます。 そして聖書は、人の作ったモノや目に見える存在を 神のようにして拝んでしまうと、神様の祝福ではない悪いパワーを招くことになると、忠告するのです。聖書のみことばは全て成就しますが、この点を 気をつけあいましょう。 第一コリントの手紙1:18『主イエスの十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』 そして聖書は、Jesus信仰をもって、永遠なる真理であるみことばに従う決心と生活習慣さえ築こうと、祈り尽力できれば、あなたを取り巻く悪霊、悪運などによる負のPowerや目に見えない負のスパイラルや呪いは全く取り除かれると約束します。JESUSの十字架信仰を しっかり仰ぎ見続ければ、すべての悲しみやマイナスは喜びに満ちたプラスに転化すると預言するのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開いて、天地万物の創造主で、全知全能の本物の神様以外のものを礼拝しないように、そして神様とそのみことば以外に支配されないように助け導いて下さい。 そうすれば皆、今までの悪い流れや負のパワーから清められていき、今まで以上に、更に祈りの奇跡を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.