• sgbc-devotion

使徒の働き16:31~34

2018年11月4日(日) ディボーション聖句 使徒の働き16:31~34 31 ふたりは「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。 32 そして、彼とその家の者全部に主のことばを語った。 33 看守は、その夜、時を移さず、ふたりを引き取り、その打ち傷を洗った。そして、そのあとですぐ、彼とその家の者全部がバプテスマを受けた。 34 それから、ふたりをその家に案内して、食事のもてなしをし、全家族そろって神を信じたことを心から喜んだ。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 ルカの福音書10:1『その後、主イエスはご自分が行くつもりのすべての町や村へ、二人ずつ先にお遣わしになった。』 マタイ福音書18:19 Jesusは言われた。『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうち二人が、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』 伝道者の書4:9~10『二人はひとりよりもまさっている。二人が労苦すれば、良い報いがあるからだ。どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こすのです。』 31節, このようにBibleは神様はあらゆる人々を わざわざ教会に招待しながら、神の家族関係(神の友愛)を築かせながら、神様のご計画と使命を行わせたり、周囲の人々を救い導く時には二人以上のチームを構成させて、福音宣教の愛の働きを任されると教え説きます。聖書は、これらの神様の御計画と使命にしっかり協力し続ければ、あなたの人生と死のすべての問題は解決して、うまくいくと約束しているのです。 あなたは、あなたのやりたいことややるべきことと同じくらいに、神様がしたいみことばによるご計画や使命を 大切に生きられていますか? なぜなら聖書は、自分のしたいことや自分がやらなくてはならないことばかりではなく、神様のご計画と使命にも しっかり協力し続ければ、人生と死での必要はすべて与えられ、不安などなくなると預言するからです。神様からのみことばによる命令やご計画、神のからだなる教会奉仕から外れ過ぎる個人プレイ重視では、神の使命とご計画を大して表すことができない 虚しい人生と死の結末を 刈り取ると預言するのです。Jesusは、聖書のみことばは、全人生に必ず成就する神の言霊力が 宿っており、またJesusの教会とは悪魔(ハデスの門)に打ち勝てる唯一の神の器官であると教え説かれました。目を覚ましあいましょう。 31節,聖職者のパウロと若き信徒リーダー・テモテやシラスは、いつも寝食を共にしていた為、お互いを知り尽くしており、毎日同じみことばで心一つとなって励まし合い、支え合ってまことの神の家族関係を築いていたのでした。ですから聖書は、彼らの使命感はまさに一つとなることもあり、その祈りと働きには特別な神の御業と奇跡が 現れていたと、教え説くのです。 あなたは教会のJesusFamilyの何人かと、本当の意味で、心ひとつに結束しようと尽力していますか? なぜなら聖書、神の家族愛関係を 築こうとしない人に神様を愛する信仰など宿らないと、預言するからです。 また旧約聖書を読むと、聖職者である祭司と信徒のリーダー(王様など)の二人組が一致団結して、真心から神のご計画や自身の夢の為に欠損し続けて祈り合うチーム構成、信頼関係を築いて生き続ければ、何をしても神様からの祝福、成功、勝利を刈り取れると預言します。これは旧約聖書が教える永遠の勝利と成功の黄金律の型の一つなのです。そして、この旧約聖書の黄金律は、昨今の世界中のクリスチャン・ビジネスマン達のサクセス・ストーリーの証しにも数多く表れているのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 このように聖書は、あなたの人生に聖霊様が大きく強く働いて頂くためには、如何にして、教会の牧師とJesusFamily達と宗教の枠を超えて、心一つに分かち合い、祈れるかが重要なポイントになると教え説きます。あなたに夢・ビジョンや絶対的に叶えたい願いごとや幸福人生が必要ならば、この神の大きな御業と奇跡を生み出せる 聖書の黄金律を掴み取ることも大切なのです。信じられないか、信じて適用しようとするかは あなた次第。しかしJesusは、Bibleのみことばの黄金律は、必ず、全人生に成就するのものだと、ハッキリ預言されたのです。 31~34節, そしてこの日、教会から語られるBible&メッセージと祈りで、いつも使命感が一致していた使徒パウロとテモテ、シラスたちの語る祈りと言動に、神の聖霊は強く働かれました。そして、大地震が起きて、彼らは奇跡的に救われたのです。 第一コリント12:3『聖霊によるのでなければ、だれも「イエスは主です。アーメン。」と言うことはできません』 そして、この後、使徒パウロたちが看守に「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と預言すると、その直後に、看守とそのご家族は、その通りに、Jesusを信じて、永遠はる神様のゆるし、天国行きの洗礼を受けて救われたのです。 このように聖書は、神の御子Jesusを信じて救われたあなたも、実は自分の意思やノリではなく、また、Jesusを宣べ伝えてくれた人たちの気遣いや話術だけでなく、聖霊様があなたを選んでくれたからこそ、AMEN! と祈れたり、天国行きの洗礼も終えられたと教え説きます。聖書は、神様の聖霊が 許可しなくては、人は皆、教会礼拝に行けず、アーメンとも祈れず、洗礼も受けられないと、教え説くのです。あなたは、間違いなく 神に選ばれし 天国人だと言う事なのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を 本物の聖霊に満たして下さい。 そうすれば 皆、みことばを大胆に語り行うようになって、神のしるしや不思議も起こりだし、やること成すことの全てに、良い実が表れ出す幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「