• sgbc-devotion

使徒の働き16:25~26

2018年11月2日(金) ディボーション聖句 使徒の働き16:25~26 25 真夜中ごろ、牧師のパウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。 26 ところが突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまちとびらが全部あいて、みなの鎖が解けてしまった。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 25節,使徒パウロたちは、有名な女性占い師にJesusの永遠なる救いを教え伝えてあげてから、女性占い師の希望通り、彼女に取り憑いていた よく当たる占いの悪霊を取り除いて、自由かつ新しい人生に協力してあげました。彼女は使徒パウロたちのJesusのお名前の祈りとみことば力のおかげで、占いの悪霊の支配から開放されて、やりたくなかった占い師をやめることができ、新たな自由人生を 歩み出せたのです。 あなたは自分の罪悪の刈り取りや、関わる組織の権力や人間関係のしがらみに縛られ過ぎてしまい、本来のあなたの夢とビジョンや神の使命からかけ離れた苦労人生を 背負い込んでいませんか? 聖書のみことばとJesusのお名前と教会力には全人生を永遠に報われる幸福かつ自由人生を築く神の権威が任されているからです。 また、現在のあなたは悔いのない進むべき道と生活習慣を築いており、しっかりとした生きる目的や使命感を 持って生きられていますか? 聖書は全人生にまことの生きる目的と使命感を与えられる 神の国の宝庫だからです。 Bibleのみことばとは、全人生に真の夢と生きる目的や揺るがない使命とビジョンを気づかせる聖霊からの助言書であり、Jesusの教会の聖職者と信頼を置けるJesusFamilyたちの祈りとは、あなたを縛りつける見えない敵、悪霊、しがらみから開放させる神の権威が宿っていると教え説くのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 しかし この時、有名女性占い師のおかげで大儲けしていた組織は、使徒パウロたちに言いがかりをつけて、無実な使徒パウロとシラスを 投獄させてしまいました。女性占い師を 雇っていた組織は高額納税者だったので、お役人たちに手を回して、使徒パウロたちを 投獄させたのです。 ヨハネ福音書4:24Jesusは言った『神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって、日々礼拝しなければなりません。』 ヨハネ黙示録19:5『また、天国から声が出て言った。「すべての、神のしもべたち。小さい者も大きい者も、神を恐れかしこむ者たちよ。われらの神を賛美せよ。」』 マタイ福音書5:11~12Jesusは言いました『わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた神に選ばれた預言者たちを、人々はそのように迫害してきたのです。』 しかし使徒パウロたちは、自分たちが女性占い師にしてあげたことが、彼女の幸福人生の為だけでなく、天においても最高な愛の働きであったことを自覚しており、いくら、ローマ帝国軍に迫害されても、牢獄に閉じ込められても 全く動じず、いつも通りに礼拝賛美しながら、神様からの報いと不思議な助けを 期待して待っていられました。なぜなら聖書で、あなたの神様は、どんな迫害があろうとも、ブレずに Jesusのお名前と福音を 宣べ伝え続ける愛の労をして、礼拝賛美し続ける人達には特別な神の助けや感動的な奇跡を与えて下さるお方だと預言するからです。 聖書は、もし あなたが、日々 聖書のみことばを大切に守ろうと祈り尽力しながら、教会で礼拝賛美し続けているのなら、あなたの人生は何の心配も要らないと約束してくれます。なぜなら聖書は、使徒パウロや信徒しらすのように神のみことばと教会礼拝賛美を大切にしている人たちの試練や問題は、必ず、聖霊が 短縮して解決して下さると、約束するからです。何を起ころうとも、また 何をされようとも、ただただ、Jesusの福音を宣べ伝えて礼拝賛美しながら、神の奇跡と助けがあることを確信して、先取りの感謝をしながら待ち続ける人たちは皆、神の奇跡と100倍の報いを受けられるのです。信じるか、信じられないかはあなた次第。しかし聖書は、すべての出来事は神のみことば通りになると断言しているのです。神の家族たちと、共に期待し続けましょう。 26節,この時の使徒パウロたちも、必ず、神様からの奇跡と助けがあることを 確信しており、獄中でも、いつもと変わらずに礼拝賛美をして感謝しながら、過ごしていました。 あなたは、良いことがある時や祈りが聞かれる時だけ、神様に感謝するご利益宗教の罠に陥っていませんか? 神の奇跡と願いの応答を刈り取れる本物のJesus信仰とは、何が起ころうとも、何をされようとも、ただただ、神様の助けと奇跡を 確信して、ひたすら 感謝しながらみことばを待ち望む心のあり方と生き様だからです。何が起きようとも、神の使命とみことばを第一にしようと生き続ければ、何をしても報われるのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 詩篇62:1『私のたましいは、あれこれ、つぶやかず、ただ神を待ち望む。 私の救いは神から来るからだ。』 すると突然、大地震が起こって、獄舎の土台が揺れ動き、たちまち、使徒パウロと信徒シラスのいた牢屋のとびらが全部壊れて開き、みなの鎖が解けたのでした。 エゼキエル書38:18~19『敵が神に選ばれしイスラエルを攻めるその日、――神である主は言われた――わたしは怒りを燃え上がらせる。わたしは、ねたみと激しい怒りの火を吹きつけて言う。その日には必ず、その地に大きな地震が起こる。』 このように聖書は...主なる神様のみことばを語り行おうと祈り尽力する人々を 無視し続けたり、迫害する国々や都市に、あなたの神様は大地震などの自然災害を起こして神のみことばの大切さの警笛をならしたり、Jesus信仰の伝道者たちを援護しながら、すべての人々が霊の目を醒まして、悔い改めるチャンスを 与えられると預言しています。聖書は、自然災害、大地震、大地震予報の続く、昨今の日本には、神の救いとご計画の御業が 表れ始めたと教え説くのです。目を覚ましあいましょう。 しかしBibleは神様のみことばを無視し続けた国々への災いは、ただの裁きではなく、神の御子Jesusの十字架の赦しと救いを知る大チャンスだと、ポジティブに教え説きます。都市や国々の大災害や人々の大病と苦難は神の御子Jesusの救いを考えて知るチャンスでもあり、肉体の死は、Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護で救われた人たちには、永遠なる人生の始まりだと教え説くのです。 詩篇103:8~9『主は、あわれみ深く、情け深い。 怒るのにおそく、恵み豊かである。主は、絶えず争ってはおられない。 いつまでも、怒ってはおられない。』 また聖書は、Jesusの十字架贖罪信仰を信じて神の赦しを 受けられた あなたは、この愛する日本の全ての罪悪、過ちが 神様に赦されて、近い将来、この国が愛と真理に基づいた、最高な国に生まれ変わるための祈りの聖者として選ばれたと、教え説きます。周囲のすべての人々に、Jesusの十字架による福音を 宣べ伝えて、神様による日本の救いを、ただ 期待して祈り続けることが大切な使命なのです。そうすれば、あなたとあなたの周囲の人達に、必要以上の災いは及ばなくなり、何をしても、不思議に報われる幸福人生に移されると預言するのです。 民数記35:11『あなたがたは過ちと罪を犯した者たちの為に逃れられる場所を築きなさい。それをあなたがたのために、逃れの場とし、そこに人々が逃れることができるようにしなければならない。』 あなたは、この世の唯一の神の国のパイプであり、神様が設けられた逃れの場所「Jesusの教会」を 神の家族たちと、日々のBible&メッセージを軸にして 立派に築き上げながら、周囲の人々を Jesusの十字架贖罪信仰で天国に避難させる為の神の国の伝道者として選ばれました。あなたや教会の神の家族たちを通して、一人でも多くの人々が 永遠なる神の国に避難して救われることを 期待します。あなたのうちなる聖霊は、それを一番したいお方だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、いつ、何が起きても、主なる神様に礼拝賛美して、ただただ神の助けを期待して、みことばを信じ感謝しながら生き続けられるように助け導いて下さい。 そして、皆と教会の仲間たちが、神の国への避難所となるJesusの教会を Bibleのみことばで、しっかりと立てあげることができて、一人でも多くの人々を 永遠なる滅びや災いから救い導けるように結束させて下さい。 そうすれば 皆、大地震や艱難が起きても、敵や死が近づいても、神様に特別に助けられ、死んでも、永遠に報われる天国人生に移れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「