• sgbc-devotion

使徒の働き16:13~15

2018年10月30日(火) ディボーション聖句 使徒の働き16:13~15 13 安息日に、私たちは町の門を出て、祈り場があると思われた川岸に行き、そこに腰をおろして、集まった女たちに話した。 14 テアテラ市の紫布の商人で、神を敬う、ルデヤという女が聞いていたが、主は彼女の心を開いて、パウロの語るみことばに心を留めるようにされた。 15 そして、彼女も、またその家族もバプテスマ(洗礼)を受けたとき、彼女は、「私を主に忠実な者とお思いでしたら、どうか、私の家に来てお泊まりください」と言って頼み、強いて そうさせた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 13節,『安息日』とは、神様が定めた、労働をせずに礼拝することで心霊体を充電しながら休息するための週一度の聖日。 『安息日』は...旧約聖書「創世記」に創造主なる神様が天地万物の創造を6日で終わらせて、7日目に休まれたことに由来しており、神様は人間が心霊体の健康を保って、永遠に報われる幸福人生を生きる為には、週一回は神様と礼拝することで霊的につながり安息日を取ることが必要だと教えたものです。 あなたは、週一度以上の休日の由来を知っており、週一回の安息の為の聖日礼拝を守ろうと尽力していますか? なぜなら聖書は、聖日礼拝を守ろうと尽力し続けなければ、神様の存在や真理に気づきにくく、永遠に報われる幸福人生に近づけないと預言するからです。しかし聖書は、主イエスの十字架を仰ぎ見つつ、次週から聖日を守ろうと祈り尽力できれば、神様と天国行きの存在の確信や永遠に報われる幸福人生の道が回復するチャンスに恵まれると、預言するのです。ですから聖書は、最近 聖日礼拝を守れていない人であったとしても、次週からは一心して悔い改め続ければ報われるチャンスが訪れると、預言するのです。あきらめなければ、永遠に報われる幸福人生はやってきます。目を覚ましあいましょう。 また聖書は人間の肉体、神経、心霊には休息や神様からの霊的充電、油注ぎが必要不可欠であり、誰でも週一度の心霊体のリセット期間が必要不可欠だと教え説きます。そして聖書は、人は皆、永遠に報われる幸福人生を築くためには、週に一度は神につながる教会礼拝を通して聖霊からの充電、油注ぎや浄化も必要不可欠だと、教え説くのです。世界人類の創造主なる神様は、人は皆、週一の『安息日』に、神礼拝しながら心霊体を赦し清めてもらって、未来の幸福人生や死後の天国行きを確固たるものにする生活習慣や姿勢が重要であり、永遠に報われる人生を築く為には神様からの新たな知恵と聖霊力や生命力を油注ぐ主日礼拝大切にしなければ、人生の未来や死後に良い結果を生み出せないと、預言するのです。肝にめいじあいましょう、 あなたは別に神礼拝などしなくても、神の赦しや清めを受けられ、すべてのマイナスがリセットされたり、永遠に報われる幸福人生や天国行きの確信を手に入れられると過信していませんか? また、あなたは、現在の生活習慣や姿勢で、本当に、永遠に報われる幸福人生を築けたり、天国行きも獲得できると言えますか? なぜなら聖書は、あなたの未来の幸福や死後の行き先や報いは神様と聖書のみことばだけが 知っていると教え説くからです。聖書を読み、神礼拝しながら永遠に報われる幸福人生や天国行きの確信を 揺るがないものに成長させることが重要なのです。 なぜなら聖書で...あなたの救い主Jesusは、この週一度の安息の聖日礼拝で、人は皆、人生での因果関係の負や罪悪の要素を Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護でリセットできたり、天に宝を積むチャンスにも恵まれると、約束されたからです。 尚、この「安息日」は基本的にJesus信仰は日曜日、ユダヤ教は土曜日、イスラム教では金曜日となっています。聖書の教える創造主なる神様のおかげで、世界人類の多くの人達は礼拝する日と休日の為、週休二日制の恵みを受けていると言えます。平均的に、週一回以上休めている人は皆、特にBible&Jesusに感謝する気持ちを 大切に生きることが重要です。そうすれば、あなたの人生での安息日、休日は、更に恵まれるからです。 14~15節,今日の聖句の女性たちやテアテラ市の紫布の女性商人 ルデヤたちも、毎週の聖日礼拝や祈祷会を 大切に守り続けたために、幸福な家庭を築き、約二千年経った今でも、世界人類の模範的女性クリスチャンとして、歴史に名を残せたのです。安息日である、週一度の聖日礼拝を守ろう尽力する人の祈りは偉大な奇跡が現れやすく、そういう神の子たちのご家族、友人たちは救われやすくなるのです。 あなたも、今日の聖句のようなテアテラ市の紫布の商人で、神を敬うルデヤたちのように、週一度の聖日礼拝(安息日)と祈祷会やディボーション(黙想の祈り)を 大切に守る神の子たちに成長していき、数多くの祈りの奇跡やご家族、友人たちが 全員 天国行きの洗礼を受けて救われる恵みを獲得できると期待します。聖日礼拝(安息日)を大切に愛して守り続ける人は皆、Jesusのような奇跡力や大切な人々を救える聖霊力に満たされるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が 週一度の安息日(聖日礼拝)を大切に愛して守り続けられるように霊の目を開かせ、聖日礼拝を守れる自由、余裕、助けを 与えて下さい。 そうすれば、皆の人生の全てが永遠に清められ続けて、更に神様からの素晴らしい奇跡を引き出したり、大切な人々を 全員 天国行きの洗礼者にできるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.