• sgbc-devotion

使徒の働き14:37〜41

2018年10月26日(木) ディボーション聖句 使徒の働き14:37〜41 37 ところが、使徒バルナバは、マルコとも呼ばれるヨハネもいっしょに連れて行くつもりであった。 38 しかし使徒パウロは、パンフリヤで一行から離れてしまい、仕事のために同行しなかったような者はいっしょに連れて行かないほうがよいと考えた。 39 そして激しい反目となり、その結果、互いに別行動をとることになって、使徒バルナバはマルコを連れて、船でキプロスに渡って行った。 40 使徒パウロはシラスを選び、兄弟姉妹たちから主の恵みにゆだねられて出発した。 41 そして、シリヤおよびキリキヤを通り、諸教会を力づけた。 [聖句メッセージ] 本日で使徒の働き14章は終わります。 37~41節, このマルコは第一回宣教旅行の時、使徒パウロ、使徒バルナバと宣教チームを組んでいた命懸けの仲間でしたが、途中で、自分の仕事の都合や適当な言い訳をして、使徒パウロたちとの約束を破って、エルサレムの自宅に帰宅したクリスチャンでした。 このようにBibleは...数多くのクリスチャンたちは、このマルコのように福音宣教活動や、やるべき使命や教会奉仕よりも、仕事や趣味を重視し過ぎて、結果、祈り以上の奇跡や永遠に報われる幸福人生を手放してしまうと預言します。 あなたは、仕事や趣味などの活動を言い訳にして、天国行きの内定を受けたクリスチャンたちが やるべき福音宣教活動や教会礼拝奉仕を 怠る傾向がありませんか? なぜなら聖書は、天国行きの内定を受けた人は皆、福音宣教活動や教会礼拝奉仕を 後回しにし過ぎれば、聖霊力は死んでいき、無力で、虚しい人生を強いられると、預言するからです。神の国とその使命をも大切に生き続けなければ、天国行きの確信や永遠に報われる幸福人生はなし得ないと預言するのです。目を覚まして 生活のバランスを整えあいましょう。また聖書は、このマルコのように神の国の使命を軽んじたり、身勝手な選択を重視し続ける人は皆、神の感動的な奇跡や周囲を天国に救い導ける聖霊力さえも失いやすく、クリスチャンとして大成しないと預言するのです。目を覚ましあいましょう。 しかし、使徒パウロたちとの約束を破って仕事に走り過ぎたマルコでしたが、彼は、後に悔い改めて謝罪し、使徒パウロたちと命がけの福音宣教活動や教会奉仕をする人に変えられ、新約聖書の福音書を書く大役に選ばれて、永遠に報われる幸福人生を獲得したのです。このように聖書は、昨日までのあなたが 神の国の使命や天に宝を積む奉仕を軽んじて、仕事や私用に走り過ぎマルコのように悔い改めれば、感動的な祈りの奇跡や永遠に報われる幸福人生を獲得できると約束するのです。マルコのようなクリスチャンライフ、生活習慣であったとしても、今日から悔い改めれば、永遠にいく倍も報われると約束するのです。 あなたの内なる聖霊は、あなたへの神の使命やビジョン(福音宣教、教会奉仕)をやり遂げさせるための助け主であり、神の国の使命やご計画を大切に生き続ければ、人は皆、永遠に必要が満たされて幸福になれると、Jesusは約束してくれたのです。しっかり、胸に書き記して下さい。 39~41節,この時、使徒バルナバは神の使命(福音宣教)とJesus Familyたちとの教会奉仕活動を放棄して、自分の仕事ばかり大切にし過ぎたマルコが悔い改めて謝罪したので、再び福音宣教チームとして受け入れました。使徒バルナバはマルコと近い親戚関係だったので、比較的、容易に許し受け入れることができたのです。 しかしこの時、世界一偉大な伝道者パウロは、過去のマルコの裏切りで神の働きや奉仕に混乱があったことや、他のJesus Familyたちが深く傷ついてことがあったため、すぐにマルコを信じて、福音宣教チームに入れることができませんでした。約束違反や裏切りは、信頼を回復するのに時間がかかることもあるのです。 あなたは神の家族たちに福音宣教や奉仕を押し付けたり、任せっきりだけの神様に非協力的なクリスチャンライフを築いていませんか? なぜなら聖書は、神様の使命や神のご計画に非協力過ぎれば、あなたの内なる聖霊力は衰え果て、天使たちからの幸運の援軍も非協力で損益を生むと預言するからです。目を覚まして、マルコのように忍耐深く、素直に悔い改める人でならなければ、永遠に報われる幸福人生はなし得ないからです。 しかし聖書は、マルコのように自分の営利活動や私用ばかりを 大切にし過ぎて、神様の使命とご計画や神の家族たちの奉仕活動に非協力的な罪悪や裏切りをしたとしても、真心から悔い改められるのならば、Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護により赦される、教え説きます。 そして、その後のマルコは真心から神様に祈って悔い改め、神の使命や神の家族愛の大切さを悟ることになり、誰よりも 命懸けで、使徒パウロを支える まことのクリスチャン(神の家族)に復活したのです。聖書は見えない敵や罪悪に支配されている人は皆、神様のご計画や神の家族たちに非協力的になって つまずくクリスチャンライフに落ちぶれますが、このマルコのように素直さや良心を大切に生き、Jesus&Bibleのみことばと十字架の愛力を 悟れる人は皆、必ず、戻って来ると預言します。もし、神様のご計画やあなたの奉仕を裏切って去った非協力的な仲間がいたのなら、再び Jesusに祈り、ゆるして期待して待ってあげましょう。 あなたの関わる教会にも、マルコのように深く悔い改めて、神のご計画と使命を行える協力者(永遠に報われるクリスチャン)が回復して戻ってくることを 期待します。なぜなら聖書は、ユダのように裏切り倒れる人もいれば、ペテロやマルコのように深く悔い改めて、永遠に報われるクリスチャンに生まれ変われる人もいると預言するからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が マルコのように、神の国の使命と天に宝を積む奉仕活動を 大切にできるように悔い改めさせて下さい。 そうすれば 皆、永遠に必要が満たされ、何をしても報われ続ける幸福人生を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「