• sgbc-devotion

使徒の働き15:12〜14

2018年10月20日(土) ディボーション聖句 使徒の働き15:12〜14 12 すると、全会衆は沈黙してしまった。そして、バルナバとパウロが、彼らを通して神が異邦人の間で行われたしるしと不思議なわざについて話すのに、耳を傾けた。 13 ふたりが話し終えると、ヤコブがこう言った。「兄弟姉妹たち。私の言うことを聞いてください。 14 神が初めに、どのように異邦人を顧みて、その中から神の御名をもって呼ばれる民をお召しになったかは、シメオンが説明したとおりです。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 12節,使徒ペテロが神の御子Jesusの福音メッセージを 語り出すとユダヤ教徒と異邦人(未信徒)たちは全く言い返せずに、ただ沈黙してしまいました。彼らは、人生と死の意味や行き先への確信がなかったので、全く反論できなかったのです。 あなたは人生と死の意味やその行き先を 確信できていますか? または、人生と死の意味や行き先を しっかり説明できますか? なぜなら聖書は、Jesusの福音や真理を柱にした人生や生活習慣を築けなくては、死後の天国人生への確信は得られず、また、聖書を完読しようと神の教会で祈りつつ繋がっていかなければ、人生と死の意味や行き先を はっきり説明できないと預言するからです。聖書は、人生と死の意味や行き先の定まらない生命は虚しく、はかないと教え説きます。肝に銘じあいましょう。 第一コリントの手紙1:19~21『聖書で、父なる神様はこう書いているからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」優秀な知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵とご計画によるのです。』 また聖書は、どんなに優秀な知者や学者たちでさえも、神様が造られた聖書や教会生活を大切に暮らせなければ、創造主なる神様の存在の有無や神の創造のご意図や摂理を、はっきりと正確に論説できる者など一人もいないと、預言しています。神様が定められた聖書、教会生活なくして、人生の摂理や死を 消化できないと預言するのです。そして聖書は、その真実、真理とはすべてが創造主なる神様の知恵とご計画であったと教え説くのです。 あなたは不完全な学者たちや移ろいやすい社会常識を 信じ過ぎていませんか? 人は皆、どんなに優秀であろうが、不完全であり、死んでいなくなるだけの存在であり、神信仰なくしては、人生の意味と行き先や摂理、死さえも消化できないのです。肝にめいじあいましょう。 この時、神学に詳しく、保守的で宗教儀式や民族の伝統と社会常識を重んじて生きてきたユダヤ人のリーダーたちは、信仰を持っていない外国人や、素行や言葉遣いの悪い人たちが、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護(贖罪)を信じられれば、それだけで神様からの赦しを受けられ、永遠に救われるという福音を 受け入れられず、集まって会議をし始めました。Jesus信仰以外の世界的に歴史のあるユダヤ教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教の正式な教理には贖罪による救い'などあり得ないからです。Jesusの十字架力は神の唯一の実子(御子)であるために特別なのです。 第一サムエル16:7『主なる神は仰せられた。「人の容姿や、その人の言葉と行いだけを見てはならない。わたし・神は、人が見るようには見ないからだ。」人はうわべを見るが、主は人の心を見る。』 また聖書は...人は皆、社会的地位、財産、容姿、目に見える行いや言葉遣いなどを 見て、その人の価値を判断、差別しようとしますが、まことの神様はその人の罪性と意志の弱さも考慮しながら、個々の心の深みを探って、人生での罪悪や過ちを省みて 祈り悔い改め続けようとする良心、プラス思考、素直な信仰心による人間性をジャッジされると教え説きます。神は人間の本心やその良心を探られるお方なのです。 ですから聖書は、現在のあなたの生活習慣と人間関係のあり方がイマイチだとしても、決して、卑下し過ぎることはなく、今日から回心して、Jesusの十字架によるゆるしを祈り求め、本気で変われるように、真心から祈りつつ悔い改めようとする素直な気持ちや行動力が 重要だと教え説くのです。あなたの助け主である聖霊は、あなたの良心と反省心による信仰とそのみことばに強く働いて下さるのです。 あなたは日々のBible&Jesusのみことばを聞く時、本気で祈り悔い改めようとしていますか? それとも、Jesusに偽善者扱いされた律法学者とパリサイ派の人々のように、口先だけで悔い改める傾向がありませんか? なぜなら聖書は、今日から本気で悔い改めようとする人たちは皆、いつか、必ず 永遠に報われる幸福人生に必要な聖霊の奇跡と不思議を任されると約束するからです。 第一コリントの手紙13:1.4『たとい、私が天使の言葉で話せても、人を救う愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、人を救う愛がないなら、何の値うちもありません。』 12~14節,これらのみことばを確信していた使徒パウロ、バルナバ、ヤコブ、シメオンたち、ユダヤ人権力者たちと大会衆の罵声を受けていましたが、すべてのユダヤ人たちを救うために耐え忍び、迫害を恐れない完全な信仰心とJesusLoveだけを 働かせていたのです。彼らは、Jesusのみことばを完全に信頼しており、隣人を救おうとする愛を選択し続けたのです。 すると、使徒たちの愛に満ちたチームワーク(教会力)とBible&メッセージを 見聞きしていた大会衆は、ユダヤ人リーダーたちの権力と都合の良いだけの言葉よりも、Jesusの福音による聖霊力と永遠なる神の国の魅力に圧倒されて、沈黙するしかなかったのです。 このように聖書は...使徒パウロ、バルナバ、ヤコブ、シメオン達のように、教会の仲間たちが同じみことばでひとつになり、チームワーク良く、本気で人を救おうと証しし続けるのなら、父なる神様はあなたの教会に様々な奇跡を起こされると、約束してくれます。聖書は、Jesusの教会は神の国の権威と奇跡が任された、神の国の唯一の機関だと教え説くのです。 あなたは神のカラダなる教会と同じみことばと同じ使命で一致できていますか? それとも、孤立したり、一匹狼になってしまい、不可能を可能にできるJesusの教会力を 手放していませんか? もし、あなたに神の永続的な祝福と奇跡、願いごとの成就や死後の素晴らしい恩恵が必要ならば、よく吟味することが重要だからです。 マタイの福音書16:18~19 Jesusは約束した。『ではわたしもあなたに言います。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス(地獄)の門もそれには打ち勝てません。わたしは、教会に天の御国のかぎを上げます。何でも地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、地上で解くなら、それは天においても解かれています。』 あなたの教会に現れる、神様の圧倒的な勝利とJesusの起こした以上の感動的な奇跡に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開き、真心から、Jesusの教会で仲間たちと心ひとつに礼拝できるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、見えない敵や自らの罪性に打ち勝って、隣人を救う神の使命を果たしながら、永遠に報われる幸福人生に必要な神の圧倒的な奇跡や不思議を 引き出せるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「