• sgbc-devotion

使徒の働き14:1~3

2018年10月10日(水) ディボーション聖句 使徒の働き14:1~3 1 イコニオムでも、ふたりは連れ立ってユダヤ人の会堂に入り、話をすると、ユダヤ人もギリシヤ人も大ぜいの人々が信仰に入った。 2 しかし、信じようとしないユダヤ人たちは、異邦人たちをそそのかして、兄弟姉妹たちに対し悪意を抱かせた。 3 それでも、ふたりは長らく滞在し、主によって大胆に語った。主は、彼らの手にしるしと不思議なわざを行わせ、御恵みのみことばの証明をされた。 [聖句メッセージ] 本日から使徒の働きは14章に入ります。 1節『イコニオム』とは、古代ローマ帝国の属州・ガラテア地方の主要都市の一つ。 『ユダヤ人の会堂』とはユダヤ教の礼拝堂(シナゴーグ)のことです。 マタイ福音書22:37~39『イエスは言われた。「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」これが一番たいせつな戒めです。「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二に大切な戒めも、それと同じようにたいせつです。」』 第一ヨハネ4:16『私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛なのです。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。』 このように聖書は、たとえ、人が宗教に熱心であったとしても、父なる神のみことばと隣人の気持ちになって考えようとする愛と理解や、隣人に福音や真理を宣べ伝えて救おうとする隣人愛と勇気がなければ、神信仰は殆ど意味を持たないと、教え説きます。聖書は、あなたやあなたの周囲のクリスチャンが聖霊からの情熱とビジョンや説得力が現れていないのならば、以上のことを怠る悪循環に陥ってしまっていると預言するのです。あなた自身や周囲のクリスチャンがそのような悪循環から目を覚まして解放され、Jesusのような生きる情熱と使命感や奇跡を表せられるように、祈り続けることも重要なのです。この時の使徒パウロとバルナバも、Jesusから与えられた愛の使命を大切に生き続けた為に、段々とJesusのような情熱的な使命感や感動的な奇跡や永遠に称賛される幸福人生を刈り取れるようになれたのです。 聖書は、神のみことばを自分の心の中心に据え、隣人の未来や死後のことを 自分のことのように心配してあげて、神様になんとか助けてもらおうと祈りつつ、アクションを起こし続ける人々だけが永遠に報われる幸福人生やリバイバルを刈り取れると預言するのです。 あなたの信仰は、神のみことば(御心)や他人の未来や死後の滅び(地獄行き)軽んじる 自分本位で冷酷なご利益宗教に陥っていませんか? それとも、神の御心とみことばを大切にして、周囲の人々の未来の不幸や地獄行きを阻止する為に、日々、しっかり福音や真理を 祈りつつ語ろうと尽力していますか? なぜなら復活したJesusは、あなたに周囲のすべての人々に福音や真理を 宣べ伝えて洗礼を授け、神の教会を立てあげ続けるようにだけ言われてから、神の御国に戻られたからです。神の御子Jesusは、周囲に福音や真理を 語る使命こそが、最上の神愛、永遠に報われる最上級の隣人愛だと教え説いたのです。やるべきことにしっかり、目を向けあいましょう。そうすれば、あなたも永遠に報われる幸福人生は刈り取れるからです。 1〜3節, 使徒パウロとバルナバは、聖書から全人間が 創造主なる神様からのゆるしを受けられて、肉体の死後、地獄に行かずに、永遠の命を受けて「永遠なる天国」に行ける神の奥義、永遠なる摂理を 確信できた まことのクリスチャンでした。使徒パウロとバルナバは、この世界の人生は死後の永遠なる人生と比べれば、一瞬に過ぎず、この今の人生や肉体の命よりも、肉体の死後の人生や永遠のいのちの方が 大切だという神の奥義、永遠なる摂理を 聖霊から確信できていたのです。そして彼らは、この世界の人生だけでなく、魂の祖国である神の国での素晴らしい報いや永遠に報われる幸福人生をも夢見ながら、全ての人々を 絶対に救わなければならないという「神の国愛と隣人愛による愛第一主義」の使命感を持って、敵対者の多い「ユダヤ教礼拝堂イコニオム」でも、恐れ知らずに福音や真理であるみことばを語り続けられたのです。そして聖書は、その彼らの情熱的な愛と聖霊による使命感と信仰心を通じて、多勢のユダヤ人とギリシャ人達がJesusの十字架贖罪信仰を信じて救われることになり、彼ら二人は、今や世界史の伝説になるほどの神の圧倒的な奇跡や偉業を 成し遂げられたのです。 第一コリントの手紙13:7『ですから、すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。』 ヘブルの手紙10:36~37『あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。もうしばらくすれば、来るべきお方が来られる。おそくなることはない。』 聖書は...あなたの救い主Jesusは、神のみことばを堅く握りしめて忍耐し続け、この世の人生だけでなく神の国を 大切に夢見れる人たちを決して、裏切らないと約束してくれます。神の国とこの世界を大切に両立して生きるクリスチャンたちだけは、この世界で爆発的な勢いや何らかの神様からの影響力や説得力を任されると約束するのです。今までよりも、更にもう少しだけ、死んだら終わり的な虚しい人生でなく、死後の神の国を大切に夢見ながら、天に宝を積み続ける姿勢と生き様こそが 不可能を可能にできる まことの信仰や神の奇跡につながることになるのです。あなたも、神からの使命とビジョンや自分のしたいことをうまく両立できる まことのクリスチャンライフを築くようになり、周囲の人々に神の奇跡とリバイバルを表せる、永遠に報われる幸福人生になり変われると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして、神様と隣人の気持ちを 自分のことのように大切に考えられる信仰心と愛力や、周囲の人々の地獄行きを阻止して、天国に救い導こうとするJesusのような情熱ら使命感を 増し加えて、助け導いて下さい。 そうすれば 皆、様々な信仰による試練や雑音など気にしなくなり、Jesusのように、永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡や救霊の実を獲得し続けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「