• sgbc-devotion

使徒の働き13:42~44

2018年10月7日(日) ディボーション聖句 使徒の働き13:42~44 42 ふたりが会堂を出るとき,人々は次の安息日にも同じことについて話してくれるように頼んだ。 43 会堂の集会が終わってからも、多くのユダヤ人と神を敬う改宗者たちが、パウロとバルナバについて来たので、ふたりは彼らと話し合って、いつまでも神の恵みにとどまっているように勧めた。 44 次の安息日には、ほとんど町中の人が、神のことばを聞きに集まって来た。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 42節, この「ふたり」とはバルナバとパウロの二人の牧師たち。彼らはJesusのみことば通りに、ユダヤ教の礼拝堂に行って、人は皆、神のみことば通りには完全に生きられないので、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を信じて祈りつつ、みことば通りに悔い改め続けようと尽力し続ければ、ただ それだけで神の赦しを受けられて、永遠の幸福人生のチャンスが与えられるという福音を宣べ伝えていました。Jesusの十字架贖罪信仰を信じ 洗礼を受け、神の教会で礼拝奉仕や宣教活動に尽力さえし続ければ、人は皆、いつ死んでも地獄は免れて、永遠なる天国人生(神の国)に移れると言う福音メッセージを 語り続けたのでした。するとこの時、多くのユダヤ教徒達は、来週もユダヤ教の礼拝に来て、Bible&メッセージをするように頼んだのです。彼らは、地獄行きを免れて、永遠なる天国人生に進みたいと切に願ったのです。 あなたはバルナバやパウロたちのように、Jesusのみことばの命令通りに神の教会礼拝奉仕や福音宣教活動を 大切にして生活できていますか? なぜなら聖書は、永遠に滅びる地獄行きを免れて、永遠に報われる幸福人生や天国行きの救いを勝ち取るには、天に宝を積む教会礼拝奉仕や福音宣教活動は必要不可欠な愛の労だと教え説くからです。 あなたが神のみことば通りに福音宣教活動や天に宝を積む神の教会奉仕をしなければ、あなたの周囲の地獄行きを阻止することや、永遠に報われる幸福人生をプレゼントできる可能性が途絶えてしまうのです。傍観し続ければ、大切な人々を 永遠に見捨てることに成りかねません。目を覚ましあいましょう。 また新約聖書は福音宣教活動や教会礼拝奉仕の乏しい聖徒とユダヤ教徒や他宗教の人々は、何らかの罪悪感や罪責感の束縛や痛みを持っているので、死後の行き先への確信が乏しく、死を恐れる傾向があると教え説きます。あなたは如何ですか? 尚、千年以上の歴史ある五大宗教(キリスト教、仏教、ユダヤ教、イスラム教、ヒンドゥー教)の正当な教理を紐解くと『神の一方的な恵み』『贖罪』などの 救いを教え説いているのは、Jesus信仰だけになります。ですから聖書は、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による救いを 信じて救われた あなたは、本当に幸せ者だと教え説くのです。Jesus信仰だけは、信じる信徒たちを すべて救う可能性があるからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 ヨハネ福音書3:16~18『神は、実に、そのひとり子・イエスをお与えになったほどに、世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。御子イエスを信じる者はさばかれない。』 44~45節, また聖書は、あなたに何が起きても、また、どんな過ちを犯したとしても、あなたへの父なる神様の無限なる愛と不可能を可能にできる聖霊力を堅く信頼して、Jesusの十字架のみことばに従い続けようと祈り悔い改め続ければ、あなたにも永遠に報われるチャンスが任されると約束してくれます。Bible&Jesusのみことばに期待して 従い続けようとする人は皆、人生と死後の全ての問題に聖霊様が介入して下さるので、時が解決していくと約束するのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 第一ヨハネの手紙4:8『愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。』 第一ヨハネの手紙4:16~18『私たちは、私たちに対する神の愛を知り、また信じています。神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、神もその人のうちにおられます。このことによって、愛が私たちにおいても完全なものとなりました。それは私たちが、さばきの日にも大胆さを持つことができるためです。なぜなら、私たちもこの世にあって主イエスと同じように神の国の存在であるからです。愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。』 44節, そして聖書は...もし あなたがJesusのみことばの命令通りに、本気で周囲の人々を 永遠の裁きと地獄行きの滅びから救おうという 愛の使命(福音宣教活動と教会礼拝奉仕)さえ大切に生き続ければ、段々とあなたの内側の聖霊力と愛心が満たされていき、無知で臆病、怠惰な心は退けられ、あなたを通して、すべての大切な人々は数多く救われていくと、預言しています。あなたの内には、すでに神の愛と聖霊のスピリットが 住まわれているからです。あなたにできなくとも、あなたかJesusのみことばに従い続けようと祈りつつ、悔い改め続ければ、周囲の人々は地獄行きを免れるはずなのです。 マタイ福音書4:1『イエスは言われた。「わたしについて来なさい。あなたがたを、人間をすくい取る漁師にしよう。」』 このように聖書は...あらかじめ「神の子」とされた あなたは、周囲の人々を 永遠なる人生「天国(神の国)」に救い導くために選ばれたと、教え説きます。天国行きの内定を受けた あなたの生きる上で一番大切な使命は、周囲の人々にJesusの福音を宣べ伝えることであると教え説くのです。 あなたは、生きる上で、また死ぬ前までに一番大切やるべき福音宣教の愛の使命を 大切に祈り 、また尽力できていますか? なぜなら聖書は、人は皆、この神からの愛の使命を 真心から自覚して尽力し出した時、段々と生きる意味と揺るがぬ幸福感や天国行きの確信に満ちていき、結果、神様はそういう人々の願いと必要を 特別に満たして下さると、教え説くからです。神の使命を大切に生き続ける人たちは皆、不思議に、永遠にいく倍も報われるのです。 そして、あなたもこの神の使命を第一にする生活習慣にパラダイムシフトしていき、結果、永遠に、不思議に、すべての必要が満たされ続ける幸福人生になりかわっていくと期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たしてJesusのみことばに聞き従わさせ、神の深い愛と生きる使命を はっきり確信させて下さい。 そうすれば 皆、全ての友人と知人たちを地獄行きから天国に救い導くことができ、結果、永遠に報われる幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「