• sgbc-devotion

使徒の働き13:34~38

2018年10月5日(金) ディボーション聖句 使徒の働き13:34~38 34 神がイエスを死者の中からよみがえらせて、もはや朽ちることのない方とされたことについては、「わたしはダビデに約束した聖なる確かな祝福を、あなたがたに与える」というように言われていました。 35 ですから、ほかの所でこう言っておられます。「あなたは、あなたの聖者を朽ち果てるままにはしておかれない。」 36 ダビデは、その生きていた時代において神のみこころに仕えて後、死んで父祖たちの仲間に加えられ、ついに朽ち果てました。 37 しかし、神がよみがえらせた方は、朽ちることがありませんでした。 38 ですから、兄弟姉妹たち。あなたがたに罪の赦しが宣べられているのはこの方によるということを、よく知っておいてください。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 ヨハネ福音書6:46~47 主イエスは約束した『だれも父なる神を見た者はありません。ただ神から出た者、すなわち、このわたし・イエスだけが、父なる神を見たのです。ですから、まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は永遠のいのちを持ちます。』 34節, このように聖書は、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰による福音を信じて、聖書のみことばで悔い改め続ける者たちは、誰も差別なく、Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護による恵みゆえに、神様の永遠なる赦しを受けられて、肉体の死後に永遠に朽ちることのない神や天使たちに似た「永遠の霊的カラダ」が与えられ、神の国(天国)に移り住む事ができると約束してくれます。 聖書は、肉体の死後に与えられる、神様や天使たちと同じ性質の「新しい永遠の霊的カラダ」の天国人生を希望や楽しみにしながら、聖書のみことばを生き様にできれば、それだけで永遠に報われる幸福人生を取得できると約束しているのです。 また 聖書は、この世の人生よりも、肉体の死後での永遠なる天国人生の方が、無限に素晴らしいと教え説いており、肉体の死後の永遠に朽ちない新しい霊のカラダには、老い・痛み・苦しみが 全くないと教え説いています。この世界の人生は、実は天国人生の序幕に過ぎないと教え説くのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 34節,旧約聖書を読むと...昔 ダビデという人は神様のみことばに人生を賭けてまで忠実に生き続けた為に、結果、貧しい羊飼いから伝説的な王様にまで奇跡的に上り詰め、「神の王国の約束」までも手に入れたと書かれています。そして神様は、その公約通り、ダビデを偉大な預言者で、世界史に名を残せる名王とされてから、肉体の死後の天国でも称賛されていると、教え説くのです。聖書は、みことばを生き様にしようと祈りつつ、神の教会で天に宝を積む礼拝奉仕や福音宣教活動さえ大切に生き続ければ、ダビデ同様に、未来や死後の天国人生の両方で永遠に報われると約束するのです。 あなたは、神のみことばを何よりの糧として、真理を生き様にしようと祈りつつ、尽力できていますか? なぜなら聖書は、この条件が満たされなければ、未来や死後の天国人生の両面で偉大なる恩恵を勝ち取るのは皆無だと預言するからです。人生は今日からの未来や死後が最も重要なのです。肝に銘じ、目をさましあいましょう。 第一歴代誌17:11~ 父なる神は言われた。『ダビデ、あなたが肉体の人生が満了すると、あなたはあなたの信仰の先祖たちのもと「神の国」に行くようになる。そして、わたしは、あなたの息子やその代々の子息の中から、あなたの世継ぎの子を、あなたのあとに起こし、彼の王国を確立させる。彼はわたしのために一つの家を建て、わたしはその王座をとこしえまでも堅く立てる。わたしは彼にとって父となり、彼はわたしにとって子となる。わたしはわたしの恵みをあなたの先にいた者から取り去ったが、わたしの恵みをそのように、彼から取り去ることはない。わたしは、彼をわたしの家とわたしの王国の中に、とこしえまでも立たせる。彼の王座は、永遠に堅く立つ。」』 これらの聖書のみことばの約束は、最初、ダビデの先代の王様・サウル王に与えられるはずでしたが、サウル王は主のみことばの命令や神の使命をことごとく守らずに、自分のしたいことに走り過ぎた為、この最高な神の祝福と約束を獲得出来ませんでした。それどころか、サウル王は未来に屈辱的な過ちや虚しい死の結末を刈り取る羽目に陥ったのでした。そしてサウル王が受けるべき成功や名誉は、神のみことばの命令や使命に忠実だったダビデ王に渡ってしまったのです。 あなたは、サウル王のように神のみことばや神の使命よりも、日々の生活や人間関係に追われ過ぎたり、人生を自分のしたい予定ばかりに費やしてしまっていませんか? それとも、あなたはダビデ王のように、いつも神のみことばの命令や使命に忠実であり、ダビデ王のように神殿建設のような神の国の夢や清いビジョンなども、自分の仕事やしたいことと同じように大切にしながら暮らせていますか? なぜなら聖書は、サウル王のような人生では虚しい人生の結末が待っており、ダビデ王のような人生なら祈り以上の奇跡や永遠に報われる幸福人生が約束されていると、預言するからです。聖書は、もし、あなたに絶対的に叶えたい祈祷課題と永遠に報われたいビジョンや、大切に愛する人がいるのなら、サウル王のようではなく、ダビデ王のように、日々 与えられるみことばや、神の教会から語られる神の国のビジョンなどを軸にして、人生を築くことも重要だと教え説くからです。なぜなら聖書は、本気で、日々のみことばや神の使命にも人生を賭けられる者たちだけが、永遠に100倍以上報われる幸福人生を獲得できると、預言するからです。自分の予定と同じように、神のみことばからの命令や使命を大切に生きられるか どうかが、何よりも重要なポイントなのです。肝に銘じあいましょう。 イザヤ書55:9 神は言われる『天が地を高く超えているように、わたしの道はあなたたちの道を、わたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている。』 ルカ福音書1:37 主イエスは、言われました。『あなたの神にとって不可能なことは一つもありません。』 また聖書は、日々のみことばで生活習慣と人間関係を築こうと生きるなら、あなたの全ての願いごとと夢は、ことごとく不思議に叶うと預言してくれます。 あなたもダビデのように自分のしたいことや、やらなくてはならない仕事のように、神のみことばと神の使命を 大切にする人生になり変わり、永遠に何をしても報われる 成功的かつ幸福人生を獲得できりと期待します。神のみことばと神の国の使命を第一に生きようと尽力する人は皆、絶対的に報われるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、神のみことばの命令や神の使命を 自分のしたいことや、やらなくてはならない仕事と同様に大切に生き続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、何をしても、永遠に報われる成功的かつ幸福人生を勝ち取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「