• sgbc-devotion

使徒の働き13:16~18

2018年9月29日(土) ディボーション聖句 使徒の働き13:16~18 16 パウロが立ち上がり、みことばを語り出した。 17 この民イスラエルの神は、私たちの父祖たちを選び、民がエジプトの地に滞在していた間にこれを強大にし、御腕を高く上げて、彼らをその地から導き出してくださいました。 18 そして約四十年間、荒野で彼らを耐え忍ばれました。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 16節, この時 使徒パウロは、旧約聖書のみことばから歴史的事実を引用しながら、神の摂理についてメッセージを 語り出しました。 古代ローマ帝国の歴史家クルチュウス・ルーフスの言葉に「歴史は繰り返す」と言う 有名なことわざがあります。その意味は、過去に起こったことは、同じようにして、その後の時代にも同じように繰り返し起こるという意味です。これは、聖書のみことばの歴史的事実、神のみことばは繰り返し世界中に起こり続けるという神の摂理、天地万物の真理でもあるのです。 聖書は、全世界の国々や全人生に成就し続ける、神様の預言書。日々 聖書のみことばを蓄えながら、あなた自身やあなたに関わる物事にみことばを適用実践しようと祈り 黙想する時間を大切にし続ければ、永遠に報われる幸福人生に必要な神の摂理とご計画や 未来への預言、約束を悟れるのです。 17節, この時、使徒パウロは、以下のようなメッセージを語り出しました。 「昔の神の民たちは不信仰に陥った為に、結果、敵国であったエジプト王国の奴隷とされる試練や攻撃を受けてしまいました。しかし神様は人生と死の真理と使命を忘れて、もがき苦しむ神の子たちを哀れみ、一人の神の預言者を立てて、敵国エジプトに様々な自然災害や害虫被害などを引き起こして、神の民たちをエジプトの束縛と奴隷から奇跡的に助け導き、悔い改めるチャンスを与えられたのです。このように神信仰を 大切にして罪悪や過ちを悔い改め続ける人は皆、永遠なる自由、神様からの勝利をも獲得できるのです。」 このように使徒パウロは、歴史的事実のみことばを持ち出して、神信仰(神愛)を大切に生きるクリスチャンはみことばを聞いて悔い改め続ければ、永遠に神の奇跡的な助けを受けられると、教え説いたのです。 あなたの神様は、あなたが日々の生活での罪悪や過ちを省みようと主イエスの十字架贖罪信仰と教会にすがって、真心から悔い改めようと祈り続けるのなら、あなたの絶体絶命のピンチに特別な奇跡や助けを与えて助け導いて下さるお方。神信仰のみことばと 天に宝を積む教会奉仕やその使命を大切に生き続けるクリスチャンは、永遠に失望することがあり得ないと約束するのです。胸に書き記して下さい。あなたには永遠の希望のチャンスが与えられているからです。 18節, しかし聖書は...神の民たちが敵国から自由になる神の特別な助けと奇跡的勝利を受けられたのですが、敵の束縛と奴隷から自由に開放されると、神様に救われた恩義を忘れてしまって、それから約40年間、身勝手で不信仰な生活習慣に戻る人々が蔓延してしまったと教え説きます。しかし神様はそれを40年間も忍耐して、神の民たちが悔い改めるのを ひたすら、待って下さっていたと教え説くのです。 あなたは、神のみことばから人生と死の意味と真理をも教えられ、今は神の御子Jesusの十字架贖罪信仰ゆえに永遠なる神の赦しと天国行きの救いを 受けられたのに、それらの神様からの特権や恩義を忘れて、神の使命と義務である福音宣教や教会礼拝奉仕を怠る不義な生活に陥っていませんか? また あなたは神の教会礼拝奉仕はしていても、父なる神様の期待を裏切るような真理に背く、昔のような生活習慣や人間関係形成を 築いてしまっていませんか? なぜなら聖書は...あなたの父なる神様はあなたがみことばで目を覚まして 悔い改めることを 忍耐して待って下さっていると、教え説くからです。昔の神の民たちのように、真理に背く不義理な生活に陥り、結果、悲惨な破滅的人生を刈り取る二の舞、手遅れになる前に、日々のみことばから生活習慣や人間関係形成の改善や方向転換することが重要のです。みことばは、良いことも、辛いことも、すべて成就するので、目を覚ましあいましょう。 詩篇86:15『主よ。あなたは、あわれみ深く、 情け深い神。 怒るのにおそく、恵みとまことに富んでおられます。 』 しかし聖書は、今日、あなたの神様が あなたが真理を通して悔い改めることを忍耐して待って下さっていたことに気づいて、今から生活習慣や人間関係のあり方を 改善しようと祈りつつ尽力するのなら、あなたは未来に破滅せず、更なる神の後押しや必要な奇跡を刈り取れると約束するのです。日々のみことばを通して、幼子のように素直に悔い改め続けるクリスチャンたちには、永遠に尽きない希望、幸福人生が待っているのです。 マタイ福音書5:18 Jesusは預言された『しかし、まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の御言葉は、決して変わるることがありません。全部が成就されます。』 またBible&Jesusは、世界人類は どんなに文明が発達しようとも、所詮、人は皆、同じような弱さ、罪性、貪欲さを持っており、神様に反する同じような高慢や過ちに陥り、同じような破滅や失敗を繰り返すと、預言しています。これが 世界人類の真理であり、神の摂理なのです。 「神の摂理」とは 全宇宙の全ての生物や物事は、創造主なる神様の意図、ご計画、神のBibleの一定の真理と秩序の中で、完全に支配されて動いているという意味を持ちます。全ては偶然でなく、全ては神による必然なのです。 あなたも 聖書から天地万物、自然界、世界人類の神の摂理や、人生と死の意味と真理やその行き先を悟って、永遠に報われる幸福人生を獲得できると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、必要なみことばの真理と、みことばの歴史からは神の摂理、神のご性質やご計画を 正しく悟らせ、日々 正しく悔い改められるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、真の神の認める知者となり、永遠に悔いのない 幸福人生を築けるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.