• sgbc-devotion

使徒の働き13:5

2018年9月23日(日) ディボーション聖句 使徒の働き13:5 二人がサラミスに着くと、ユダヤ人の諸会堂で神のみことばを宣べ始めた。彼らはヨハネを助手として連れていた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 5節,『サラミス』とは、この当時に栄えた港町であり、キプロス島の第二の都市で、当時は文化・商業・教育の中心地でもありました。現在のヨーロッパのキプロス共和国に位置します。 このようにBibleは、あなたの神様は、様々な国の中心地から神の大きな奇跡や救いを 起こされる事が多いと教え説いており、将来、日本の首都 東京にもJesusの何らかの神のご計画(リバイバル)は起きると預言しているのです。 あなたはあの人や、この都市やこの国だけは大して変わらないとか、救われないとか、決めつけて過信しする傾向がありませんか? なぜなら聖書は同じ状態のままで人生を生き続ける人、変わらない都市、変わらない国などあり得ない、すべてが変化し続けると預言するからです。 5節,使徒バルナバとパウロの内なる聖霊は、この中心都市・サラミスから、キプロス全体にJesusの福音宣教活動をするようにと神様から示されたと、聖書は教え説いています。どこの都市も、どこの国も、最初はクリスチャンはゼロでした。それが今や世界中の洗礼者は23億人以上いるのです。あなたが、周囲の救いを祈りつつ福音宣教し続けなければ、救われない魂もあるのです。目を覚まして 祈りつつ、大切なすべての人々に福音宣教し続けて生きて下さい。それさえ、忍耐してし続ければ、あなたは永遠に安泰な人生を築けるからです。 また聖書は、Jesusを信じて証し伝道し続けようとする人達に働く聖霊力は、いつ、どこで、何をすべきか、黙想の祈りの時間さえ、大切に造り続けるのなら、具体的に語り掛けて下さり、あなたの幸福人生に必要な不思議なナビゲータ役をして下さると教え説きます。この聖霊からの不思議なみことばによるインスピレーションさえ しっかり摑み取れれば、人生は何をしても永遠に報われると預言するのです。 聖書は、今後、あなたが 物事を片寄って考えることを止めて、また、何事も決め付けずに感情をリセットして、神との黙想の祈りを大切に作り続けるのならば、あなたの内なる聖霊は、あなたのインスピレーションに、具体的な神のみことばとインスピレーションを語って祝福して導いて下さると、教え説くのです。永遠に報われる幸福人生に必要な神のみことばや聖霊からのインスピレーションを掴み取るのに重要なのは、何事も決めつけて判断し過ぎない柔和な信仰心と、神様との黙想の祈りを大切に生き続けることなのです。(人生を 神様に委ねきり、忍耐して 祈り求め続ける信仰心。) マタイ福音書28:19 Jesusは、全ての人達にみことばの遺言を残しました。『神を知ったあなたがたは行って、あらゆる国の人々に福音を語り、神の民としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によって洗礼を授けてあげなさい』 また聖書は...神をよく知らない無知な人の人生は、世の中と家庭が平和で、個々の健康、仕事が守られて衣食住が備わり、愛し合える人がいて、大した問題がなければ、幸福だと思いがちだと、教え説きます。 あなたの幸福感、幸福の定義は 如何ですか? しかしBibleは、これらの物事は、全て、やがて失うものばかりであり、あまり執着し過ぎない方が 人生と死の幸福人生に繋がると、教え説いています。人生は, 実に奥が深いのです。 聖書は、以上に書かれた幸福は、実は人生のほんの一部の恵みに過ぎず、あなたの永遠に報われる幸福人生を決める判断基準とは言えないと、教え説いています。その程度の幸福感では、人は皆、やがて死を迎える為、悲しい現実を 刈り取る羽目になると、忠告するのです。聖書は、人生で 何よりも大切なのは、天地万物と全人生と死を 統べ治める神の存在を知ることであり、いつも人生と死の意味や真理を しっかり見極めながら、人生の未来と死後の永遠なる幸福人生のために、何をすべきか、どうすれば、永遠に報われるかを考えて、祈り委ねながら生きることが重要だと、教え説くのです。この肉体の目に見える物事ばかりに支配され過ぎずに、死後の永遠なる天国人生も視野に置ける自由感と使命感を 大切に生き抜くことが、あなたらしい悔いなき人生を 全うする為に必要不可欠だと教え説くのです。 あなたは、なぜ生まれており、また、何のために生きており、何をすれば幸福になり、また、どこに行こうと一生懸命に生き、何をすべきで、また死んだら どうなるのか、はっきり分かって生きています? なぜなら聖書は、これらの人生と死の意味とその答えを獲得できなければ、人生は空の空になり下がると預言するからです。しかし聖書は、それら全ての正解が書かれている、人生と死の真理の書。日々 祈りつつ、熱心に神のみことばを探し続ければ、それらの答えを獲得できるのです。 また聖書は、人は皆、どのように人生を考え、また、どのような人生を生きてきたのか。そして、本当の自分らしく 正しく生きてこれたのか。肉体の死後、神様の御元に連れて行かれて、それぞれの人生について 永遠のジャッジが下されると、預言します。Bibleは、肉体の人生は、どんなに長くとも、約120年程度ですが、その後の新しい肉体の人生は永遠であり、この世界の人生とは比べものにならないくらいに重要だと、教え説いています。信じるか、信じられないかは、あなた次第です。しかし、今や 聖書のみことばは世界一権威があり、唯一、世界中の言語で訳された 世界一説得力のある、人生と死の真理の書物と言われています。どちらが正解かは答えがはっきり出てるのです。目を覚ましあいましょう。 ローマ書10:11『主イエスに信頼する者は、決して失望させられることがない。』 また聖書は...もし あなたが神のみことばを 第一にする人生設計に、今日からパラダイムシフトし続けるのならば、あなたは、この世とは全く比べようもなく 遥かに素晴らしい、死後の行く先「天国行き」を確信する恵みが与えられると、約束します。天国生きの確信ができる人生観や聖霊力さえ 獲得できれば、もう目先の痛み、苦しみ、不安や死の恐れに縛られる必要はなくなり、永遠に報われる幸福人生を確信できると、教え説くのです。 そして、あなたも神のみことばを第一にする生活設計にパラダイムシフトしていき、近い将来に死後の天国行きの確信を得て、永遠に報われる 悔いなき幸福人生を勝ち取れる、まことのクリスチャンになり変われると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、神のみことばを第一にする生活設計にパラダイムシフトできるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、死後の天国人生の確信を勝ち取る恵みを受けられ、永遠に報われる、悔いなき幸福人生を生き続けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「