• sgbc-devotion

使徒の働き12:20~25

2018年9月20日(木) ディボーション聖句 使徒の働き12:20~25 20 さて、ヘロデはツロとシドンの人々に対して強い敵意を抱いていた。そこで彼らはみなでそろって彼をたずね、王の侍従ブラストに取り入って和解を求めた。その地方は王の国から食糧を得ていたからである。 21 定められた日に、ヘロデは王服を着けて、王座に着き、彼らに向かって演説を始めた。 22 そこで民衆は、「神の声だ。人間の声ではない」と叫び続けた。 23 するとたちまち、主の使いがヘロデを打った。ヘロデが神に栄光を帰さなかったからである。彼は虫にかまれて息が絶えた。 24 主のみことばは、ますます盛んになり、広まって行った。 25 任務を果たしたバルナバとサウロは、マルコと呼ばれるヨハネを連れて、エルサレムから帰って来た。 [聖句メッセージ] 本日で、使徒の働き12章は終わりです。 ローマ帝国ユダヤ地区の王へロデ・アンテパスは、国民たちの影響力と人気を集めていた使徒ヤコブを 暗殺した直後、無実の牧師ペテロまで投獄して、教会の福音宣教する聖なる勢いと神のみことばを くい止めようとしてしまいました。その結果、彼は神様を敵に回す羽目になって、毒虫に噛まれて即死したのです。そして、使徒パウロとその教会は神の圧倒的な聖霊力を増し加えることになるのです。 あなたは、ヘロデ王のように、神の教会の福音宣教、リバイバルを起こす働きに非協力的であったり、邪魔することがありませんか? 神の教会の使命や福音宣教しようとする聖なる勢いを非協力的で妨げる人は皆、神様からの怒りや叱責を刈り取るからです。人生はいつか終わり、神の御元に連れて行かれることになるでしょう。目を覚まして 聖なる勢いに協力すべきなのです。 また聖書は、この世の多くの権力者達は、国政、組織や自己益のために従順な庶民を利用して、騙したり、平気で人を切り捨てることさえあると、忠告します。しかし、あなたの救い主Jesusは神のみことばや教会礼拝奉仕を大切に生き続ける神の子たちを 決して見捨てないお方だと、教え説くのです。 あなたはあなたの上司、権力者、有識者たちが あらたに絶対に報いて、助けてくれると過信することはありませんか? なぜなら聖書は、神様とそのみことば以外の人々や物事に頼り過ぎても、それらは移ろい変わりやすく、神様とそのみことば以外は、誰もあなたを完全には助けられないと、現実と真理を教え説いているからです。人や物事にはあなたの期待を裏切る性質が多々備わっています。目を覚ましあいましょう。 創世記28:15 創造主なる神様は言われた。『見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻す。そして、わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。』 このように聖書は、人は皆、誰でも期待を裏切る罪性がありますが、あなたの神様は、あなたに与えた聖書のみことばの約束と預言を果たすまで、そして、あなたを永遠の国・天国に連れて行くその日まで、あなたを 決して、見捨てないと、約束してくれます。聖書のみことばの内容は永遠に変わらず、あなたが 日々のみことばを信じて従い続ければ、それがそのまま神様との約束と契約を結ぶことになると、教え説くのです。あなたに与えられる絶対に果たされる、神様との約束と祝福契約のみことばに期待します。神の教会礼拝奉仕とみことばの使命を大切に生き続ければ、聖書の約束と預言はあなたなた成就し続けるからです。 20節,『ツロとシドン』とは、現在の中東の国・レバノン王国にあったフェニキア人の都市。現在の都市名は「ツロ」→「ティルス」、「シドン」→「サイダ」になります。 尚、ツロとシドンは、紀元前(Jesusの生前)までは、強大な都市国家として地中海に覇権を持っていましたが、隣国マケドニアなどの攻撃により 徐々に弱体化して、Jesusが生まれた時代以降、しばらくの間、ローマ帝国支配下の地方都市になり下がっていたのです。 そして、ヘロデ王の片寄った悪政により、ツロとシドンの人々は貧困に苦しんでいた為、ヘロデ王はこの地域では不人気だったのです。その為、何よりも人気を気にしていたヘロデ王は、この地域の人々に敵意を 抱いて、差別していたのでした。 聖書は、この世の多くの人々は、必要以上に人気や評判を気にしすぎて、周囲に偽善の姿を 見せて演じていると、教え説きます。 あなたは、人の面前と家庭や孤独で過ごす時に、二面性、三面性がありませんか? なぜなら聖書で、あなたの神様は教会内外で言うことや、やることが違っていたり、人を見て態度をかえる二面性を持つ人々を忌み嫌われると教え説くからです。人の人気や評判よりも、神の目を恐れて生きる方が 永遠に総合的に報われると預言するのです。 ルカ福音書12:4『そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。』 また聖書は、神の御子Jesusは みことばを信じて祈りアクションし続ける クリスチャンを、神の友に昇格させてくれると、約束してくれます。そして聖書は、「神の友」としての扱いさえ受けられれば、あなたは見えない敵を退けたり、必要以上に人目や人気取りの為に 偽善を演じなくとも、ある程度の高評価と一目置かれるほどの尊敬さえ勝ち取れると、約束するのです。聖書は みことばを信じて 祈り従う人たちは、いつの日か、神様や世間からも認められるので、その方が あなたらしい真実の幸福人生を築けると、教え説いているのです。神様の目よりも、人様の目や評判ばかり気にする、虚しい偽善に満ちた、偽りの人生と決別しましょう。 イザヤ書52:13『見よ。わたしのしもべは栄える。彼らは高められ、上げられ、非常に高くなる。』 そして聖書は、何よりも、誰よりも神のみことばを 信頼して生きていけば、人目を恐れなくとも、また 偽善を演じなくとも、その結果として、永遠に報われる成功的かつ幸福人生は勝ち取れると、約束しています。Bible&メッセージから神の知恵と聖霊力を 受けているあなたは、神様以外は、誰も必要以上に恐れて気にする必要はないと、教え説いているのです。 あなたは人目や評価を恐れるあまり、真のあなたらしさと真の自由を 見失っていませんか? もし、あなたに永遠なる神の祝福と幸福感や自由感が必要ならば、これらの点を よく、吟味することが重要なのです。 20~21節, そしてヘロデ王は、自らの人気と政治的利益欲しさだけで、貧しいツロとシドンの市民達に食料を援助する政策を 取ろうとしました。ヘロデ王は、純銀製の銀ピカの王服をまとって、援助したツロとシドンの市民達に 偽善の愛を語り、綺麗事の大演説をブチまけたのです。そして、彼は「私こそが 貧しいツロとシドンの救世主である!」と、演説したのです。 あなたは周囲の人々に、自分の人気取りや自己益の為に、平気で嘘、偽りの綺麗事を語ることがありませんか? 聖書は、嘘、偽りの綺麗事を語り続ける人たちは皆、いつの日か、神様を敵に回して破滅すると忠告しています。そして聖書は、福音宣教や真理を証しして生きることは、時に周囲の誤解も体験しますが、永遠に報われる幸福人生には必要不可欠だと、教え説くのです。神様よりも人様の目を気にしたり、人気取りや評判を気にし過ぎる、人間の奴隷的な生き方、人目にがんじがらめにされる 偽りの自由を生きないように、心とくちびる(ことば)を大切に守って下さい。まさに、くちびるは災いのもとになるのです。 22節, そして、ヘロデ王の演説に会衆は騙されてしまい、感動して 大声をあげました。「あなたは、まるで 神様だ!なんて、素晴らしい救世主だ!ブラボー!」 23節,すると、その直後...神様から送られた天使が 猛毒の虫を ヘロデ王に噛ませ、彼は大観衆の前で即死したのです。 創世記12:3 神はあなたに約束された。『主を信じるあなたを祝福する者を、わたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。』 このように聖書は...ヘロデ王は、自らの人気と政治的利益の為だけに、聖霊に満ちた牧師のヤコブを殺したり、無実な使徒ペテロをも迫害して逮捕したので、その神の教会に敵対視した偽善と罪悪の刈り取りを 神様に強いられたと、教え説きます。あなたの神様は、いつか必ず、神の教会の敵対者に報復されるのです。 マタイ福音書12:32 主イエスは言った『しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、この世であろうと次に来る世であろうと、赦されません。』 また聖書は、人は皆、ヘロデ王のように聖霊の清さとは程遠いくせに、自らを「救世主」「神」のように傲慢に振舞えば、結果、神様を敵に回すと注意しています。神礼拝を拒み続けて、神様を敵に回せば、人生の致命傷、永遠の命取りともなると 忠告するのです。しかし神の御子Jesusの十字架贖罪信仰とそのみことばで、悔い改め続ければ、永遠なる神の赦し、永遠に報われる幸福人生が約束されているのです。 24~25節,こうして真の神様と、クリスチャンの敵対者であったへロデ王は亡くなり、再び、教会の牧師と仲間たちは、自由に、主の働きに精を出すことが 出来ました。 世界史を紐解いても、ヘロデ王のような無知で高慢な権力者達が 数多く存在してきましたが、誰も、神の御子Jesusの十字架力と教会力(福音宣教の使命)を くい止めることは出来なかったのです。 ローマ書8:31『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』 聖書は、Jesusの十字架信仰のみことば、神の教会の使命とビジョンを 堅く握り締めている神の民に成長していけば、あなたを永遠に負かせる敵など出てこないと、預言します。使徒ペテロや初代教会の仲間たちのように福音宣教の使命と教会のビジョンを 大切に生き続ければ、あなたの神様はあなたを永遠なる勝利者にして下さると約束しているのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、人様の目や評判よりも、神様とそのみことばを恐れさせ、神のみことばの使命と教会からの清いビジョンを大切に生き続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、永遠に報われる 勝利的かつ幸福人生を 刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「