• sgbc-devotion

使徒の働き12:1~2

2018年9月14日(金) ディボーション聖句 使徒の働き12:1~2 1 そのころ、ヘロデ王は、教会の中のある人々を苦しめようとして、その手を伸ばし、 2 ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。 [聖句メッセージ] 本日から使徒の働きは12章です。 1節『ヘロデ王』とは, イエスキリストが 生まれた当時のユダヤ王国・ヘロデ大王の孫であり、西暦37年~44年まで在位したユダヤの王「ヘロデ・アグリッパ1世」になります。当時の彼はローマ帝国支配下のユダヤ、サマリア、イドマヤ地域の領土の統治を任された王様でした。 尚、このヘロデ・アグリッパ1世は、当時、この地域の権力者達を多く輩出していたユダヤ教パリサイ派の人々から政治献金や賄賂を受け取って、政治を進めていました。 この『パリサイ派』とは当時のユダヤ教の主流派で有力者が多く、教理的にはユダヤ教の律法を守らない不信仰な人々や、人の家柄などを見て差別をしたり、異教徒とはあまり深く付き合わずに分離した考え方や生活習慣をしていた人々になります。 1節, この『ユダヤ教パリサイ派』の人々は、ユダヤ教存続を脅かす勢いがあった、キリスト教会やクリスチャンたちをねたんで邪魔だと感じていた為、当時の王様『ヘロデ王』に、キリスト教会の牧師、霊的リーダー達を迫害する政策を 勧めるように裏で賄賂など動かして頼んでいたのです。このように聖書は、神の教会やクリスチャンは、いつの時代もお金と快楽や権力の奴隷の人生を歩んでいる人々からは嫉妬されたり、敬遠され、迫害されると預言します。 2節, 『ヨハネの兄弟ヤコブ』とは、Jesusが直接、使徒にスカウトした,12使徒の中のゼベダイの子・ヨハネとヤコブの実兄弟。彼らは Jesusに会う前までは、ガリラヤ湖の普通の漁師でした。このように聖書は、あなたが 神の働き(聖職者)や教会奉仕をするのに、前職や昨日までの生き方、性格などは全く 関係がないと教え説きます。 あなたは神の教会で天に宝を積める恵みの奉仕をしたりなどして、未来や肉体の死後に備えられていますか? もし、天に宝を積んでいないなら、そのままで、未来での神の恩恵や死後の偉大なる恩恵を刈り取れると過信していませんか? なぜなら聖書は、天に宝を積まずして神様からの幸運な恩恵や死後の偉大なる恩恵はなし得ず、虚しい死の刈り取りを強いられると預言するからです。神のみことばや教会の仲間たちから勧められる奉仕の誘いに素直に聞き従う人に、あなたの神様は、未来や死後に必要な聖霊力と大きな報いを下さるお方。いつか手放して終えるしかい人生の仕事や付き合いばかりに振り回され過ぎたり、あれこれ考えて迷わずに、出来る限り、天に宝を積む教会奉仕などをしたりして、天国に宝を積む方が賢くて報われる人生と死を刈り取れるのです。死んでからでは天に宝を積めません。目をさましあいましょう。 2節,Bibleの命令通りに、ありとあらゆる所で奉仕したり、Jesusのお名前を宣べ伝えることで、様々な神の奇跡を引き出せていた『使徒ヤコブ』は、宣教中に『ヘロデ王』とパリサイ派の権力者たちから嫉妬されて捕らえられて、殉教しました。 尚 このヤコブは、今やカトリック教会では「聖人」扱いされており、また プロテスタント教会では世界人類の救いのために伝説的な働きをしたクリスチャンの偉人の一人として、数えられているのです。聖書は、人は皆、誰でも死を迎えますが、生き様だけでなく、死に様も重要だと教え説くのです。そして聖書は、ただ仕方なく死んで人生より、使徒ヤコブたちのように世界人類の救霊の為に人生を費やして殉教する偉大な使命に基づく生死の方が、永遠に報われ、神の国の英雄してカウントされると教え説くのです。肝にめいじあいましょう。 イザヤ書52:13 神の御告げ。『見よ。わたしのしもべは栄える。彼らは高められ、上げられ、非常に高くされる。』 また聖書は、まことの『神のしもべ(クリスチャン)」とは 形式的な信仰を嫌い、Bibleの命令に忠実な人々を指すと教えます。何事も中途半端では立ちいきませんが、Jesus信仰社も、神のみことばや礼拝生活において中途半端では大した神の恵みや死後の偉大なる恩恵も期待できないと預言するのです。 あなたは中途半端な形式的な信仰ではなく、Bibleのみことばや神の教会を大切にする まことのクリスチャンですか? なぜなら聖書は...BibleのみことばとJesusの教会に忠実なクリスチャンは、何をしても神様に祝福されるようになり、将来的には感動的な奇跡や死後の偉大な恩恵と称賛も刈り取れると約束するからです。Jesus信仰者は中途半端な形式的な信仰では、大きな変化、神の奇跡や天国行きの確信さえ望めないのです。目をさましあいましょう。 しかし、あなたは将来と肉体の死後の天国人生の為に、しっかり悔い改めて、神のみことばやJesusの教会の働きに忠実になり、永遠に報われる幸福人生を勝ち取れると期待します。Jesusを信じた あなたの内なる聖霊は、あなたの中途半端な形式的な信仰心を 焼き尽くして下さる情熱的な神の御霊だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、要らない計算高さ、恐れ、迷いや中途半端で形式的な宗教心を 焼き尽くして下さい。 そうすれば 皆、神様から認められるようになって、信じられない程の神の感動的な奇跡や数多くの救霊者も獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「