• sgbc-devotion

使徒の働き11:26~30

2018年9月13日(木) ディボーション聖句 使徒の働き11:26~30 26 まる一年の間、彼らは教会に集まり、大ぜいの人たちに聖書を教えた。弟子たちはアンテオケで初めて,キリスト者(クリスチャン)と呼ばれるようになっていた。 27 そのころ、神の預言者たちがエルサレムからアンテオケに下って来た。 28 その中のひとりでアガボという人が立って、世界中に大ききんが起こると御霊によって預言したが、それがクラウデオの治世に起こった。 29 そこで、弟子たちは、それぞれの力に応じて、ユダヤに住んでいる兄弟姉妹たちに救援の物を送ることに決めた。 30 彼らはそれを実行して、バルナバとサウロの手によって長老たちに送った。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 使徒の働き2:42~47『教会にいる仲間たちは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって多くの不思議としるしが行われた。信者となった者たちはみないっしょにいて、いっさいの物を共有にしていた。そして、資産や持ち物を売っては、それぞれの必要に応じて、みなに分配していた。そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。』 26節, 世界初のユダヤ人以外の外国人(異邦人)教会である アンテオケ教会は、バルナバ牧師と新米伝道師パウロ(サウロ)が中心となり、毎日、毎晩のように皆でBibleStudyをしながら本音で証ししあって分かち合い、共に礼拝しながら生活をしていました。聖書は、これが神の感動的な奇跡に満ちた幸福人生や周囲を救霊する聖霊力と説得力を生み出せる、まことの教会のかたちだと教え説きます。 あなたの教会生活やクリスチャンライフは、以上に書かれた まことの神の教会形成や神の奇跡を呼び込むクリスチャンライフから外れてしまっていませんか? なぜなら聖書は、アンテオケ教会の仲間たちのように、まるで家族か戦友たちのような生活を営み、何よりも神様とその教会を大切に愛し、隣人を天国に救い導こう暮らし合えなければ、永遠に報われるクリスチャンライフは皆無だと、預言するからです。神の祝福に満ちたJesusの教会やクリスチャンライフは週一回程度の礼拝、ご利益宗教関係では成り立たないのです。目をさましあいましょう。 あなたは教会のJesusFamilyたちとまことの神の家族関係、クリスチャンライフを 築こうと祈り尽力できていますか? また、あなたのクリスチャンライフは、初代教会のクリスチャンたちのように、神の奇跡と周囲を救霊できる程の聖霊力や説得力を生み出せていますか? なぜなら聖書は、もし、あなたに神の必要な奇跡や聖霊力と説得力が備わっていないのなら、初代教会のみことばからJesusFamily関係と生活習慣をパラダイムシフトするしかないと、忠告するからです。また聖書は、まことの教会生活や満ち足りたクリスチャンライフから外れたご利益宗教者や無宗教者は、虚しく悲しい死の別れや結末を刈り取ると預言するのです。目をさまして祈りつつ、回心しあいましょう。 尚、聖書で、このアンテオケ教会の神の家族関係は、Jesusの愛とみことばを 第一にして交わり続けた為に、結果、本物の神のカラダなる教会形成や奇跡を刈り取れていたと、教え説きます。そのために、周囲のギリシャ人たちや外国人たちはアンテオケ教会の人々を『キリスト者(クリスチャン)』と呼ぶようになり、クリスチャンという言葉が 世界中に拡散していったのです。 26節, 『キリスト者(弟子)』とは英語の「クリスチャン(Christian)」という意味を指します。この英語の「クリスチャン」の語源は、ギリシャ語の「クリストス(Χριστός)」から来ており、このアンテオケ地区のギリシャ人の未信者達が教会のJesusFamilyたちに名付けたのが由来なのです。 27節,この 『預言者』とは、Bibleのみことばから、神のご意志とご計画を解き明かせる聖職者のことで、あらゆる物事を聖書からの預言と約束や忠告を解き明かせる、神様からの特別な才能を与えられた聖職者たちを意味します。神の教会にはこの預言の才能に恵まれた聖職者もいると、教え説くのです。 エペソの手紙4:11『こうして、主イエスキリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を教師として、お立てになっているのです。』 このように聖書は...あなたの神様は、わざわざ世界中に教会制度を造り、様々な聖職者が語るみことばの預言メッセージや祈りを通して、あなたへの神の御心とご計画やビジョンを成就させようと働きかけていると、教え説きます。聖書は、あなたにも神の教会から語られるみことばや祈りを通して、あなたへの神様からの御心とご計画やビジョンを探し出せると教え説くのです。 また聖書は、もしかすると あなたにも神に選ばれし聖職者や預言者の資質があるかもしれないと教え説きます。もし、その可能性が 少しでもあると思うのなら、あなたの関わる教会の聖職者に相談するも大切です。神様からの預言力を任された聖職者の預言メッセージや祈祷力は、永遠に報われる幸福人生の道を探しだせる、神の奥義なのです。 あなたの関わる教会の預言的メッセージから、あなたの人生を永遠に報われる幸福人生に造り変えられる神様からの御心やビジョンが与えられることを期待します。 神のみことばに従順素直な人々には与えられるものだからです。 28節, この預言者『アガボ』は、Bibleのみことばの黙想の最中、世界で起こる大飢饉の予知預言を 聖書のみことばと内なる聖霊から与えられました。そして、その預言通りの大飢饉がやってきたのです。 この『クラウデオ』とは、当時のローマ皇帝の名前。ローマ皇帝・クラウデオは、ローマ帝国からユダヤ人を差別して排斥しようとした、悪名高き皇帝でした。彼は、ローマ帝国から神の選民ユダヤ人男性をすべて追い出し、ユダヤ人女性たちだけを ローマに残すという、愚かな政策を取った 悪に満ちた人物になります。この政策後、ローマ帝国は神の怒りを刈り取ることになり、大飢饉の災難を迎えたのでした。聖書は、神のみことばと従順なしもべたちを 軽視する国、民は皆、いつか必ず、災いを招くと預言するのです。 そして聖書は、日々のみことばで生活習慣と人間関係を築いている あなたを裏切り、あなたを傷付ける人達は皆、神の懲らしめを受けると預言します。あなたは Jesusの十字架贖罪信仰と天に宝を積む礼拝奉仕生活ゆえに、大変な特別待遇を受けられているのです。その特権を 真心から父なる神様に感謝する事を 忘れずに生きることも重要なのです。 使徒の働き2:18 神の御告げ。『その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言をする。』 29~30節,そして聖書は..神の教会から語られるBibleのみことば求め、探し、天の扉を叩くほどに祈り求め続ける者たちに、あなたの内なる聖霊は、あなたの幸福人生に必要な預言を与えて下さると約束してくれます。神の教会から語られるBible&メッセージを 求めて蓄え祈り続ける者たちは皆、与えられるのです。 そして、この時 アンテオケ教会のバルナバ牧師と伝道者サウロの助け手として、新たに派遣されたアガポ牧師のみことばによる預言のおかげで、教会のクリスチャンたちは大飢饉への備えが 万全になった為、アンテオケ教会の仲間たちは大飢饉の最中にあっても、近隣都市の仲間達に救援物資を 送る事も出来ていたのです。神の教会から語られる預言的メッセージを聞いて、祈り備えるクリスチャンには必要以上の災いや飢饉は降りかからないのです。 マタイ福音書6:33『だから、神の国とその義とを まず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたに必要なものは、全て与えられます。』 そして聖書は...もし あなたが、毎日のように神様を愛し信頼することで、教会から語られるBible&メッセージをスポンジのように受け入れていくのなら、あなたにも適材適所の助け手や神の預言が与えられ、不思議に全ての必要も満たされると約束してくれます。ただ、神のみことばとその教会力を 堅く信じる者は皆、いく倍も報われるのです。近い将来、あなたへの神様の御心やビジョンを叶えるために必要な絶対的な預言が与えられると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆と皆の関わる教会を 聖霊とJesus Loveで満たし、初代教会の仲間達のようなまことの教会を立てあげられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、ご利益宗教の悪循環から開放されていき、本物の神のカラダなる教会に成長していって、数多くの人々を天国に救い導き、信じられないほど数多くの神の奇跡や祈り以上の応答を引き出せるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.