• sgbc-devotion

使徒の働き10:39~43

2018年9月3日(月) ディボーション聖句 使徒の働き10:39~43 39 私たちは、イエスがユダヤ人の地とエルサレムとで行われたすべてのことの証人です。人々はこの方を木にかけて殺しました。 40 しかし、神はこのイエスを三日目によみがえらせ、現れさせてくださいました。 41 しかし、それはすべての人々にではなく、神によって前もって選ばれた証人である私たちにです。私たちは、イエスが死者の中からよみがえられて後、ごいっしょに食事をしました。 42 イエスは私たちに命じて、このイエスこそ生きている者と死んだ者とのさばき主として、神によって定められた方であることを人々に宣べ伝え、そのあかしをするように、言われたのです。 43 イエスについては、預言者たちもみな、この方を信じる者はだれでも、その名によって罪の赦しが受けられる、とあかししています。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 ルカ福音書24:44~47『死後、復活したイエスは使徒達に言われた「わたしがまだ、あなたがたと一緒にいた頃に、あなたがたに話したみことば(新約聖書)と、旧約聖書に書いてあるみことは、必ず、全部成就するということです。そこで、主イエスは弟子たちに聖書を悟らせるために、彼らの心を開いて、こう言われた。「それは、次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、イエスの名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。あなたがたは、これらのことの証人に選ばれました。さあ、わたしは、わたしの父なる神様の約束してくださった、助け主・聖霊を あなたがたに送ります」』 第二テモテの手紙4:2『みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また、証しして、勧めなさい。』 39~40節,, この時、使徒ペテロはローマ帝国軍の幹部・コルネリオに招かれ、コルネリオの家族、親友や部下たちと初対面でしたが、全く動じずに、ただ 聖書の福音と真理を証し伝えたのでした。このように聖書は、永遠なる天国人生獲得できたあなたは 出会う人々に福音や真理を 証し伝える使命が与えられていると教え説きます。 あなたは出会う人々に福音や真理を証し伝えていますか? なぜなら聖書は、人は皆、何をしてもいい自由が任されていますが、天国行きの内定を受けられたあなたには、天国行きの福音と人生と死の真理だけは全員に証し伝える使命、責任があると教え説くからです。この最低限の使命と責任だけは果たすべきなのです。肝にめいじあいましょう。 41節『神によって前もって選ばれた証人である私たちにです。』 このようにBibleは、Jesusの十字架贖罪信仰による救いを受けられた あなたは、実は、偶然ではなく、あらかじめ、父なる神様が選ばれていた人だと、教え説きます。聖書は、あなたがJesusを信じて「永遠なる神の子」として 天国行きの救いを受けられた恵みは 全くの偶然ではなく、また あなたの家族と友人たちの伝道の影響だけでもなく、全ては神の必然的な選びであり、神のご計画だったと教え説くのです。 あなたは、天地万物の創造主なる神様に周囲に福音と真理を証し伝える為に選ばれた特別な人であることに気づいていますか? この神の選びと福音宣教の使命と責任を自覚する者たちだけが、神の偉大なる報いや永遠なる幸福人生を任されるからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 42~43節,また聖書は、永遠なる「神の子」とされた 現在のあなたは、お金、仕事、関わる組織と人間関係、自らの欲望と感情だけに支配されて、ただ 生活に追われる為に生きているのではなく、新たに、① Jesus Love(真の愛) ② Bible(人生と死の意味と真理) ③ Hope(神の永遠なる助けと尽きぬ希望) ④ Heaven(死後の救い・天国の行き方)を 教え伝える使命のためにも、父なる神様に生かされていると、教え説きます。 あなたは、これら四つの神様からの新しい使命と責任を 大切に果たそうとしていますか? なぜならBibleは、これら4つの使命こそが あなたの願い通りの永遠なる幸福人生を引き出すために必要不可欠な、何よりも大切な使命だと教え説くからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 第一コリントの手紙12:3『ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。聖霊によるのでなければ、だれも「イエスは主です。amen」と言うことはできません。』 そして聖書は、あなたが Jesusのお名前で祈る時に「Amen」と言えるのは、あなたが父なる神様に選ばれた特別な「神の子」であり、神の聖霊を贈られている証拠だと、教え説きます。聖書は、その事実を 真摯に受け留めながら、日々、聖書のみことばを深く黙想したり、内なる聖霊と親しく交わるような祈りを大切に生き続ければ、あなたは、更に神の祝福と後ろ盾や聖霊力を強められると約束するのです。 更に、あなたが 永遠なる幸福人生(天国行き)を獲得できたことを深く悟って、神様から与えられた福音や真理を証し伝える新たな使命を しっかりとり行うようになり、何をしても報われるクリスチャンLIFEを 築けるようになれると期待します。福音と真理を証し伝える習慣を 生き様にする人は皆、永遠にいく倍も報われるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、何よりも、Jesus&Bibleからの福音と真理を 証し伝える使命と責任を 大切に果たせられる神の人に造り変えて下さい。 そうすれば皆、まことの自由感と尽きぬ幸せや、何をしても永遠に報われる幸福人生に到達できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「