• sgbc-devotion

使徒の働き10:27~33

2018年9月1日(土) ディボーション聖句 使徒の働き10:27~33 27 それから、ペテロはコルネリオとことばをかわしながら家に入り、多くの人が集まっているのを見て、 28 ペテロは彼らに言った。「ご承知のとおり、ユダヤ人が外国人の仲間に入ったり、訪問したりするのは、旧約聖書の律法にかなわないことです。ところが、神は私に、どんな人のことでも、きよくないとか、汚れているとか言ってはならないことを示してくださいました。 29 それで、お迎えを受けたとき、ためらわずに来たのです。そこで、お尋ねしますが、あなたがたは、いったいどういうわけで私をお招きになったのですか。 30 するとコルネリオがこう言った。「四日前のこの時刻に、私が家で午後三時の祈りをしていますと、どうでしょう、輝いた衣を着た人が、私の前に立って、 31 こう言いました。「コルネリオ。あなたの祈りは聞き入れられ、あなたの施しは神の前に覚えられている。 32 それで、ヨッパに人をやってシモンを招きなさい。彼の名は使徒ペテロとも呼ばれている。この人は海べにある、皮なめしのシモンの家に泊まっている。 33 それで、私はすぐあなたのところへ人を送ったのですが、よくおいでくださいました。いま私たちは、主があなたにお命じになったすべてのみことばを伺おうとして、みな神の御前に出ております。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 27節, ローマ帝国軍幹部・コルネリオと使徒ペテロは二人とも Bibleのみことばを黙想して祈っていた時、ほぼ同時刻に、神様からの同じ内容の不思議な神の御声と霊感をキャッチしました。この時、神様はコルネリオにはペテロ牧師を招いて、彼から語られるBible&メッセージに聞き従い祈ってもらうように。そして、神様はペテロには、コルネリオの招きに応えて、神のみことばを伝えて祈ってあげるように、示されたのでした。そして二人は、その神様のみことばに従った為に神の偉大なる恩恵を受けられ、コルネリオの家族や親友たち全員が天国行きの福音を信じ 洗礼を受けて救われたのです。 あなたは神の教会から語られるBible&メッセージに聞き入っていますか? なぜなら聖書は、このコルネリオのように聖職者から語られるBible&メッセージに聞き入って とりなし祈ってもらえれば、神の偉大なる恩恵や大切な家族や友人たちの天国行きを獲得できると預言するからです。 エペソの手紙4:3~6『兄弟姉妹の皆さん、平和のきずなで結ばれて、御霊の一致を熱心に保ちなさい。神のからだは一つ、御霊は一つです。あなたがたが召されたとき、召しのもたらした望みが一つであったのと同じです。主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのもののうちにおられる、すべてのものの父なる神は、一つなのです。』 このように聖書は...あなたの神様は、神に選ばれし教会の仲間(神の子)たちに、同時期に、同じ神のみことばを宣べ伝えて、まず 同じ信仰と使命で心を一致させてから、神の偉大なるご計画や神の奇跡的な御業を 行われると、預言します。ですから 世界中の教会の牧師たちは、神の命令通り、聖書のみことばを 発信し続けているのです。またコルネリオも 教会のペテロ牧師のとりなしとBible&メッセージのおかげで大切な家族と友人たちが全員洗礼を受けて救われ、コルネリオ自身は、後に ローマ帝国の有力者として出世していくことになったのです。あなたの関わる教会から語られる、あなたの大切な人々を救い導き、あなたを富ませられる 神のみことばと祈祷力に期待します。 マタイの福音書18:19~20主イエスは約束した。『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。』 また聖書は...主なる神様はコルネリオに わざわざ、牧師のペテロに会わせてから、Bibleの預言と祈りの援軍を受けるように、教え諭しました。その理由としては、あなたの神様はどんなに敬虔な信仰があろうとも、身勝手で、孤立している信仰者には強く働かず、教会の牧師と教会の仲間達が 同じみことばからの使命や祈りで一つとなれた時に非常に強く表れて祝福して下さると教え説くからです。 そして聖書は、教会礼拝を 大切に守っているJesusFamilyたち一人一人が神の大切な器官であるため、個人プレイでは神様は、殆ど働かないと忠告しています。胸に書き記して下さい。 現在のあなたは神のカラダなる教会のJesusFamilyたちと同じ方向や同じ使命を共有していますか? それとも孤立しており、神の奇跡や見えない敵に打ち勝てる教会力を手放していませんか? もし、あなたにも神の感動的な奇跡や祈りの応答が必要ならば、神のカラダとなる教会から語られるみことばによる使命と祈りで 繋がり続けるしかないからです。 30~32節, また主なる神様は、コルネリオに大切な家族と親友と職場の仲間たちを、牧師のペテロに合わせて、Bible&メッセージの福音を聞かせて祈ってもらうように、語られました。 するとコルネリオは、そのみことば通り、すぐに家族と同僚たちを ペテロに会わせた為、コルネリオの大切な人間関係は全員 救われたのです。 あなたは大切な人間関係を教会の牧師やJesusFamilyたちに紹介して祈りあっていますか? まだ、それができていないのなら、それは 一体なぜですか? しかし聖書は、あなたの大切なすべての人間関係を救い導きたいのなら、必ず 近いうちにJesusFamilyたちに紹介し合うようにと、教え勧めています。そういう人の人間関係は、数多く救われるからです。 28節,この時 神様は、ユダヤ人専門の救霊活動をしていた牧師のペテロに、これからは、ユダヤ人以外の異邦人(外国人)にもJesus信仰を教え伝えるようにと、語られたのでした。するとペテロは、今までのやり方、夢とビジョンを すべて切り替え、ユダヤ人ではないコルネリオ(ローマ人)とその家族と友人たちの為にも祈り、彼らを神の国に救い導けたのです。 このようにBibleは、みことばを聞いたら、すぐに今までの生き方、仕事の仕方、ビジョンなどを すべて切り替えられたペテロのように、神のみことばに柔和で従順な心が 何よりも神の奇跡と爆発的な聖霊力を 引き出しやすいと、教え説くのです。頑固な自己流の小さくまとまった信仰心では、神の感動的な奇跡や爆発的な成功など皆無なのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 あなたは、生活習慣を みことば通りに切り替えた ペテロのように、神のみことばに対して柔和で従順になろうと尽力していますか? なぜなら聖書は、使徒ペテロのように純粋かつ柔順なクリスチャンに徹しなければ、神の偉大な奇跡や永遠に満ち足りた人生はあり得ないと預言するからです。 イザヤ書43:19『見よ。神は新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。』 30~33節, この時、コルネリオと牧師のペテロの二人とも、決して自己保身的にならず、また自らの欲望と頑固な思い込みや、昨日までの過去に縛られずに、神からの新しいみことばによる想像力を 働かせたのです。彼らはそのポジティブな信仰心のおかげで、コルネリオはローマ帝国の歴史的有力者へと出世していき、使徒ペテロは世界で一番影響力のあった伝説的な牧師の一人として、約二千年経った今でも、語り継がれているのです。 聖書は...使徒ペテロとコルネリオのように、神様の偉大な奇跡と百倍の報いを受けられる人とは、いつもBibleを黙想して祈りつつ、神のみことばを聞いたらすぐに従おうとする人たちであり、絶えず向上心を持つことで、神様からの使命を大切に生きられる人。そして、いつも聖霊の追い風に助けられる幸運な人とは、今ある生活や関係性だけを 保守的に守ろうとする人ではなく、いつ どんな時も神のみことばからのチャレンジャー精神や開拓心を 大切に生きられる人だと、聖書は教え説いているのです。 あなたはみことばを聞いたら、チャレンジしようと尽力して 生きられていますか? 神のみことばに挑戦し続ける人たちが 世界をリードし続けられるからです。 あなたの内なる聖霊を通して与えられる、神様のみことばからの新しい発想力と自由な行動力やチャレンジャー精神に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の関わる教会を聖霊に満たして、JesusFamilyたちが 共に 一つの神様の御心をつかみ取れるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆と皆の教会が、更に数多くの大きな奇跡を引き出せる 神のからだの役割を果たし続けられるからです!主イエス様のお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「