• sgbc-devotion

使徒の働き9:36

2018年8月22日(水) ディボーション聖句 使徒の働き9:36 ヨッパにタビタという女の弟子(クリスチャン)がいた。この女は 多くの良いわざと施しをしていた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 ルカ福音書10:2 Jesusは言われた。『実りは多いが、働き手が少ない。だから収穫の主に、収穫のために働き人を送ってくださるように祈りなさい。』 このJesusの預言通り、現在の世界人口の約35%が、すでにJesus信仰を信じ洗礼を終えて天国行きの内定を獲得していると言われています。そしてJesusの預言通り、洗礼を受けても、見えない敵サタンや罪悪に支配されて霊の目が眠っている信仰者が多数存在している為に、多くの国々の牧師、伝道者、信徒奉仕者の働き手は、まだまだ 少ないのです。 あなたは目に見えない敵や罪悪の支配や影響から目を開いて、天に宝を積む奉仕者となっていますか? それともあなたは、いつか 肉体の死後の世界に行くことになるのに、この世界の生活に手一杯になってしまったり、また見えない敵、サタンの計画通りに、天に宝を積める教会礼拝や奉仕をする余裕や時間の作れない、未来や肉体の死後の人生が心配な 忙しく虚しいクリスチャンライフを 強いられていませんか? なぜなら聖書は神が造られた教会制度とその共同体に関わる奉仕とは、この世で唯一、天国に直接的に宝を積める働きの場であり、あなたの未来や死後にも神の素晴らしい恩恵を勝ち取れる素晴らしいチャンスだと、教え説くからです。もし、あなたに 明るい未来や死後の天国人生での素晴らしい恩恵の確信がないのなら、神の国の窓口である「教会」で 天に宝を積む奉仕をしたり、奉仕者たちの祝福を 絶えず祈りサポートし続けることも重要なのです。なぜなら聖書は、しっかりと天に宝を積み続けるクリスチャンの未来や死後の天国人生は、特別に報われると約束するからです。肝に銘じ 目を覚ましあいましょう。 マタイの福音書6:19~20『自分の宝を地上にだけ、たくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にも たくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。』 そして聖書は、神の教会奉仕活動と聖書の福音宣教や真理教育に関する活動して、習慣的に天に宝を積み続けている人たちは、想像をはるかに超えた神の奇跡や天国での最高の栄誉が約束されていると、教え説きます。Bibleを信じて、主に期待し感謝し続けながら、天に宝を積み続ける人たちは皆、必ず特別に報われるのです。 もし あなたがそれらの活動ができていないのなら、あなたの未来や死後の神様からの恩恵はどうやって手に入れるつもりですか? 未来や肉体の死は、必ず、やってきます。もし、あなたに信仰があるのなら 目をさまして下さい。 マタイの福音書25:35~40『主イエスは言われた。「あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。」すると、その正しい人たちは、答えて言います。「主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹なのを見て、食べる物を差し上げ、渇いておられるのを見て、飲ませてあげましたか。いつ、あなたが旅をしておられるときに、泊まらせてあげ、裸なのを見て、着る物を差し上げましたか。また、いつ、私たちは、あなたのご病気やあなたが牢におられるのを見て、おたずねしましたか。」すると、主は彼らに答えて言います。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、わたしを信じる兄弟姉妹たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたことになるのです。」』 ヨハネの福音書14:14~15主イエスは約束した。『わたしがあなたがたに命じるみことばをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。わたしはもはや、あなたがたを神のしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びます。』 36節この『ヨッパ』とは、イスラエル国内の南部で、地中海に面した港町。 このヨッパの教会に「タビタ」と言う婦人クリスチャンがいました。 聖書で、このタビタ婦人は、日々のBibleのみことばからの知恵やインスピレーションに従って生活していた為、いつも暇を見つけては、真心を込めて 教会運営と救霊のために愛の奉仕や施しをするバランスの良いクリスチャンLIFEを エンジョイしていた為、何をしても不思議にうまくいく 模範的クリスチャンであったと教え説きます。そして彼女は周囲のクリスチャンや教会外からも一目置かれた人生となれたのです。尚、彼女の奉仕は 貧しい未亡人たちを見つけて神のみことばを教え、励まして祈ってあげたり、教会にいる兄弟姉妹たちの破れた衣類を縫ってあげたりする 神の御心と愛に満ちた奉仕でした。このように聖書は、聖書の福音や真理を教えて 証し伝えたり、また祈ってあげる愛の奉仕や、教会礼拝に参加している兄弟姉妹たちを助ける奉仕、施しは、何よりも尊い最高な奉仕だと教え説きます。 あなたは、これらの天に宝を積む 最高な奉仕を して、天に宝を積んでいますか? なぜなら聖書は...奉仕には様々なものがありますが...タピタ婦人のように聖書の福音や真理を教え、また証し伝えて 祈りあう愛の奉仕や、教会礼拝に参加している兄弟姉妹たちを助ける奉仕が、何よりも尊い最高な奉仕だと教え説くからです。これら、何よりも報われる天に宝を積める 愛の奉仕活動を 胸に書き記し、祈り行い続けることをお勧めします。そうすれば、あなたにも必ず、今までなかった最高の神様からの恩恵や奇跡が与えられるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、タピタ婦人のように聖書の福音や真理を 教え、証ししながら祈る 神の使命や教会礼拝奉仕をしながら、兄弟姉妹たちを助ける 天に宝を積む愛の奉仕を 習慣的に行えるように助け導いて下さい。 そうすれば皆、クリスチャンから神の友に格上げされていき、近い将来と天国においても、今よりも百倍以上素晴らしい 神様からの恩恵や奇跡が任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「