• sgbc-devotion

使徒の働き9:21~24

2018年8月17日(金) ディボーション聖句 使徒の働き9:21~24 21 これを聞いた人々はみな、驚いてこう言った。「この人、サウロはエルサレムで、イエスの御名を呼ぶ者たちを滅ぼした者ではありませんか。ここへやって来たのも、彼らを縛って、祭司長たちのところへ引いて行くためではないのですか。」 22 しかしサウロはますます力を増し、イエスがキリストであることを証明して、ダマスコに住むユダヤ人たちをうろたえさせた。 23 多くの日数がたって後、ユダヤ人たちは裏切り者のサウロを殺す相談をしたが、 24 その陰謀はサウロに知られてしまった。彼らはサウロを殺してしまおうと、昼も夜も町の門を全部見張っていた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 では、聖句をあげてから説明します。 使徒の働き9:17~20『アナニヤは出かけて行って、その家に入り、サウロの上に手を置いてこう言った。「兄弟サウロ。あなたの来る途中、あなたに現れた主イエスが、私を遣わされました。あなたが再び見えるようになり、聖霊に満たされるためです。」するとただちに、サウロの目からうろこのような物が落ちて、目が見えるようになった。彼は立ち上がって、バプテスマを受け、食事をして元気づいた。サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちとともにいた。そしてただちに、諸会堂で、イエスは神の子であると宣べ伝え始めた。』 21〜22節,このようにかつては、神の教会やクリスチャンのみことばに反抗していたサウロは、神様からの叱責と試練を受けてから悔い改め、教会の長老アナニヤから聖霊のバプテスマ(洗礼)を受けると、ただちに、180° 信仰生活を回心して、神に選ばれし仲間達と寝食を共にしながら、福音宣教をする生活習慣に切り替えました。聖書は、過去がどうであれ、サウロのように素直に悔い改めて、神の教会に仕えながら福音宣教や兄弟姉妹愛を 大切に生きるクリスチャンライフにパラダイムシフトできれば、神の感動的な奇跡や爆発的な聖霊力を生み出せると、預言するのです。もし、あなたが大して満たされない、説得力の表れないクリスチャンライフを強いられているなら、また、神の爆発的な奇跡や感動的な幸福人生が必要ならば、サウロのように、180° 信仰生活や生活習慣を悔い改めれば、必ず報われると預言するのです。周囲の人々を救う聖霊力や神の祈りの奇跡や説得力に欠けるのなら、このサウロの悔い改めを模範にすることも重要なのです。目をさましあいましょう。 またサウロは自分を選んで救ってくれた父なる神様と神様のご計画を知りたくなって、また永遠の救い主Jesusに会いたくて、仕方なくなったのでした。そしてサウロは、早速 次の日からJesusFamily達と、ユダヤ教の礼拝堂や様々な集会に出向き「Jesusは神の御子であり、Jesusの十字架贖罪信仰力とは、信じるすべての人々の死後の裁きから、永遠に救い出せる神の愛と救い そのものだ。」と、宣べ伝え始めたのです。 このようにBibleは、サウロのように自らの人生と中途半端な信仰生活の罪悪や非を省みて、Jesusの十字架贖罪信仰による永遠の神様からの愛と救いを真心に、神の国とそのみことばを第一にする人生を切り開こうとするならば、神様はあなたや周囲の人生により多く分かりやすく表れて助け導き、あなたに祈り以上の奇跡や永遠に報われる幸福人生を与えて下さると約束しています。すべては、あなたの信仰生活の悔い改め次第だと教え説くのです。 あなたのクリスチャンライフは、サウロのような神の奇跡や大切な人を洗礼に救い導ける聖霊力や説得力に満ち溢れた人生ですか? もし、それらが乏しいのなら、一体 なぜだと思われますか? なぜなら、周囲に永遠なる幸福感や聖霊からの迫力や勢いを伝えられない 虚しいご利益宗教者とならぬように、また、肉体の死後に後悔しないクリスチャンライフを目指す為にはサウロのように信仰生活のあり方そのものを 一新しなくては報われないからです。人生は一度きりであり、死後の世界は、必ずやってきます。目をさましあいましょう。 エレミヤ書1:7~8『主は仰せられた。「まだ早い、まだ若いと言うな。わたし・神があなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての御言葉を語れ。人々の顔を恐れるな。わたし・神はあなたと共にいるからだ」』 また聖書は、このサウロのように、みことばを聞いたら あれこれ言い訳することをやめ、Bible&Jesusのみことばに信頼しながら、周囲に証し宣教する為の人生にパラダイムシフトした方が 神様は、必ず、あなたに大きく味方して報いて下さると約束しています。たた、Bible&Jesusのみことばを確信して祈り、自信をもって 証し宣教する生活習慣を築き続ければ、今よりも数十倍報われる幸福人生に生まれ変われると約束したのです。目をさましあいましょう。 ヘブル人への手紙3:7~10『あなた方の内なる聖霊が言われます。「今日,もし聖書の御声を聞くならば、モーセ達が荒野で、試みの日に神の御怒りを引き起こした時のように、心をかたくなにしてはならない」あなたがたの父祖たちは、そこで、わたし神を試みて証拠を求め、四十年の間、わたし・神のわざを見た。彼らは常に心が迷い,わたし・神の道を悟らなかった。』 また聖書は、サウロは、誰から言われた訳でもなく、素直に神を愛してJesusを信頼して、この聖書と聖霊からのみことばの勧め通り...ただちに、Jesus&Bibleを宣べ伝える使命を 第一にするLIFEスタイルに切り変えた為、彼は常人以上の祈りの奇跡や、聖霊の爆発的なパワーを引き出せるクリスチャンに生まれ変われたと、教え説くのです。そしてサウロは、Bible&メッセージに従順に生きたおかげだけで、本来の自分らしさと生きる使命を取り戻して、永遠に揺るがない幸いな人生を 手にいれられたと、教え説くのです。 第二ペテロの手紙3:8『愛する人たち。あなたがたは、この一事を見落としてはいけません。すなわち、主なる神の御前では、一日は千年のようであり、千年は, わずか一日のようです。』 22~24節 また信仰生活を 180° 悔い改められた使徒パウロは、いつのまにか聖霊力に満ち溢れていき、まるで千年以上も生きてきた知者のように、神の知恵とJesusのような迫力に満ちた 伝説的な人生を獲得できたのです。またパウロはJesusを証し伝道する為の人生や生活習慣に素直にパラダイムシフトできたため、彼は牧師として聖徒たちの人生を成功させ、また、聖徒たちの見えない敵の策略や罠や事故災いを免れる為の預言や真理を語れる、神に選ばれし預言者に生まれ変われたのです。 そして聖霊に満ちたサウロの証しメッセージに対して、ダマスコにいた権力者たちは言い返せずに うろたえ、また、神の預言や真理を力強く語るサウロに嫉妬して、彼らはサウロ殺人計画まで 起こし始めたのでした。 このように聖書は、人は皆、聖霊に満たされていくと周囲が反論できず、また周囲に嫉妬されるほどの神の知恵と預言や、人生と死への悟りを 語るようになれると、預言します。周囲の嫉妬や冷ややかな目など、相手にすることはありません。嫉妬するよりも 嫉妬される人生、無知なために冷ややかであきらめ多き人生よりも、情熱的な神の使命に満ちた希望に満ちた人生の方が 魅力的で素晴らしいことは 目に見えているからです。 第一ヨハネの手紙 5:19『自らの過ちに気づき、主イエスの十字架を信じ赦された, 私たちは, 神から出た者であるが、世界全体は悪い者や悪霊の支配下にある事を知っています』 この聖書のみことば通り...神に選ばれしクリスチャンたちは、聖書が最も重要だと教え説いている純粋な神への愛、人命と人心(隣人愛)の大切さ、死後の行き先と救い、差別なき平等な社会形成の大切さを教え説いて、世界をより良い方向に改革して導いてきましたが、皆、迫害されてきました。なぜなら聖書は、世界中から様々か不条理、犯罪、餓死者、戦争、様々か迫害差別、いじめ、いき過ぎた格差社会がなくならないのは、この世界は目に見えなくとも悪い霊が支配しているからだと、教え説くからです。尚、世界の人種差別に一石を投じる偉大な働きをした、黒人差別撤廃、アメリカ公民権運動をリードしたキング牧師も暗殺されています。聖書は、見えない敵が支配しているからこそ、まことの正義や愛に生きる義人は皆、迫害されると教え説くのです。 しかし、キング牧師がBibleから与えられた神の使命と働きは、1964年ノーベル平和賞を受賞する恵みに至っており、彼の夢であった人種差別撤廃運動も世界中に広まることとなり、彼の誕生日の1月15日は、黒人でありながら、現在でもアメリカの祝日になっています。 彼は、多くの人々に冷ややかな目で見られ、妬まれ、殺されるほどでしたが、今や彼は父なる神様と世界中の人々からの賞賛、名誉、尊敬、栄光を 勝ち取れた偉人、偉大なクリスチャンとして数えられているのです。 イザヤ書52:13 『神はあなたに約束します「見よ。わたしのしもべは栄える。あなたは高められ、上げられ、非常に高くされる」』 そして聖書は、もし あなたがその気になり、今日から新たな思いで、もう一度サウロのようにJesusの証し宣教を人生の第一の使命にする信仰生活にパラダイムシフトするならば、神様は、必ず あなたに夢を与えて、人生での必要な全ての恵みと援護を与えて下さると、約束してくれます。今日から、本気で悔い改めて 祈りアクションする者達だけが、必ず、百倍以上報われるのです。そして、あなたもその一人に数えられると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆をサウロのように聖霊に満たし、必要な目覚めと 永遠なる使命感を掴ませ、信仰生活そのものを 180° 悔い改められるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、今よりも更に百倍報われ、永遠にブレない幸福人生を勝ち取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「