• sgbc-devotion

使徒の働き9:10~16

2018年8月16日(木) ディボーション聖句 使徒の働き9:10~16 10 さて、ダマスコにアナニヤという弟子がいた。主が彼に幻の中で「アナニヤよ」と言われたので「主よ。ここにおります」と答えた。 11 すると主はこう言われた。「立って、『まっすぐ』という街路に行き、サウロというタルソ人をユダの家に尋ねなさい。そこで、彼は祈っています。 12 彼は、アナニヤという者が入って来て、自分の上に手を置くと、目が再び見えるようになるのを、幻で見たのです。」 13 しかし、アナニヤはこう答えた。「主よ。私は多くの人々から、このサウロがエルサレムで、あなたの聖徒たちにどんなにひどいことをしたかを聞きました。 14 彼はここでも、あなたの御名を呼ぶ者たちをみな捕縛する権限を、祭司長たちから授けられているのです。」 15 しかし、主はこう言われた。「行きなさい。あのサウロはわたし・イエスの名を、神を知らない異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運ぶ、わたしの選びの器です。 16 彼がわたしの名のために、どんなに苦しまなければならないかを、わたしは彼に示すつもりです。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 10節『アナニヤ』とは「わたしたちの主なる神様は、恵み深い」という意味がある名前です。 そして『アナニヤ』とは、この時、シリア・アラブ共和国の首都ダマスコに住んでいた、元エルサレム教会の長老の名前であり、彼の妻の名前はサッピラになります。 尚、後にまことのクリスチャンに悔い改めて生まれ変われた 使徒パウロ(元サウロ)は、この「アナニヤ」の事を 本当にBibleのみことばに従順に生きた聖霊に満ちた人であり、アナニヤは非常に評判の良かった人格者でもあったと、書いています。Bibleは 聖書と聖霊に従順に生きれば、何をしても報われて、周囲からも評価される幸福人生になり変われると約束するのです。 第二テモテの手紙3:16~17『聖書はすべて、神の霊感により書かれたもので、人生の教えと戒めと矯正と神の義の訓練とのために有益です。それは、神に選ばれた人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためなのです。』 このように聖書は、アナニヤのように、日々のBible&メッセージで性格や生活習慣を矯正しながら生き続ける人は皆、神様が認める程の人生と死の達人となることができて、誰からも認められる人格者になれると、約束します。なぜなら聖書は、人生と死の創造の意図と摂理が書き記された、創造主なる神様からの人生と死の取扱い説明書だからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 10節, 「アナニヤ」が、Bibleのみことばを黙想しながら 内なる聖霊から神の御声、応答を祈り求めていると、神の国からJesusは、彼の心霊に答えられました。『アナニヤよ!』 このように聖書は、アナニヤのように、毎日 Bible&メッセージを深く黙想しながら、神の御声を祈り求め続ける人(ディボーションを大切に生きるクリスチャン)は、時に聖霊の内なる声や神からの夢とビジョンを 聞くことができると約束しています。そして聖書は、この内なる聖霊からの御声と夢や使命を 確信する人は皆、何をしても不思議に報われる幸福人生を勝ち取れると約束するのです。 あなたは、このアナニヤのように、日々のBible&メッセージを読む時、深く黙想しながら祈り、内なる聖霊からの御声やインスピレーションを 探し求めようと尽力していますか? それとも、日々のBibleのみことばを さらりと流し読む程度ですか? なぜなら聖書は、日々のBibleのみことば(ディボーション)を 深く黙想して読み 祈り求める人たちには、時折、神の特別な預言と約束が与えられると約束するからです。 11節, すると この時、アナニヤの内なる聖霊の声は、以下のように語られました。『アナニヤよ!今すぐに、あなたの神の家族である ユダの家に行きなさい。そこには、タルソ市出身のサウロ(後の使徒パウロ)という青年がいて、彼は熱心に祈りつつ悔い改めているからです!』と、聖霊はみことばを教えたのです。 12節,すると、ちょうど その同じ時、サウロも主イエスに祈り 黙想していました。『主イエス様、あなたの教会とJesusFamilyたちから語られるみことばを 軽視してしまい、神の教会に協力せずに敵対してしまった罪どうかお赦し下さい。そして、主よ、これからは悔い改めて神の教会とみことばに仕えて生きますから、どうか わたしの視力を回復して祝福して下さい!お願いします!Amen!』と祈りました。すると サウロは、その祈りの直後に、アナニヤというクリスチャンが 自分を訪ねて来て、アナニヤに手を置いて祈ってもらうと癒されるという状景の幻とみことばを感じ取れたのでした。このように聖書は、サウロのように、神の教会やまことのクリスチャンから語られるみことばに背き続けてしまっても、真心から神の御前に謙遜に祈り、悔い改められる人は皆、神の御子Jesusからの赦し、癒し、尽きぬ人生の希望や祈りの奇跡を 手に入れられると約束してくれます。もし あなたが 神の教会やみことばに反してしまって、必要以上の試練や攻撃を受けたとしても、今日から悔い改めて、サウロのように神の国拡大の使命の為に教会や隣人に仕えれば、永遠に報われる幸福人生のチャンスを受けられると約束するのです。すべては あなたの信仰による悔い改め次第なのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 13~14節, 「アナニヤ」は、更に、内なる聖霊に語るように祈りました。『しかし イエス様。あのサウロという男はJesus信仰のみことばや教会の働きを無視して 否定してきた男ですし、大切なJesusFamilyたちに協力するどころか、神の家族たちの忠告を無視して迫害していた集団のリーダーでした。それなのに、あんな男を信じて癒し、助けるのですか? きっと助けても、また、私や教会の仲間達を裏切ると思います。主よ、どう思われますか!?』と、アナニヤは、更に、内なる聖霊に聞くように祈ったのです。 15~16節すると、アナニヤに内なる聖霊は こう応答しました。『アナニヤ、大丈夫です!サウロは、今は真心から悔い改めており、わたし(イエス)を信じて生まれ変わろうとしています。彼は人生を賭けて、わたし(イエス)の名を宣べ伝えて神の教会を立てあげる、神の器に変えられていくからです。ですから、彼を信頼して、祈って癒して助け導いてあげなかさい。そうすれば、彼はもう二度と裏切りません。これからは本物の私の弟子、クリスチャンなのです。』と、神の聖霊はアナニヤの祈りに応答されたのです。そしてアナニヤは、すぐにJesusのみことばを信頼して、元敵対者のサウロを赦し、サウロの盲目の癒しの祈りをする為に出かけたのです。 あなたは、アナニヤのように敵対者や神の働きに非協力的だった口先だけの信仰者たちを見捨てずに許し、祈りでサポートできていますか? またあなたは、様々な試練が起きているのに、サウロのように悔い改められず、更なる試練や人生のダメージを刈り取ろうとしていませんか? なぜなら聖書で、あなたの主なる神様は みことばを聞いてすぐに和解に出かける人やすぐに悔い改められる人たちに 神の偉大なる奇跡と願い以上の祝福が与えられると約束するからです。すぐに和解解決、悔い改めの実を結ぼうとしないクリスチャンには、更なる試練が訪れるのです。目を覚ましあいましょう。 ヤコブの手紙5:14~16『あなたがたのうちに病の人がいますか。その人は教会の牧者たちを招き、主イエスの御名によって、祈ってもらいなさい。信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。』 そしてアナニヤは 決して、みことばに逆らわずに、かつての敵対者サウロの全ての罪を赦す祈りと、サウロの盲目を癒す祈りの役割りを果たしたのです。 このようにBibleは、神の教会に対してサウロのような罪悪を犯したとしても、教会の長老職者(聖職者)達と 心一つに祈って 悔い改め、神の国拡大の奉仕をする人生にシフトできれば、全ての罪悪と過ちは赦され、時に、不治の病さえも癒される奇跡にも恵まれると預言しています。聖書はサウロのように悔い改めて、Jesusの教会で礼拝奉仕しながら繋がり続ければ、あなたにも、様々な祈り以上の奇跡の可能性があると預言するのです。ただ Jesusを信頼して、教会に仕え続ければ 良いだけなのです。 あなたにもサウロのような神の完全な赦しと、Jesusの教会を通して与えられる神の特別な奇跡と癒しの御業が与えられることを 期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が 日々のBible&メッセージ(ディボーション)を 深く黙想しつつ、真心から内なる聖霊に聞けるように祈らせて下さい。そして主ゃ、時にはサウロのように、Jesusの教会の長老職者(聖職者)たちからの祈りの援軍を 受けられるように助け導いて下さい。 そうすれば皆、サウロのように全ての罪悪と過ちは赦され、それぞれに必要な聖霊のインスピレーションと祈りの奇跡も与え続けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!し 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.