• sgbc-devotion

使徒の働き9:1〜2

2018年8月13日(月) ディボーション聖句 使徒の働き9:1~2 1 さてサウロは、なおも主の弟子たちに対する脅かしと殺害の意に燃えて、大祭司のところに行き、 2 ダマスコの諸会堂あての手紙を書いてくれるよう頼んだ。それは、この道の者であれば男でも女でも、クリスチャンを見つけ次第縛り上げてエルサレムに引いて来るためであった。 [聖句メッセージ] 本日から使徒の働きは9章です。 1節,この『サウロ』とは, 後に、世界的に偉大な使徒・牧師となる「聖パウロ」の旧名。当時のパウロ(サウロ)は、熱心なユダヤ教信者であり、反キリスト組織のリーダー格でした。また、彼はユダヤのエリート育ちで、政治家の有望な卵でもあったのです。 第二コリントの手紙5:17~18『だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。これらのことはすべて、神から出ているのです』 この青年サウロ(使徒パウロ)は、神の教会とクリスチャンたちの語るみことばを無視して迫害した為に、神様からの怒りを買って、大きな試練や病を 背負わされることになってしまいます。聖書は 神の教会やクリスチャンの語るみことばを軽視または迫害する人は皆、人生の未来や肉体の死後、様々な苦しみを刈り取る羽目になると預言するのです。肝に銘じあいましょう。 あなたは、神の教会と敬虔なクリスチャンたちが語る神のみことばを 軽視する傾向はありませんか? なぜなら聖書のみことばは、良いことも、辛いことも、すべて成就するからです。 神の教会から語られるみことばを軽視し、またクリスチャンたちを無視、迫害してしまった 昔のパウロは、神様から叱責されて、誰も体験したことのない恐ろしい体験、試練に出会わされました。しかし彼は、十字架上で死んだはずの復活したイエスに出会い、みことば通りに人生を180°悔い改めた為に、ただのエリート政治家の人生から、今や世界人類に名を残す偉大な使徒パウロとして語り継がれる、永遠に報われる幸福人生に造り変えられたのです。このように聖書は、Jesus&Bibleのみことばを 堅く信じて 日々 素直に祈り悔い改め続ける人たちは、このパウロのように180° 人生をより良く造り変えることができ、周囲に、神の奇跡や救いを表せる まことのクリスチャンになって、永遠に報われる幸福人生を獲得できると約束するのです。あなたの計算通り以下の人生で終えるか、あなたの計算外に永遠に報われる幸福人生を勝ち取れるかはあなたの信仰生活次第だと教え説くのです。 1節, ユダヤ教の人々は、クリスチャンと同じ旧約聖書のみことばは信じていましたが、彼らは新約聖書の主イエスの十字架の福音だけは 容易に受け入れる事が 出来ませんでした。なぜならユダヤ教や、キリスト教以外の世界四大宗教(イスラム教、仏教、ヒンドゥー教)は、因果の法則を重視しており、人間が死後に天国に行くには、日々の正しい生活と敬虔な信仰生活や悟りが、何よりも大切であると考え説いているからです。ただ、神の御子イエスの十字架贖罪信仰を 信じて悔い改め続ければ、神の赦しを受けられて 救われるという福音を,信じることが難しいのです。世界五大宗教と言われる、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教のうちで、ただ信じて悔い改め続ければ、永遠なる救いを獲得できると約束してくれるのは 実はキリスト教だけなのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 ローマ信徒への手紙8:1~2『しかし今は、キリスト・イエスを信じる者が, 罪に定められることは、決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの贖いが、罪と死の原理から、信じるあなたを赦し、解放したからです。』 またBibleは、現在のあなたの信仰と人格や行いが罪深いとしても、また、決して聖霊に満ちた立派なクリスチャンでなくとも、もし、あなたがBibleのメッセージを受け入れて、今日から自らの生活を省みて 主イエスの十字架贖罪信仰に頼って教会につながり続けるのならば、完全完璧な神の御子イエスはあなたの罪悪と過ちの身代わりの死と弁護をして、永遠に救い導いて下さると約束してくれます。大切なのは昨日までの過去でなく、今日からのあなたの信仰生活だと教え説くのです。Jesusの十字架の福音(新約聖書)やJesusの教会力とは、まさに神様からあなたへの特別なギフトであり、永遠に報われる幸福人生へのチャンスだと教え説くのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 1~2節, 昔のサウロの信仰は形式的であり、教会のクリスチャンたちがJesus&Bibleの教えを いつも喜びながら受け入れて教会生活をしていることが妬ましく、また、クリスチャンたちが神の国を第一にしながら 誰も恐れずに自由に伝道をしている姿が邪魔で仕方なかったのでした。昔のサウロは、信仰があっても 信仰の奥義がよく分からずに苦しんでおり、死後の天国行きを楽しみに確信していた 教会のクリスチャンたちを 認めたくなかったのです。 あなたは、昔のサウロのような形式的で満たされない信仰生活を強いられていませんか? 昔のパウロのように、形式的で 説得力や喜びのない信仰生活を 180° 気持ちを入れ替えて、信仰生活そのものを 悔い改めなくては、聖霊や幸福に満ちた信仰生活、永遠に報われる幸福人生はなし得ないからです。目をさましあいましょう。 また聖書は、ユダヤ教(律法主義)や他宗教の熱心な人々は規則正しい生活をするのに精一杯になったり、あきらめて形式的なご利益宗教の悪循環に陥るため、天に宝を積む奉仕と献金や人を救い導く余裕などないと預言します。 そして聖書は、無神論者たちは自分たちの生活向上や生きるだけで精一杯である為に、いつも隣人の救い(天国行き)、愛の大切さ、人生と死の真理を 自由に証し伝える知恵や余裕などなく、神の教会にいる聖霊に満ちたクリスチャンたちが ねたましく、また 目の上のたんこぶのように気持ち悪くも思えると、預言するのです。 あなたは、神の教会で天に宝を積む時間や経済的な余裕がありますか? または、誰にでも、いつでも証し伝道できる幸福感や余裕がありますか? なぜなら聖書は、これらの余裕や幸福感がないのならば、悪循環な心霊であり、昔のパウロのように人生観や信仰そのものを 悔い改めなくては、悲しい結末があると預言するからです。人生は長いようで、あっという間。目をさましあい、悔い改めましょう。 また聖書は、神の国を拡大宣教する為に、周囲から誤解や嫉妬されているクリスチャンたちは幸いな人だと教え説きます。神の御子Jesusや初代教会のクリスチャンたちのように、周囲にねたまれたり、誤解や迫害されるくらいの方が 圧倒的な神の奇跡や百倍の報いを手に入れられると約束するからです。クリスチャンは、ある程度の誤解、嫉妬、迫害を受けなくては、永遠に報われる幸福人生はなし得ないと預言するのです。何事も、大勝利、大成功、満ち足りた生活を手にする者は皆、周囲から誤解、嫉妬がつきものなのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 マタイ福音書5:10~13 主イエスは言われた。『神の義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。わたし・イエスのために人々が、あなたがたを誤解して、ののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせる時、あなたがたは, 幸いです。決して落ち込まずに、喜びなさい。むしろ喜びおどりなさい。天で、あなたがたの報いは大きいからです。あなたがたより前にいた信仰の先輩や預言者たちも、無知な人々に迫害されてきたのです。』 ローマ信徒への手紙8:18『今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、全く取るに足りないものと私は考えます。』 マタイ福音書13:8 主イエスは預言しました。『みことばを信じて行う者は、ある者は百倍、ある者は六十倍、ある者は三十倍の実を結ぶのです。』 そしてBibleは、もしあなたが、昔のパウロのように誠心誠意 悔い改めて、何よりも十字架を誇りとして、Jesusの真理と福音を証し伝える「愛」の生活を 重要視するのならば、神は、あなたに最大級の栄光や信じられないほどの感動的な奇跡、今よりも百倍以上の報いさえも与えて下さると、約束してくれます。 あなたも、使徒パウロのように180度近く、みことばで悔い改められ、あなたの人生に、周囲から誤解され妬まれるほどの神の愛、栄光、祝福、奇跡、幸福、繁栄、癒し、百倍の報いが表れることを期待します。あなたが 誠心誠意悔い改めれば、神様は永遠にいく倍も報いて下さるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の奇跡に満ちていた 初代教会のように、周囲に誤解、妬まれるほどの聖霊に満ちたクリスチャンライフを 送れるように、新しく造り変えて下さい。 そうすれば皆、驚くべき神の栄光・祝福・奇跡・感動・百倍の報いさえも、引き出せる幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「