• sgbc-devotion

使徒の働き8:30〜31

2018年8月10日(金) ディボーション聖句 使徒の働き8:30~31 30 そこでピリポが走って行くと、預言者イザヤの書を読んでいるのが聞こえたので、「あなたは、読んでいることが、わかりますか」と言った。 31 すると、その人は、「みことばを導ける人がなければ、どうしてわかりましょう」と言った。そして、馬車に乗っていっしょにすわるように、使徒ピリポに頼んだ。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 30節,使徒ピリポがBibleのみことばを黙想しながら、これからどうすべきか 祈っている時、胸の中で『このガザ地域は今、荒れ果てて危険だ。ここには、長く滞在せずに早く出たほうが いい!そうでないと、トラブルに巻き込まれる。』という、内なる聖霊からのインスピレーションを 強く感じた為、ピリポはその神様からのみことばの応答を頼りに、予定を変更する決断をしました。ピリポには その決断ゆえに、結果、必要以上の敵の攻撃や災難を逃れられ、自身の健康と使命を 守ることができたのです。 あなたはピリポのように、日々の聖書のみことばを黙想して祈るディボーションから、自分の予定、仕事、人間関係を思いめぐらし、みことばを実践しようと尽力していますか? なぜなら聖書は、神のみことばや教会から語られるBible&メッセージには、神様からあなたへの預言と約束、命令、また悔い改めるべき罪悪や危険回避が隠されていると教え説くからです。聖書のみことばや神の教会から語られるBible&メッセージを読み聞きして祈る時、何か心に感じる時は、内なる聖霊からの神の御声や導きが隠されていると、教え説くのです。この真理を胸に書き記して、あなたが永遠に報われる幸福人生に必要な神の約束と預言やあなたの人生での危険や災いを回避できる神の忠告や命令に気づけるように祈り備えることも大切です。 聖書は、神のみことばやBible&メッセージを聞く時に何か胸に響いたり、心が騒いだり 平安を失う時は、内なる聖霊からの御声の可能性が強いため、そういう時は、自分の内なる声とみことばを信じ 思い切って、予定を変更する決断を 視野に入れる心構えが重要だと、教え説くのです。人生とは思い通りにいくものではない為に、何事も決めつけず、内なる声とみことばを照らし合わして、予定や決断を曲げられる柔軟性も重要だと教え説くのです。目をさましあいましょう。 第二テモテの手紙3:16『聖書は, すべて神の霊感によって、書かれています。』 また聖書は、すべてが 神の霊感で書かれている唯一の書物だと言われている為に、あなたが自らの状況を照らし合わせて、みことばを黙想しながら 祈り求める時、神は祈り求めるあなたに、必要な神の知恵やインスピレーションを与えると約束してくれます。聖書は、他の書物とは違い、あなたを永遠なる幸福人生に導ける神の預言、約束、戒め、命令、真理の書物。全人生が幸福になれる、神様からの道しるべだと教え説くのです。 世界中の様々な偉人たち...世界一有名な女性だと言われているマザーテレサ、世界一の富や財産を築いたと言われるロックフェラー、世界の子どもたちに感動と夢を与え続けている、あのウォルトディズニーも、日々のみことばからの祈りと教会から語られるBible&メッセージからの内なるインスピレーションを頼りに、永遠に報われる成功的かつ勝利的人生を切り開けたのでした。これぞ、真のディボーションの型なのです。 マルコ福音書4:33~34『イエスは、このように多くのたとえで、信じる人々の聞く力に応じて、みことばを話された。たとえによらないで話されることはなかった』 マタイの福音書1:22『すべての出来事は、主なる神様が聖書の預言者を通して言われた事が成就するためであった。』 また「聖書」とは、あなたの幸福人生に必要な神の知恵やインスピレーションを 日々のBible&メッセージからのたとえ話を 用いて応答してくれる 神の聖霊力の宿った「全人生の預言書」、「全人生を導く神の幸福の書」と言われています。あなたも 日々のみことばや教会から語られるBible&メッセージを 祈り黙想することで、いつの日か、神様からの具体的な預言と知恵を 引き出して、永遠なる幸福人生を勝ち取れると期待します。 ヨハネの黙示録2:17『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。わたしは勝利を得る者に隠れたみことばのマナを与える。』 このように聖書は、ハッキリと、求め、探し、叩くように あなたの読むみことばや教会から語られるBible&メッセージに集中して心霊を傾ける人たちは、神の偉大なる祝福と奇跡や勝利の預言や約束が与えられると約束してくれます。これが神の感動的な奇跡と圧倒的な成功を勝ち取るのに重要な黄金律だと教え説くのです。 あなたは神の教える 永遠の黄金律を 行使していますか? 30節,そして使徒ピリポが「主イエス様、どういう方法で、このガザ地方を出たらいいのですか?いつ、出たら良いでしょうか?」と、祈りながら歩いていると「では、あの馬車にいる人に話しかけてみなさい。そうすれば、いっしょに乗せてくれるはずです。」と、胸中に, かすかにみことばが聞こえた気がしたのです。すると彼は予定を変えて、そのみことばとインスピレーション通りに行動したのです。そして聖書は、ピリポは、この祈りと行動を起こしたおかげで、必要以上の人生の試練や苦難から逃れられたと教え説くのです。 尚、その馬車の持ち主は、エチオピヤという国の女王の宦官(大臣)で、信仰深い人でした。彼は、ちょうど、その時 旧約聖書のイザヤ書を 読んでいたのですが、あまり意味が分からず、悩んでいました。そこで神様はこの宦官に使徒ピリポを 出会わせたのです。 イザヤ書41:10『 恐れるな。わたし・神は, あなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。』 すると、牧師でもあったピリポは、ただ、みことばと内なるインスピレーションを信じて、初対面の身分の高い、エチオピヤの高官に話しかけに行ったのです。 ピリポは以下のように話しかけました。『こんにちは。私は聖書の教師で、キリストの使徒、または牧師をしているピリポです。失礼ですが、あなたは、その旧約聖書のイザヤ書をよんでいますが、その内容について、正しく理解できていますか?また、その聖書箇所から、神の約束や預言メッセージを 解き明かせていますか?』というように、質問したのです。 31節, すると、使徒ピリポが受けた神からのインスピレーションとみことばの応答通りに、エチオピヤの高官は、以下のように答えたのです。『なぜ、わかったのですか?実は わたしには理解ができずに、困っていたところでした。あなたは聖書のみことばの教師(牧師)なのですね? ではちょうどいい!よければ、あなたの行く場所に連れて行ってあげますから、馬車に乗って教えて下さい。』と、逆に 馬車に乗って、ここを出ようと頼まれてしまったのです。 マタイ福音書6:33~34 主イエスは約束してくれました『だから、何よりも神の国と神の義とを第一に求めなさい。そうすれば、あなたの全ての必要は与えられます。神を第一にする, あなたには、明日の為の心配は無用なのです。』 このように聖書は、使徒ピリポは、何よりも神に信頼しており、みことばを黙想しながら、今後のBestな道を 神から聞き出そうとする従順な信仰と余裕(柔軟性)があった為、ガザ地方の災難を避けるインスピレーションを手にいれられ、それどころか、ピリポはエチオピヤの高官の豪華な馬車に、高官(大臣)の聖書教師として VIP待遇で旅をしながら、次の目的地に行く恵みをも 享受出来たと 教え説きます。 また聖書は、この時、大臣もピリポから与えられた神のみことばのおかげで、神の祝福と知恵を増し加えることができたと教え説くのです。 聖書は、使徒ピリポたちのようにBibleのみことばとその御心を 祈り行動に移せる 信仰生活をしている人々は 神様の聖霊や天使たちが味方する為に、いつも神の不思議や奇跡がツキモノだと預言します。これぞ 真のエキサイティングかつ感動的なクリスチャンLIFEだと教え説くのです。 そして あなたも、何をするにも、Bible&Jesusのみことばによる内なる声を 第一に祈り行動に移せる まことのクリスチャンに変えられていき、ピリポのような驚くべき神の奇跡や感動的な成功を手に入れられる幸福人生になれると期待します。日々の聖書のみことばと神の教会から語られるBible&メッセージに真心を傾けて、祈り行動に移せるクリスチャンは、永遠にいく倍も報われ続けるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々の聖書のみことばや教会から語られるBible&メッセージのたとえから、それぞれに必要な神の知恵とインスピレーションを引き出させ、それを 具体的に祈り行動を起こせるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、全ての物事が幸運に回りだし、万事がうまくいく幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.