• sgbc-devotion

使徒の働き8:14〜17

2018年8月6日(月) ディボーション聖句 使徒の働き8:14~17 14 さて、エルサレムにいる使徒たちは、サマリヤの人々が神のみことばを受け入れたと聞いて、使徒ペテロとヨハネを彼らのところへ遣わした。 15 ふたりは下って行って、人々が聖霊を受けるように祈った。 16 彼らは主イエスの御名によってバプテスマを受けていただけで、聖霊がまだだれにも下っておられなかったからである。 17 ふたりが彼らの上に手を置くと、彼らは聖霊を受けることができた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 14節,当時のサマリヤ地方の人々は、神の民イスラエル人と外国人との混血の聖徒が数多くいて、あらゆる点で国際化が進んでおり、保守的で伝統を重んじ過ぎる傾向が強かったイスラエル人達よりも常識に縛られ過ぎない、自由で柔軟な精神が 備わっていたのです。また、サマリアのクリスチャンたちはイスラエル人たちのようなしっかりした神信仰や人生観がなく、人生の引け目や死を恐れる傾向が強かったので、頑ななイスラエル人たちよりも、神のみことばを 自由かつ大胆に表現して生活できていたのです。 あなたは昔のイスラエル人聖徒たちのように変化を恐れる 頑なな信仰生活を 築き過ぎていませんか? また、あなたはみことばを聞かされた時、変化を恐れず、大胆かつ自由に周囲の人々に証し伝道できる従順かつ柔和な信仰を 保てていますか? もし、あなたに神の祈り以上の応答や永遠なる幸福人生が必要ならば、新しいことを恐れずに、自由かつ大胆に証し伝道する従順かつ柔和な信仰が重要となるからです。肝に銘じあいましょう。 15節,そしてこの時、サマリヤ地方のあまりにも多くの人々が Jesusの十字架贖罪信仰による神の救い(福音)を信じて告白した為に、使徒ピリボだけでは手に負えなくなり、使徒ペテロとヨハネが 洗礼式を行う助っ人として呼ばれたのです。聖書は神の民たちが 神の国と神の義を 第一にする生活習慣さえ 保てれば、クリスマスやイースターだけでやく、世界中の殆どの人々が救われるはずなのですが、現実は教会奉仕者や救霊しようとする まことのクリスチャンたちが不足していると教え説きます。そして世界人類の救い主Jesusは、どこの国も、どこの教会も、神の働き人や 天に宝を積むことクリスチャンは不足しているので、神の働き人や奉仕者の為にとりなし祈るように命じられたのです。なぜなら聖書は、神のラブレターに基づく福音宣教を大切に生きる神の子たち、神の教会で奉仕し続けるクリスチャンたちは天に宝を積むことになり、必ず、永遠に報われると約束するからです。 伝道者の書4:9~10『ふたり以上は,ひとりよりもまさっている。ふたり以上が労苦すれば、良い報いがあるからだ。仲間達は、仲間の誰かが倒れたとき、倒れた その一人を起こしてやる存在となる。倒れても起こす者のいない、ひとりぼっちの人はかわいそうだ。』 マタイ福音書18:20Jesusは言った『二人でも、三人でも、わたし、主イエスの名において集まる所には、わたしも、必ず、その中にいます。』 そして聖書は...『教会』とは 教会堂の建物の名称ではなく、神の御子Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護により 神様に赦されて、神様から集められた「神の子」たちの愛の共同体であり、永遠なる神の家族たちの群れであると、教え説きます。教会とは 神様の特別な選びによって、結び合わされた永遠なる神の家族たちだと、教え説くのです。 また聖書は、この使徒ピリポとペテロやヤコブたちのように神の使命で1つになれる仲間たちの教会に、神の聖霊による大きな御業や感動的な奇跡が表れると預言します。 あなたは教会の仲間たちと使徒ピリポ、ペテロ、ヨハネたちのように、同じ神の使命で1つ心になって祈れていますか? なぜなら聖書は、神の教会やクリスチャンといえども、真心からの友愛、信頼、理解、神のみことばによる使命の一致なくして、神の感動的な奇跡や救霊は現れないと預言するからです。 あなたとあなたの関わる教会のJesusFamilyたちが 同じ使命で心一つに祈るようになり、あなたとあなたの教会に、今までなかった聖霊の奇跡が表れると期待します。 マタイ福音書18:19『もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして、主イエスのお名前で祈るなら、天におられる父なる神様は、それをかなえてくださいます。』 そして聖書は、神を愛し 信頼する事で、Bibleのみことばからの使命で、心一つになれる神の家族形成(教会)こそが、この世界の何よりも、神の御力や奇跡引き出せる術となると、教え説きます。あなたの神様は教会のJesusFamilyとの信仰、隣人愛、使命の一致に数多く現れて下さるのです。 あなたとあなたの関わる教会の神の家族たちに、一生涯の愛の関係、永遠の仲間意識と共通の使命が与えられる事を期待します。 16節,そして、聖職者のペテロとヨハネ達は、Jesusを信じたサマリヤ地方の人々に手をおいて祈り、永遠なる助け主・聖霊を授ける洗礼式の働きをしていました。 このように聖書は、Jesusを 信じて 洗礼を受けるあなたに、人生の永遠なる助け主・聖霊が与えられると約束します。神の御子Jesusのみことば通りに 洗礼を受けさえすれば、まことの父なる神様との関係が回復して、永遠なる絆が深められると教え説くのです。しっかり胸に書き記して下さい。 使徒の働き1:5『ヨハネは水でバプテスマ・洗礼を授けましたが、もう間もなく、あなたがたは主イエスのお名前で、人生の助け主・聖霊を受けるようになります。』 17節,また聖書は、人生で神の偉大なる奇跡や神体験を深め 強めていくには、「聖霊を受ける為の按手の祈り(洗礼式)」が、必要不可欠になると教え説きます。神の祈り以上の奇跡や聖霊体験が乏しいと感じるならは、聖霊の満たしを 祈り求め続けることも大切です。あなたの神様は聖霊に満たされることを 切に祈り求め続ける人の聖霊力を 満たして下さるからです。また聖書は聖霊に満たされれば、クリスチャンは、Jesusが起こした以上の神の御業や奇跡さえも引き出せると預言するのです。 あなたも、当時 信仰の初心者であったサマリヤ人聖徒たちのように純粋かつ従順なクリスチャンライフを手に入れ、教会の神の家族たちと心一つに祈るように変えられていき、不可能も可能にできる聖霊の奇跡が与えられると期待します。 あなたにできなくとも、あなたの内なる聖霊とJesusの教会には、それが可能だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、すでに洗礼を終えた人には、更なる聖霊力のパワーアップを。そして、洗礼前の人には、永遠なる助け主・聖霊力を受けるチャンスと聖霊の満たしを与え続けて下さい。 そうすれば 皆に、今までなかった体験したことのない、Jesusのような奇跡的祝福が任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「