• sgbc-devotion

使徒の働き7:55~60

2018年8月2日(木)

ディボーション聖句

使徒の働き7:55~60

55

しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、

56

こう言った。「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます。」

57

人々は大声で叫びながら、耳をおおい、いっせいにステパノに殺到した。

58

そして彼を町の外に追い出して、石で打ち殺した。証人たちは、自分たちの着物をサウロという青年の足もとに置いた。

59

こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで、こう言った。「主イエスよ。私の霊をお受けください。」

60そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って眠りについた。

[聖句メッセージ]

本日で使徒の働き7章は終わりです。

では、聖句をあげてから説明します。

旧約聖書・エレミヤ書1:6~8 『ある人が 主なる神様に言い訳をしていた。「ああ、主よ。ご覧のとおり、私はまだ未熟であり、私には到底、早過ぎて、人々に、どう みことばを語っていいのか、わかりません。」すると、主なる神様はその人に仰せられた。「まだ早い、若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、語りなさい。あなたが語るなら、わたしは助ける。だから、わたしがあなたに命じるすべてのみことばを語りなさい。人々の顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。」と主は告げられる。』

このように聖書は、神のみことばや律法を聞く時に弱気な不信仰な思いや言い訳を捨てて、常にBible&Jesusの福音と真理を 証し伝えようとする愛の使命に生きようとする あなたには、いつも神様と天使たちが味方することになり、必ず、助け導いてくれると約束しています。しかし聖書は非常に残念ですが...いつも、周囲の人々の反応や空気を読みすぎて不信仰になって弱気になったり、言い訳ばかりして みことばを祈り行えない人たちには、神の偉大なる御業や奇跡は引き出せないと忠告するのです。

あなたはみことばを聞く時、祈りアクションすることより、周囲の空気や反応に流されたり、弱気になって躊躇したり、言い訳をしてごまかす傾向がありませんか?

なぜなら聖書は、このような傾向がある人は、すぐに悔い改めなければ、祈りや願いを叶える奇跡は引き出せないと、忠告するからです。あなたの神様はあなたの思考、動機、行動をみて、祈りや願いを振り分けられるからです。肝に銘じて、悔い改め続けましょう。

ヨハネの福音書15:14~15主イエスは約束された。『わたしがあなたがたに命じるみことばを あなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。』

ヤコブの手紙2:26『たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行いのない信仰は、死んでいるのです。』

聖書で...すべてを治められる神様は、神のみことばに生きようと尽力する人々を喜ばれ、特別な親友として取り扱われるお方だと約束してくれます。神のみことばや礼拝奉仕を行動に移す信仰心がなければ、信仰や聖霊力は死んで役に立たなくなると預言するのです。

あなたは神のみことばや礼拝奉仕を行動に移せない 死んだ 役に立たない信仰、聖霊力に甘んじていませんか?

しかし聖書は、主イエスの十字架贖罪信仰を信じて 今から悔い改め続ければ、神の親友に数えられるチャンスに恵まれて、祈りや願いを叶えられる信仰心や聖霊力は回復して行くと約束するのです。目をさまして 悔い改め続けましょう。

また聖書で...あなたは主なる神様は周囲の人々の反応や空気を 恐れて、福音宣教や証し伝道しないクリスチャンの聖霊力は、常に死んでいる状態だと忠告しています。

あなたは、そういう状態ではありませんか?

なぜなら聖書で、復活したJesusは、それだけを 必ず し続けるように命じられたからです。聖書は、永遠なる幸福人生を獲得するには伝道や証しすることへの弱気、怠惰、恐れは禁物だと教え説くからです。常に内なる聖霊を 信頼することこそが重要です。

55節, このように聖書は神に祝福される人とは、聖霊に満ちたステパノのように、周囲の人々に気を遣い過ぎず、また、権力・経済・快楽ばかりに捕らわれ過ぎず、常に自由に福音を証し伝えられる人々であり、自分に課せられた神の使命や隣人愛を ブレずに大切に生きられる人々だと教え説きます。

あなたの現状は 如何ですか?

もし、あなたにも神の祝福や尽きない幸運が必要ならば、自らの信仰のあり方を正し続けることも重要です。

またBibleは、人は皆、神様からの聖霊力で満たされていくと、いつも 神様がみことばと共に働いて下さる事を確信できるようになれるので、大胆不敵になり、いつ どこでも、また誰にでも、神の愛に満ちた福音を証し伝える人に変えられると預言します。そして聖書は、そういう聖霊に満ちた人たちは、何をしても不思議にうまくいき、必要なものも全てが与えられると、約束しています。あなたの主なる神様は、人を救う福音宣教や礼拝奉仕の愛の使命を大切に生きる人々の必要な経費と必要な物質を すべて与えて下さると、約束するのです。

56節, 聖書で、このステパノは天国にいるJesusが見える程のまっすぐな清い信仰心を持っており、Jesusのような福音宣教による愛の使命や天に宝を積む奉仕に満ちた人生であったと、教え説きます。またBibleは、ステパノは常に神のみことばを思考や生き様にしようとしていた為に 聖霊に満たされており、常に見えない敵とストレスや恐怖心にも打ち勝てていたと教え説くのです。聖書のみことばに人生を賭ける人は皆、ステパノのように神の聖霊力に満たされていくと預言するのです。

57節, ステパノは聖霊に満たされていた為に、誰をも恐れずに人生と死の真理や正論をメッセージできました。このステパノに対して、多くの有名な学者、政治家、裕福なエリート達は、全く返す言葉がなかったのです。

しかし彼らは、ステパノの神の真理や正論に対して 素直に悔い改めるどころか、愚かな自尊心による怒りとねたみに燃え上がり、ステパノに集団で襲い掛かるしかなくなったのです。そして、その中には若かりし頃のパウロもいたのです。後に彼はJesusを信じて悔い改め、180度、人生を悔い改めることになるのです。

58節,そして その暴動の中、ドサクサに紛れた数人の人々が石を振りかざして、ステパノを殴り殺しました。しかし、群衆がステパノを殺害した途端、すべての人々はステパノが神の本物の使徒であったことを 感じ取って恐れ、後悔に苦しめられたのです。その中にいたパウロも、ステパノが本物の聖霊に満ちていた人だったと、気づかされましたが、彼らは神様を敵に回すほどの大罪を犯してしまったのです。

しかし聖書は、ステパノの殉教は神の国の偉大な功労であり、結果、世界史上で,最も強力な使徒パウロを生み出す偉大な神の働きともなったと教え説きます。ステパノは 今や世界中のクリスチャンの模範的ヒーローとされており、神の国でも最高な報いを受けられ続けているのです。人は皆、死を迎えることになりますが、ステパノの死(殉教)はただの死ではなく、最も偉大な死のひとつとして 語り継がれているのです。

ルカ福音書6:22~23 主イエスは言われた。『わたしのために、人々があなたがたを憎むとき、あなたがたを除名し、辱め、あなたがたの名をあしざまに, けなすとき、あなたがたは幸いです。その日には喜びなさい、おどり上がって喜びなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。彼らの父祖たちも、神の預言者たちに同じことをしたのです。』

59節,聖書は...このステパノは、いつもJesusを信頼しており、この世界よりも、もっと素晴らしい天国がある事を確信ていたので、むしろ喜んで、神の国に先立たれたと教え説きます。

ヨハネ福音書12:24~25 主イエスは言った。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。』

60節, また聖書で...神に選ばれしあなたは、現在の日本ではJesusやステパノのように命を狙われる事はないので、福音宣教や証し伝道することを絶対に恐れてはならないと、忠告しています。そして聖書は、神に選ばれしあなたは 神の愛の使命(聖日礼拝、教会奉仕、福音宣教)を忠実に行い続ければ、人生の未来や死後にも豊かな実を数多く結べると約束するのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆の霊の目を開かせて、教会のJesus Familyたちと協力しあい 福音宣教や証し伝道を 人生の使命や生き様に表せるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆、神の偉大なる恩恵や特別な援護を増し加え続けられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

iPhoneから送信

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「