• sgbc-devotion

使徒の働き7:39~41

2018年7月27日(金)

ディボーション聖句

使徒の働き7:39~41

39

ところが、私たちの父祖たちは彼に従うことを好まず、かえって彼を退け、エジプトをなつかしく思って、

40

「私たちに、先立って行く神々を作ってください。私たちをエジプトの地から導き出したモーセは、どうなったのかわかりませんから」とアロンに言いました。

41

そのころ彼らは子牛を作り、この偶像に供え物をささげ、彼らの手で作った物を楽しんでいました。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

使徒の働き7:34 主はモーセに言われた。『わたしは、確かにエジプトにいるわたしの民の苦難を見、そのうめき声を聞いたので、彼らを救い出すために下って来た。さあ、行きなさい。わたしはあなたをエジプトに遣わそう。』

39節, このように聖書で、あなたの神様は、決して, 正しいとは言い切れない この世の権力や常識に影響されて支配されている人々と、イタズラに快楽と人間関係のしがらみに捕らわれて がんじがらめな人生を築いている人々や、病魔などに苦しむ人々の心の叫びや飢え渇きに応えて救い導く為に、わざわざJesusの教会を 世界中に造って、教会から語られるみことばと祈りを通じて、神の永遠なる救いや癒しの手を 差し伸ばされていると、教え説きます。これが目に見えない 神の摂理だと教え説くのです。

あなたは、これら聖書の教えている、永遠なる幸福人生に必要不可欠な神の摂理、真理を ご存知でしたか?

なぜなら聖書は、これらの神の摂理や真理なくして、永遠に報われる幸福人生はなし得ないと預言するからです。人は皆、偶然生まれて、ただ死んでいくだけの存在ではなく、全人生に神様の創造の意図、ご計画、摂理が 存在しているのです。目をさましあいましょう。

また聖書は あなたの人生での試練と苦しみとは、真心から神の存在やみことばと向き合って祈り、神の救いと励ましや助けを受けられる、神体験のチャンスであると、教え説きます。しっかり 胸に書き記して下さい。

そして聖書は、Bibleの言霊力とJesusの教会力には、目に見えない聖霊が宿っており、この二つにしっかり繋がり続ければ、まことの自分らしい、永遠なる幸福人生の糸口を見出せると教え説くのです。聖書は 神の教会から語られるBible&メッセージには目に見えない敵(サタン、悪魔)と人間の罪悪と過去のトラウマや、将来への不安と死の恐れなどに縛られている人々を 開放させる神の奥義と神の国の権威が沢山詰まっていると、教え説くのです。聖書と神の教会に対しての神様からの意図、摂理を しっかり胸に書き記して下さい。なぜなら、あなたの救い主Jesusは、これら二つの神の国の奥義と権威を 大切に行使し続ければ、永遠に報われる幸福人生を獲得できると 約束したからです。

詩篇102:19『主を賛美し、礼拝するために人は創造された。』

39節, また聖書は、人は皆、習慣的に神礼拝をするために造られており、日々の聖書朗読と祈りや 聖日礼拝を 大切に生き続けている人たちは、神様以外の悪い霊からの権力や束縛から開放される恵みを受けられ、永遠なる自由人生を獲得できると約束しています。日々のディボーション(Bible&メッセージからの黙想と祈り)や聖日礼拝を 大切に守っている 人は皆、不思議と永遠に報われる幸福人生を獲得できると約束するのです。

ヨハネ福音書8:32主イエスは言われた。『あなたがたはみことばから真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』

ヨハネの福音書8:36『ですから、もし御子イエスがあなたがたを自由にすると言うなら、信じるあなたがたは、ほんとうに自由なのです。』

そして聖書は、Jesus&Bibleのみことばを受け入れて 日々の生活を築き続ける人々は、いつか必ず、死をも超越した永遠なる自由感や揺るがぬ幸福感を手に入れると約束しています。Bible&Jesusのみことばを 堅く信じ続て、祈りアクションし続ければ、永遠に報われると約束するのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

イザヤ書43:18~19主は言われた。『昔の事どもを考えるな。見よ。わたし・神は新しい事をする。今もうそれが起ころうとしている。』

39節,また聖書は、人は皆、過去の罪悪とトラウマや失敗を 気にし過ぎたり、過去の栄光を追いかけてしまうと、永遠に報われる成功人生を築くのに必要な神様からの使命や未来へのビジョン、夢、向上心まで 見失う、小さくまとまる後悔の残る敗北的人生を 築きやすいと忠告しています。

あなたにはその傾向が ありませんか?

なぜなら聖書は、永遠に悔いのない幸福人生を築くには、これらの点において、日々のBible&メッセージで心の深みを探って、祈り悔い改め続けることが重要だと教え説くからです。

十戒の神の預言者モーセに導かれたイスラエルの多くの人々も、信仰はあったのですが形式的であり、大切な今と未来よりも過去に捕らわれる傾向が強くて、永遠に悔いの残る人生に終わったのです。彼らの過去の体験に縛られ過ぎてしまって、預言者モーセを通して 神が与えた新しい使命、真の夢とビジョン、揺るがぬ自由感と幸福感まで、すべて手放して死んでしまったのです。肝にめいじあいましょう。

40~41節,また聖書は 殆どの人々は自由を手にすると、大切に守るべき真理と真の自由の使い道が分からずに戸惑ってしまって、結果、自分勝手な誤った自由の刈り取りに縛られ、まことの自由感や永遠に満たされる幸福人生を手放して、虚しく死んでいくと預言します。なぜなら聖書は揺るがぬ真理と神様から与えられた 生きる意味と使命感のない人生は、結果、自らの罪悪や過ちに支配されて、自滅すると預言するからです。肝に銘じ 目をさましあいましょう。

あなたは、揺るがぬ真理への確信や 生きている意味、人生での使命感を しっかり持って生きていますか?

これらを しっかり持てなくては、人生の未来や死後は 不安しか生まれないからです。

しかし聖書とは、揺るがぬ真理と永遠なる自由と幸福人生を手に入れられる 神の知恵の書物。日々のBible&メッセージをスポンジのように吸収して祈り、生き様にしていけば得られるものなのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たして、Jesusの信仰力と教会力を しっかり悟らせ、日々のディボーションや聖日礼拝を 大切に生き続けられるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆、見えない敵(サタン、悪霊)から悪影響、支配、束縛、死の恐れから開放されていき、真の自分らしい、悔いなき幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.