• sgbc-devotion

使徒の働き7:35~36

2018年7月25日(水)

ディボーション聖句

使徒の働き7:35~36

35

「だれがあなたを支配者や裁判官にしたのか」と言って人々が拒んだこのモーセを、神は柴の中で彼に現れた御使いの手によって、支配者また解放者としてお遣わしになったのです。

36

この人が、彼らを導き出し、エジプトの地で、紅海で、また四十年間荒野で、不思議なわざとしるしを行いました。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

出エジプト記3:7~10『主なる神様は80歳のモーセに仰せられた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを確かに見、追い使う者の前の彼らの叫びを聞いた。わたしは彼らの痛みを知っている。わたしが、こうして下って来たのは、彼らをエジプトや偽善的指導者達の手から救い出し、その地から、広い良い地、乳と蜜の流れる地所に、彼らを導くためだ。見よ。今こそ、神に選ばれしイスラエル人の叫びは、わたしに届いた。わたしはまた、エジプトが彼らをしいたげているそのしいたげを見た。預言者モーセよ、今から行きなさい。わたしはあなたをエジプト王・パロのもとに遣わそう。わたしの民イスラエル人をエジプトから救い、連れ出しなさい。」』

このように聖書は...世界人類の神様は人間社会の罪悪と過ちと不条理や偽善に気づいて 悔い改めようとし続ける神の子たちと、様々な生活苦や病気で苦しむ弱者たちの心からの叫びを 聞いて下さっており、神様は世界中のBibleのメッセンジャーを通して神の御声と神のご計画を表されると、教え説きます。

神の教会に繋がって Bible&メッセージを読んでいるあなたは、神ご自身が選んだ「神の子(天国人)」になり得ると教え説くのです。神のみことばを聞き、祈り悔い改め続けるあなたには、永遠なる希望があるのです。

また聖書は、あなたの父なる神様は、目に見えずとも あなたを 実子のように深く愛しているので、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰を信じる あなたの全ての罪悪と過ちを赦し、みことばを聞いて悔い改め続けるあなたの人生と死後を 永遠に面倒見て下さると、約束してくれたのです。しっかり 胸に書き記してください。

そして聖書で、あなたの父なる神様は あなたと あなたの家系の未来をも心配して下さり、また、あなたの愛する仲間たちや、生まれ育った国の指導者たちが、これ以上誤った方向に行こうとしないように、時には 人生の試練や天変地異などの様々な災いや経済不況などを起こして気づかせようとしたり、神の教会から語られるみことばを通して警告したりなどして、人類が守るべき真理と正義を教え諭そうとしていると、預言するのです。必要以上の人生の試練と攻撃や、この国に大災害となる天変地異が起こらぬよう、目をさましあい 祈り続けましょう。神の教会で礼拝し続ける神の子たちの祈りには、特別な神の国の権威が任されるからです。

創世記18:32『「主なる神様。どうか、主なる神様や愛を軽視して、好き勝手に生きる人々をお怒りにならないで下さい。そして、今一度だけチャンスを与えて下さい。もしや、この国に10人、正しい人が見つかるかもしれません。」すると主は仰せられた。「ならば、その国を滅ぼすまい。その10人のために。」』

また聖書で...あなたの神様は、この日本の天災や原発事故などによる諸々の事故災いや経済的問題など、全ての悪循環を 神の教会の祈りで食い止めさせる為にも、あなたを選んで教会に招待したと、教え説きます。Bibleは神に召されてJesusに救われた「神の子」たちが 教会に繋がって、愛する国の為に祈りつつ、真理と隣人愛を 大切に生き続けられれば、この国の大地震や異常気象などの天災、原発などの環境破壊、経済的下降を 食い止める 何よりの防衛策になると、教え説きます。神の教会の祈祷力は、神様の御業や奇跡を呼び起こせると教え説くのです。聖書は、天変地異と事故災いや難病は主なる神様の教会力と祈祷力に頼るしかないと、教え説くのです。あなたとあなたの礼拝する教会祈祷力が天変地異や事故災いを食い止めたり、難病を癒す為に用いられると期待します。なぜなら聖書は、神の教会の聖職者と神の家族たちが 心一つに祈り続ければ、不可能はないと約束するからです。

マタイの福音書16:18~19主イエスは約束した。『ではわたしもあなたに言います。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス(地獄)の門もそれには打ち勝てません。わたしは、あなたの教会に天の御国のかぎを上げます。』

イザヤ書52:13 主なる神様は約束した。『見よ。わたしのしもべは栄える。彼らは高められ、上げられ、非常に高くなる。』

申命記5:9~10『あなたの神、主以外を拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを1000代にまで施すからである。』

これらの聖書の預言通り、世界史を紐解いても、Jesus信仰と教会力を 大切にしてきた国々はすべて栄えており、世界のリーダーシップを発揮してきました。古代ではローマ帝国、現代ではアメリカ合衆国などが その代表的な国ですが、Jesus信仰、聖書を重んじる国は世界的に稀に見る程に、長期的な繁栄と大国を 築いてきたのです。この国も、そうなると期待します。

35節, 尚、世界史に名を刻んだ 十戒のモーセは、決して立派な人格者とは言えませんでした。彼は 十戒を表明した、ちょうど40年前の40歳の時、彼は暴力と暴言を受けて迫害されていた 同じ神の家族たちを助けようとして、ひとりのエジプト人を誤って殺してしまったのです。彼は正当防衛でしたが、誤って 殺害してしまったのです。そして その事件直後、モーセは 周囲の仲間達から、いくら モーセが真理や愛を語り行おうとしても、昔、人殺しをしてしまったモーセになんか 言われる筋合いはないとまで 言われたことがあり、彼は自信喪失をして全てを捨てて 外国のミデヤンという地に夜逃げして、人生をやり直した人でした。

世界史に名を刻んでいる 伝説の預言者モーセは、過去に大きな過ちを犯した罪人だったのです。このように聖書は、神の祝福の選択基準に、この世の成功、財力、地位、人気、学歴、ルックス、名声や 過去の失敗や犯罪歴は関係ないと教え説きます。しっかり 胸に書き記して下さい。

あなたは、過去に 大きな罪悪や過ちを犯した為に、もう自分は 立派な人格者にはなれないなどと決めつけたり...自分には大した財力、コネクション、学力もないし、またルックスもイマイチなので、成功的な人生は難しいと 決めつけてしまう傾向はありませんか?

なぜなら聖書で、世界人類の主なる神様は、あなたが 成功的人生を築くのに大切なのは、才能と努力だけでなく、如何にして真理(神のみことばの知恵と幸運)に基づくビジョンと隣人愛を大切に生き続けられるかが重要だと預言するからです。また聖書は、過去のあなたの人生が どうであれ、大した問題ではないと 教え説くのです。しっかり胸に書き記して下さい。

36節, このモーセも、40歳で大きな失敗を犯してからは、80歳まで信仰深くて、あまり目立たない人生を送ってきましたが、80歳になった時に、神のみことばを 堅く信じて 立ち上がっただけで、結果として、敵国エジプトの強力な武力や政治経済力に屈する事のない、イスラエルの歴史的指導者(英雄)に生まれ変わり、神の奇跡を起こした伝説の預言者となれたのです。伝説的な神の預言者モーセは、絶えず みことばによるビジョンと隣人愛だけを大切に握り締めて、人生を切り開き続けた為に、結果 世界的な英雄、成功的な偉人になれたと教え説くのです。

神様は、神のみことばの使命に人生を賭けた預言者モーセを 特別に援護して下さり、神の民たちの敵国エジプトに対して、様々な自然災害や病原菌ウィルスなどのダメージを与えたりして、信仰者たちの全ての問題をみことばで解決してあげたり、貧しく弱かった神の民(イスラエル民族)たちを 裕福で、愛と信仰と希望に満ちた 素晴らしい平和的民族に造り変えられたのでした。

このようにBibleは、もし あなたが 本気で、Bibleのみことばを 堅く信じて、神の国拡大のビジョン(福音伝道、教会奉仕)の為に協力し前進し続けるのなら、あなたの全ての問題は不思議に解決したり、いつも あなたには神の奇跡が味方する 成功的な幸福人生になり変わると預言します。すべては、あなたの信仰による姿勢と生き様次第だと教え説くのです。

しかし、あなたはモーセのように神の国拡大の使命に尽力していき、結果、何をしても永遠に報われる幸福人生を勝ち取れると期待します。あなたの内なる聖霊は、その為の救い主だからです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の預言者モーセのように、Bibleのみことばを 堅く信じて、日々 神の国拡大の使命の為にしっかり協力して前進し続ける人生にして下さい。

そうすれば、皆の全ての問題は不思議に解決していき、永遠に報われる幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「