• sgbc-devotion

使徒の働き7:9

2018年7月18日(水)

ディボーション聖句

使徒の働き7:9

族長たちはヨセフをねたんで、彼をエジプトに売りとばしました。しかし、神は彼とともにおられました。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

9節この『族長たち』とは、ヤコブ(世界人類の信仰の父アブラハムの孫)の子たちで、神の民、イスラエル民族のルーツとされている12人の肉親の兄弟たちを意味します。

尚、この「族長たち」は、ヨセフとベニヤミン以外のヨセフの10人の実の兄たちのことを指すのです。ベニヤミンは、ヨセフの唯一の弟。

ヨセフとベニヤミンやほかの十人の族長たちは祈りの人・ヤコブの息子たちでした。Bibleは、神の奇跡を呼び込んだり、願いを叶えるコツとは、ヤコブのように命を狙われる状況に陥ろうが致命傷に近い怪我をしようが、何が起きても、徹底的にBibleのみことばを確信して従い、祈り続ける攻撃的な信仰心と、全くあきらめずに、ただ期待し続けて、祈り待ち続ける忍耐心が必要不可欠だと教え説きます。ヤコブのようなクリスチャンの祈りに、あなたの神様は大きく報いて動かれるのです。しっかり 胸に書き記して下さい。

あなたは夢と願いを叶える為なら、ヤコブのように、みことばを徹底的に信じ従順になろうとする覚悟がありますか?

また、ヤコブのように何が起きようとも、決してあきらめずに、Jesusの十字架贖罪信仰にすがり続け、神の奇跡を待ち望められる忍耐心を 大切に生きていますか?

なぜなら聖書は、あなたの夢と願い以上を叶える為には、ヤコブのような信仰心が 問われると預言するからです。肝にめいじあいましょう。

9節『ヨセフ』はヤコブの12人の子供の中で、11番目でしたが、幼い頃から信仰深くて, みことばの預言力に長けていた個性的な人でした。また彼は、父・ヤコブに一番可愛がられており、口が達者で活発で、大きな夢を持っていた為に, 常に他の10人の兄達から妬まれていたのです。

ある日、このヨセフは神の預言を秘めた不思議な予知夢を、連夜見たのです。その予知夢の内容は...彼の身分は、将来、自分の11人の兄弟たちが、自分に向かってひれ伏す程までに成功するというものであり、二日目の予知夢は、父・ヤコブや母・ラケル達も、自分に向かってひれ伏す事になるという、予知夢でした。これらの予知夢を聞かされた10人の兄たちは、妬みと怒りで燃え上がりました。弟ヨセフの自分の夢は叶って大成功するというみことばの預言と夢を聞かされた、実の10人の兄たちは嫉妬心が燃え上がり、ヨセフを殺して、両親たちに事故に見せかけようと、本気で計画したのでした。

あなたは、神のみことばの預言、使命、夢を 確信して、力強く証ししているクリスチャンに協力しするどころか、嫉妬して無視したり距離を置いたりなどして、神の使命や働きを 邪魔したことはありませんか?

なぜなら聖書は、神のみことばの預言、約束、使命、清い夢を 確信して証しするクリスチャンたちに協力できない人に、神の圧倒的な祝福や神様からの夢、大成功などあり得ないと預言するからです。神の国の使命、清い夢やビジョンに非協力的な人に神様からの圧倒的な祝福や、願いを叶えられる祈祷力は皆無なのです。肝にめいじあいましょう。

そして後に、ヨセフは十人の兄たちに深い穴に落とされ、命は助かりましたが 兄たちによって外国の隊商に奴隷として、売られてしまったのです。そして、10人の兄達は結束して、弟・ヨセフの服に羊の血を付け、父・ヤコブには弟ヨセフは獣に襲われて死んだと偽ったのでした。

このようにBibleは、人の妬み、怒りとは、時に、神の使命や清くて偉大な使命や夢を 託されたクリスチャンたちに協力できずに邪魔する、恐ろしい闇の力(悪霊力)に支配されて、破滅的な人生に陥ると預言します。聖書は、人は皆、神のみことばの預言や清い使命に非協力的な人生は 神様を敵に回す破滅人生の罠が待っていると警告しているのです。

あなたは、神のみことばの預言や神の清くて偉大な使命に非協力であったり、邪魔することはありませんか?

神のみことばの預言や神の偉大なる使命だけは、妨げてはならないからです。肝にめいじあいましょう。

また聖書は、もし あなたが怒りや妬みを手放さなければ、神の祈り以上の奇跡や永遠なる救いまで手放すことに繋がるので、目をさまして気をつけ合うように、教え説いているのです。

エペソ4:26~27『怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまでは憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えるからです。』

ガラテヤ書5:19~23『人の罪は明白であって、次のようなものです。不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、遊び過ぎ、そういった類のものです。』

第一ペテロ5:8『どんな事が起きても、身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食い尽くすべきものを求めながら、歩き回っているのです』

そしてBibleは, 人は皆、神のみことばの預言や使命をあなどったり、嫉妬と怒りや行き過ぎた競争心、復讐心に捕らわれると、必ず、見えない敵(サタン、悪霊、悪運)を呼び寄せる事になり、自分自身の大切な人生と家族や友愛関係さえも、めちゃくちゃに破壊されてしまうと、預言します。Bibleは、神のみことばの預言や使命を軽視したり、何かトラブルが起きて、ねたみと怒りや憎しみなどを大切に持ち続けると、その人々は悪霊の道具とされてしまい、せっかく手に入れられるはずの永遠なる幸福人生、家族愛、夫婦愛、友愛までもが破壊され、大切なモノを永遠に失う恐れがあると忠告するのです。目をさましあいましょう。

ヤコブ書2:18『もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という最高の律法を守るなら、あなたがたの行いはりっぱです。』

コロサイの手紙3:13~14『互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主なる神様があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも許し合いなさい。そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。』

ローマ信徒への手紙12:19『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」』

第一ヨハネ4:16『神は愛だからです』

また聖書は、もしあなたが ひどい仕打ちを受けた時、真心から、これらのBibleのみことばを思い、人を許そうとするなら、あなたの主なる神様は、あなたの代わりに立ち上がって下さると約束してくれます。そして、あなたにひどい事をした人の人生に働きかけて、あなたの代わりにすべてを微調整して報いて下さると約束するのです。神に永遠に祝福される人生とは、あなたにひどい事をした人を理解して赦し受け入れようとする霊的戦いがあり、全ての怒りと復讐心を 父なる神様に祈り任せる信仰心が必要不可欠なのです。聖書は、神様が永遠に味方してくれているあなたは、たとえ 何をされても、どんなひどい事を言われても、もう 怒りと憎しみや嫉妬心に捕らわれずに、神のみことばの預言や使命を 大切に握り締めつつ、自由に、あなたらしく生きようとし続ければ永遠に報われると約束してくれるのです。AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、神のみことばの預言や使命を 確信したクリスチャンに協力して、徳を高められる人生と人間関係を築けるように助け導き、また、たとえ ひどい事をされても、主なる神様に祈り明け渡して、人を許せるクリスチャンに造りかえて下さい。

そうすれば、皆の人生と人間関係を 神様がBestに調整して下さり、 見えない敵に勝利しながら、永遠に報われる幸福人生を 獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.