• sgbc-devotion

使徒の働き6:1~4

2018年7月11日(水) ディボーション聖句 使徒の働き6:1~4 1 そのころ、クリスチャンたちがふえるにつれて、ギリシヤ語を使うユダヤ人たちが、ヘブル語を使うユダヤ人たちに対して苦情を申し立てた。彼らのうちのやもめたちが、毎日の食事の配給でなおざりにされていたからである。 2 そこで、十二使徒は弟子たち全員を呼び集めてこう言った。「私たちが神のみことばを あと回しにして、食卓のことに仕えるのはよくありません。 3 そこで、兄弟姉妹たち。あなたがたの中から、神の御霊と知恵とに満ちた、評判の良い人たち七人を選びなさい。私たちはその人たちをこの奉仕に当たらせることにします。 4 そして、私たち牧師は、もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします。」 [聖句メッセージ] 本日から使徒の働きは6章です。 では、聖句をあげてから説明します。 マタイ福音書28:28〜30『死から復活したイエスは、近づいて来て、信じる人達ににこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々をクリスチャンとしなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマ(洗礼)を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのみことばを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』 このように 神の救い主Jesusは、世界人類の罪悪と過ちの身代わりの死と弁護の贖罪のために、十字架上について死んでから、その3日後によみがえり、ご自分(Jesus)を信じて悔い改め続ける人は皆、たとえ死んでも、永遠なる天国人生を生きられると、約束してくれました。そしてJesusは、天国行きの内定を受けられた人は皆、周囲の人々を見捨てることなく、神に赦され救われて、人生と死が祝福されるためのみことばを 証し伝道するようにと、命じられたのです。これが神の特別の赦しと「神の子」としての特権 を与えられた あなたに与えられた、新しい生きる意味と永遠なる使命になります。 あなたはJesusによる 神の赦しと天国行きの内定を受けられたのに、周囲にJesus信仰の福音や真理を証し伝道する使命と祈祷課題を 軽視する傾向がありませんか? なぜならBibleは、神の赦しを受けられたクリスチャンと言えども、Jesus信仰の福音や真理を証し伝道しなければ、人生と死が虚しくなるばかりだと預言するからです。人生で一番大切な使命は周囲にJesus信仰の福音や真理を 証し伝道することだと教え説くのです。神の永続的な祝福や永遠に報われる幸福人生を築くのに必要不可欠なのは、神の教会のJesus Familyたちと結束して祈り、周囲に福音宣教や証し伝道する使命だと教え説くのです。福音宣教や証し伝道する人がいなければ、あなたの大切な人々を救うことはできないからです。目をさましあいましょう。

1節,聖書は、この初代教会の人々は、何よりも神の御子Jesusからの宣教命令を 大切に生活し続けていた為に、いつも神の奇跡や祝福が味方する幸福人生を築けていたと、教え説きます。彼らは、日課のように福音宣教や証し伝道をして生活していた為に数多くの神の奇跡や天国行きの仲間たちも獲得できていたのです。日課的に福音宣教や証し伝道をしようとしない、クリスチャンの聖霊力は衰え果て、無力に等しくなり得るのです。何が生きる使命なのか、目をさましあいましょう。

ローマ書8:1『こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。』 またBibleは、Jesusの十字架贖罪信仰を信じて 悔い改め続ける人は皆、ただ それだけで、たとえ どんな罪悪と過ちを犯したとしても、神様に永遠に赦される「天国人」にされると、約束しています。神の実子Jesusの命懸けの愛と弁護による贖罪信仰だけが、あなたを 永遠の人生に救い導けると教え説くのです。あなたは、神の実子Jesusの愛に満ちた身代わりの死と弁護による贖罪信仰のおかげだけで、神様からの永遠なるチャンスを獲得できたと教え説くのです。子の真理を胸に書き記し、Jesusの教会礼拝や奉仕を大切に生き続けられれば、永遠に報われると教え説くのです。 1節,ユダヤ人の主要語はヘブル(ヒブル)語です。しかし、この初代教会の時代のユダヤ人たちは、当時 強大な権力をもっていたローマ帝国とギリシャの2大国の影響が強く、ユダヤ人達の多くも移民として両国に住み着いていた為、ラテン語とギリシャ語しか話せないユダヤ人達も数多く存在していました。ですから聖書のみことばや律法を知らないユダヤ系の人々も数多くいたのです。 尚、当時の初代教会は 物質的に恵まれない貧困層に 衣食住を分け与える愛の奉仕を何よりも大切にしていました。

あなたは、教会の使命や奉仕に しっかり協力していますか?

なぜなら聖書は、神の赦しを受けたい人は皆、神の教会に与えられている使命や奉仕を通して、しっかり天に宝を積むように命じているからです。天に宝を積まずして、神の永続的な祝福や死後の恩恵は皆無だからです。

『やもめ』とは、夫を亡くした未亡人という意味があります。

尚、今日の聖句は...当時の初代教会にいた やもめの多くは移民が多くて、ヘブル語が話せなかったため、教会のクリスチャン達とのコミュニケーションがうまく取れずに、食事の無償のサービスを受けられないという、教会内のトラブルについての聖書箇所になります。 あなたは教会内の仲間たちや聖職者たちと深いコミュニケーションや神の使命と奉仕による協力関係が しっかり取れていますか? 神のからだなる教会のクリスチャンたちに深いコミュニケーションや奉仕による協力関係がなければ、神の祈り以上の奇跡と聖霊の御業は期待できないからです。しかし今週から、あなたは神の教会の仲間たちや聖職者たちと深いコミュニケーションや しっかりした奉仕の協力関係を築いていき、神の祈り以上の奇跡や永続的な聖霊の満たしが受けれられるようになると、期待します。なぜなら聖書は、素直に悔い改める神の子たちは、今より いく倍も報われると約束するからです。 マタイ福音書6:20主イエスは言われた。『自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。』 聖書の教える天に宝を積む行為とは、自分自身の利益だけの為だけに働かず、神のカラダである教会内で奉仕や献金をし続けたり、様々な恵まれない人々に対してのチャリティ活動などにも積極的に協力する愛の活動だと、教え説きます。これら教会内外で、天に宝を積み続けることを 喜びや誇りとして生き続ければ、神の祈り以上の祝福や 今よりも百倍以上の恵みさえも任されると、教え説くのです。 2節,『サービス』とはラテン語の「奴隷」からきており,奴隷のように無償でする奉仕活動やその精神を意味します。また『サービス』とは「神に礼拝する、仕える」という原語から生まれており、現在でも「日曜礼拝」を「SundayService」と言うのです。 世界人類初の『サービス制度』の起源は、この初代教会にあったのです。 そして初代教会がスタートすると、12使徒達は牧師の役割である牧会をスタートさせました。彼らの牧会の最初の仕事とは、各奉仕者たちを任命する働きだったのです。 3節,そしてこの時、12使徒達は 食事のサービス責任者(奉仕者・執事)を7人任命しましたが、これは世界人類に初めて「執事職」が生まれることになるのです。 世界最初の『執事』は、Bibleの神のみことばをよく知った人で、何よりも、愛と救霊心を第一に生活する聖霊に満ちた評判の良い人が選ばれていました。 4節,『牧師の牧会』とは神様からの約束であり、世界人類の揺るがぬ真理で、全人生の原理原則とも言われるBibleのみことばを正しく教える働きであり、Bibleのみことばから預言をひきだしながら、人々を 祈りながら導く、神公認の人生の導き手の意味があります。そして聖書は、「牧師」とは神の認める神の協力者たちであり、神の御力と援軍を引き出す為に、神に与えられた聖霊力と祈りの才能を用いて、周囲の人々の様々な問題を 神のみことばと祈りで解決する、神の働き人だと教え説くのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 エペソの手紙4:12~13「神のカラダとなる教会とは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。」 そして聖書は神の御力や奇跡が現れる教会とは、神様に選ばれた神の子たちが 日々のみことばで整えられて一致していき、各自が与えられた奉仕をすることで 神様の代わりに神の御業と神の愛の働きを担う共同体に徹するクリスチャンたちに現れると預言します。もし、あなたに神の永続的な恵みや永遠の恩恵が必要なら、神の教会に協力することが重要なのです。 第一ペテロ4:10『それぞれが賜物(才能)を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、教会で互いに仕え合いなさい。』 そして聖書は、人は皆、与えられた才能を 自分の欲望だけでなく、神様の御心と隣人愛の奉仕の為にバランス良く用いれば、揺るがぬ幸福と神様からの100倍の報いさえ期待できると、約束してくれます。自分自身、神の国拡大、隣人愛を バランス良く行える人生に、神の偉大なる御業や祈り以上の奇跡が任されるのです。 近い将来、あなたが天に宝を積む事を何よりの喜び、誇りとして生きるように変えられ、神の祈り以上の奇跡や今よりも100倍報われる幸福人生を獲得できると 期待します。なぜなら あなたの内なる聖霊と神の教会は、その為に与えられているからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、自己愛、神愛(神の国拡大)、隣人愛を バランスよく表現できる人生となり、天に宝を積む事を 誇りとして、喜べる者たちにして下さい。 そうすれば 皆、神の祈り以上の奇跡や今よりも100倍報われる幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「