• sgbc-devotion

使徒の働き5:29~33

2018年7月8日(日) ディボーション聖句

使徒の働き5:29~33

29

ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。「人に従うより、神に従うべきです。

30

私たちの父祖たちの神は、あなたがたが十字架にかけて殺したイエスを、よみがえらせたのです。

31

そして神は、イスラエルに悔い改めと罪の赦しを与えるために、このイエスを君とし、救い主として、ご自分の右に上げられました。

32

私たちはそのことの証人です。神がご自分に従う者たちにお与えになった聖霊もそのことの証人です。」

33

彼らはこれを聞いて怒り狂い、使徒たちを殺そうと計った。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

29節, ユダヤ国議会に呼び出され、二度とJesus信仰を証し伝道しないように脅された使徒ペテロとクリスチャンたちは ユダヤ教信仰をもっていた政治家と祭司たちに、以下のように言いました。

『まことの神信仰を信じるとは、神のみことばを信じて従う事であり、みことばの真理に背く人々の脅しや必要以上の束縛を恐れずに自由に生きることではないのですか? ですから、私たちは皆さん(議会)の脅しには屈しません。引き続き、私たちは 神の御子Jesusのみことば通りに、周囲の一人でも多くの人々が永遠なる人生(天国行き)を手に入れられるように、Bible&Jesus信仰を 証し伝道し続けます。」

このように使徒ペテロとクリスチャンたちは、ユダヤ国議会から脅されて、逮捕されようとも、全くブレずに証し伝道し続けました。これがJesusの教えた、神の奇跡と百倍の報いを受けられる、本物の信仰の型なのです。

あなたは ユダヤ議会で脅されても、全く屈しなかった使徒ペテロやクリスチャンたちのように本物の生きた信仰を守ろうとしていますか?

それとも、試練や攻撃を受けると逃げ出すだけの形式のご利益宗教の罠にハマっていませんか?

本物の信仰にパラダイムシフトしなければ、永遠に報われる幸福人生は皆無。仲間たちと悔い改め続けましょう。手遅れではないからです。

また、あなたは神の目よりも、周囲の人々にどう思われているのか、他人の評価ばかり気にし過ぎて、神様よりも人様を恐れてしまう、見えない敵の支配するご利益宗教の傾向がありませんか?

神様とそのみことばよりも人様や世間体を気にさせようとするのが見えない敵、悪魔、サタンの罠だからです。目をさましあいましょう。

マタイ福音書10:28『からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、魂も体も、ともにゲヘナ(地獄)で滅ぼすことのできる神様だけを恐れなさい。』

箴言29:25~26『人を恐れると人生のわなにかかる。 しかし主なる神様に信頼する者は守られる。支配者の顔色をうかがう者は多い。 しかし人を裁くのは人ではなく、結局は主なる神様である。』

またBibleは、神の御子Jesusを信じて悔い改め続けているクリスチャンは「永遠なる神の子」とされており、何ものも恐れる必要がないと 教え説いています。Jesus信仰による永遠の救いを 証し伝えようとする人は皆、神の特別な奇跡や天使からの援護を受けられるので、何ものも恐れる必要がないと 教え説くのです。胸に刻みましょう。

そしてBibleは、もし あなたが今日の聖句のみことばを堅く信頼して、あなたの苦手な人々や上役に対しての苦手意識や恐れを、今から祈り捨て去ろうと決心するのならば...あなたの内なる聖霊は、あなたの苦手な人間関係に働いて下さり、程良い距離感と より良い人間関係へと修復して下さると、約束しています。必要以上の苦手意識は禁物なのです。

30節, そして 使徒ペテロたちは、ユダヤ議会の脅しやプレッシャーに打ち負かされるどころか、かえって、情熱的にJesusのみことばに従い続け、威圧してくる政治家と宗教指導者達を 全く恐れずに証し伝道し続けたのでした。

使徒ペテロたちは以下のように証ししました。『全世界人類の創造主なる神様は、あなた方が偽りと権力やお金を使って、十字架の死に追いやった 神の御子Jesusを 死から3日後に蘇らせられました。神の御子Jesusの十字架贖罪信仰を信じて 従い続ける わたしたちクリスチャンは、永遠なる神の恩恵や神の赦しによる天国行きが約束されたので、あなたがたを 全く恐れません。福音宣教も、止めることはできませんよ』と、使徒ペテロたちは熱く証しし続けました。

31~32節,そして、使徒ペテロたちは、以下のように証しし続けました。

『そして父なる神様は...現在.神の国で 御子Jesusをご自分の右隣りの世継ぎの席に座らせており、今はJesusこそが天地万物の主権者となられています。ですからJesus信仰を信じて悔い改め続けるクリスチャンは、その十字架上の身代わりの死と弁護により、永遠に救われるのです。人は皆、自らの人生での罪悪と過ちを省みながら、Jesus信仰を信じて悔い改め続ければ、誰でも 神に赦されて永遠に救われるのです。そして私たち使徒たちは、神の証人であり、Jesusを信じて与えられた聖霊のおかげて、私達は神の不思議や奇跡的な癒しを行うことがあるのです。』と、使徒ペテロたちは権力に全く屈せず、大胆に証しし続けたのです。

このようにBibleは、人と場所を選ばずに、Jesus信仰の福音と真理を大胆に証しする者たちには、聖霊の後押しと神の奇跡が任されると、約束してくれます。あなたの内なる聖霊とは、神のみことばの御霊であり、大胆に証し伝道し続けたいご神格のお方なのです。そして聖書は、この聖霊のご性質とご神格に人生と生活を委ねる人は皆、永遠に報われる奇跡を引き出せると預言するのです。しっかり胸に書き記して下さい。

使徒の働き4:13『使徒ペテロとヨハネは大胆に神様のみことばを語るが、二人が無学な、普通の人である事を、権力者たちは知っていた』

33節,学識のあった有力な政治家と宗教指導者達は、使徒ペテロ達が全く無学であり、歳も自分達より若く、また、家柄も普通の人々であったので、聖書の教える 永遠の真理と福音を大胆に説得力あるように語っていた為に驚き、プライドも傷ついて、段々と怒りや嫉妬で燃え上っていきました。このように聖書は、聖霊に満たされていくと、どんな知者も太刀打ちできないほど、大胆に福音や真理を語り続けられる神の知者に変えられていくと預言します。使徒ペテロは無学な漁師でしたが、まるで機関銃のように難解な神学、真理、神の摂理、奥義、福音を証し続けていたのです。聖霊力の満たしを祈り求め続けましょう。聖霊に満たされ続ければ、クリスチャンは永遠に安泰だからです。

第一コリント1:27,29『しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。』

またBibleは、人は皆、神の御前に平等であると教え説いています。その為、主なる神様は 必要以上にプライド高い人と経済力や地位や学識を自慢する人々を、クリスチャンたちを用いて はずかしめるとも、預言します。神様の祝福を受けたり、神様に用いられる偉大な器になるのに、この世の財産、家柄、学力、容姿、人気などは全く関係なく、むしろ それらの才能やプライドが邪魔になり得ると、預言するのです。

あなたは 神様に信頼されて任され与えられた才能、財力、知力、学力、容姿、人望、体力などを 周囲の人々と比較して高慢に勝ち誇ったり、または、人比較して卑下することはありませんか?

なぜなら聖書は、人は皆、所詮、大差などないと教え説くのです。人は皆、裸で生まれ、数十年すれば皆、裸で死んでいく存在にすぎません。人生や才能に実は大差などないのです。聖書は 人生と死で大切なのは、死後の永遠の世界だと教え説くのです。肉体の人生は長くて数十年、しかし、死後の人生は永遠です。目をさましあいましょう。

使徒ペテロたちのように...あなたもBibleの真理と奥義を スポンジのように吸収しながなら、神の知恵と真理を 人生の第1の糧とするようになり、必要以上のプライドと自慢や 劣等感を捨て去り、何よりもJesusの福音伝道や証し伝道を大切に生きて、永遠に報われる幸福人生になり変われると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、必要以上のプライドと自慢や、劣等感や、他人への意識過剰と苦手意識を 捨て去れるようにして、周囲を永遠に救いだせる福音伝道と証し伝道を大切に生き続けられるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆、神の偉大なる奇跡と後ろ盾も 引き出しながら、永遠に報われる幸福人生を獲得できるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「