• sgbc-devotion

使徒の働き4:11~12

2018年6月21日(木) ディボーション聖句 使徒の働き4:11~12 11 「あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった」というのはこの方のことです。 12 この方、イエス以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 11節『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった』とは...旧約聖書・詩篇118:22の預言的な神のみことばです。 この「捨てられた石」とは人々に利用されて裏切られ、無実であるのに十字架処刑されて、世界人類の罪悪を贖罪して救う為の「捨て石」となられた神の御子Jesusのことを指します。 「礎の石」とは、「何よりも重要な役割りを果たす土台」という意味がありますが...神の御子Jesusはご自分を信じる全ての人々の罪悪と過ちを 贖罪して救う為に、十字架上で血を流して命を投げ出すことで、永遠なる天国への道の土台作りを 果たすという預言的なみことばになるのです。この旧約聖書の詩編の預言通り、神の御子Jesusは十字架上で、世界人類の救い(贖罪)を果たされたのです。 このようにBibleは、あまり大切でないと感じてしまうBibleのみことばやJesusの教える隣人愛や真理こそが、実は人生で最も重要であり、肉体の死後、天国に行く為に必要不可欠だと預言します。人は皆、身勝手で不完全な為、神の御子Jesusの十字架贖罪信仰による悔い改めなくして、まことの幸福人生や永遠なる天国人生もあり得ないと、預言するのです。

あなたは どうすれば、何を追求して生きていけば、不幸で終わらず、悔いのない 永遠なる幸福人生を 手に入れられると考えますか? なぜなら聖書は、国家と個人が 真の平和と揺るがぬ幸福を勝ち取るのに、一番大切なのは神信仰による真理と隣人愛を 追求する社会形成であり、肉体の死後に神の裁きや地獄行きを免れる方法はJesus信仰による悔い改めしか、あり得ないと教え説くからです。聖書のみことばは全世界、全人生と全死に成就するので、しっかり胸に書き記して下さい。 第一コリントの手紙1:18『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力 そのものです。』 ローマ信徒への手紙6:23『人間の罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスから与えられる永遠のいのちです。』 12節,またBibleは、この世界にはJesusの十字架信仰力や聖書のみことば信仰以上のパワーなど存在せず、Jesusが十字架上で流された血潮、その身代わりのいのちと弁護による贖罪以外では、人間は絶対に救われないと教え説きます。永遠とは、Jesusを信じてBibleを通して悔い改め続ける神の子たちにだけ与えられる特権だと、教え説くのです。神の御子Jesusの十字架上の身代わりのいのちと弁護による贖罪信仰を信じて、日々 悔い改めようと教会礼拝や献金奉仕を 大切に守るあなたは、すでに「永遠なる神の子」としてカウントされています。この永遠なる特権を 自覚することこそも大切なのです。そして聖書は、今はそれができていなくても、明日から悔い改めれば、あなたにも永遠なる恩恵や幸福人生は与えられると、預言するのです。 ヨハネ福音書14:6『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはできません。』 また聖書は、人生と死の取り扱い説明書であると言われています。聖書から人生の行く先と死後について、しっかり 学び取り、未来や死後に備えることも重要なのです。 ルカ福音書23:43『イエスは、言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」』

マタイの福音書6:19〜20「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。」

そして聖書は、聖書の真理と神の無限なる愛(JesusLove)を悟る 神の子たちの恐れは、まったく消え去ると預言しており、神の国と神のみことばに人生を託せる人たちの未来や死に、不安や心配はいらないと、約束してくれます。神のみことばと福音宣教活動やJesusの教会と隣人愛を 大切に生き続ければ、何をしても、死んでも永遠に報われると約束するのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、主イエスの十字架力と無限なる愛を 悟らせ、永遠なる真理と隣人愛やJesusの教会を大切に生き続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、全ての恐れと不安や心配が消え去り、祈り以上の応答を手にする、永遠に報われる幸福人生を 獲得できるからです!主イエスのお名前で,期待して祈ります。AMEN!!!

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「