• sgbc-devotion

使徒の働き4:5~10

2018年6月20日(水) ディボーション聖句 使徒の働き4:5~10 5 翌日、民の指導者、長老、学者たちは、エルサレムに集まった。 6 大祭司アンナス、カヤパ、ヨハネ、アレキサンデル、そのほか大祭司の一族もみな出席した。 7 彼らは使徒たちを真ん中に立たせて、「あなたがたは何の権威によって、また、だれの名によってこんなことをしたのか」と尋問しだした。 8 そのとき、ペテロは聖霊に満たされて、彼らに言った。「民の指導者たち、ならびに長老の方々。 9 私たちがきょう取り調べられているのが、病人に行った良いわざについてであり、その人が何によっていやされたか、ということのためであるなら、 10 皆さんも、またイスラエル(神の民)のすべての人々も、よく知ってください。この人が直って、あなたがたの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのです。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 5節,使徒ペテロとヨハネが、ユダヤ教の礼拝堂の入口で、生まれながら足の不自由な人を祈りの奇跡で癒してあげてから、Jesusの福音メッセージを語ると、その日だけで ユダヤ教徒たちの一万人以上が、Jesusを信じて救われました。しかし それを見ていた、当時の政治的権力を持っていたユダヤ教の祭司と会堂責任者達は、使徒ペテロとヨハネを捕えて、ユダヤ教の妨げになると 留置してしまったのです。使徒ペテロとヨハネたちは何も法を犯していませんでしたが、祭司たちは、このままではユダヤ教の信徒たちが激減してしまい、自分たちの職を失う可能性を恐れたのです。

このように聖書は、Jesus信仰だけは、まことの神信仰であるので、他宗教と違って、クリスマスやイースターなど、世界中に増え広がると預言していました。

あなたは、Bible&Jesus信仰を 他の宗教と同列に比較するような大きな過ちや罪悪を 犯すことはありませんか?

なぜなら聖書は、ユダヤ教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教は ただの宗教であり、まことの神信仰ではないので、世界中で祝われているクリスマスやイースターなどのイベントなど生まれないと忠告するからです。Jesus信仰だけは、永遠なる真理となる神信仰であるゆえ、他宗教とは比較するレベルではないのです。宗教に振り回されないように、目をさましあいましょう。 また聖書は、Jesusの十字架贖罪信仰以外の世界四大宗教(イスラム教、ユダヤ教、仏教、ヒンズー教)は人間が救われる為には血統、立派な行い(善行)、修行による悟り、身を粉にする程の努力や、多くの時間を費やす祈り、断食、多額のお布施などを 信徒たちに要求しています。どれも、一定の条件を満たさなければ、天国行きなどあり得ないと教え説くのです。 あなたは その現実をご存知でしたか?

もしあなたがJesus信仰以外を信じているのなら、あなたは上記の要求を満たしていますか?

なぜなら聖書は...神の御子Jesusによる十字架贖罪信仰を信じて祈り、日々のみことばから悔い改め続ければ、ただ それだけで神の裁きを免れ、永遠に救われると約束してくれたからです。Bibleは、まことの神様は人間を救うのに、数多くの難行、苦行など要求しないと、教え説きます。あなたの神様は人間の意志の弱さ、罪深さ、ズルさ、欲深さ、それぞれの短所を全て知っており、人に完璧さは要求しないお方であり、人の弱さの分かる 愛と哀れみ多きお方だと、教え説いており、昨日までがどうであれ、主イエスの十字架贖罪信仰を信じ祈りつつ、聖書から悔い改め続ければ、永遠なる幸福人生を獲得できると約束してくれたのです。Jesusのお名前を呼び求めて、悔い改め続ければ、Jesusはあなたの身代わりにすべての条件を満たして下さり、永遠なる幸福人生が与えられるのです。胸に書き記してください。 マタイの福音書9:13『神は言われた。「わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない」それは、どういう意味かわかりますか。それは、わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たということなのです。』 このように聖書は Jesus信仰だけは、自らの人生での罪悪と過ちを素直に認めて省み、Jesusの十字架上の身代わりの死と弁護を祈りつつ、あきらめずに 悔い改め続ければ、ただ それだけで、誰でも救われると約束してくれます。あなたの神様は最上級の愛と神の子としての特権を与えて下さるお方。Bible&Jesusのみことばを 安心して信じて祈りつつ、聖書の真理から悔い改めようと尽力し続ければ、永遠に報われるのです。 5~6節,この時、使徒ペテロとヨハネが おこなった癒しの祈りの奇跡と福音メッセージに驚かされたエルサレム神殿の祭司たちは、すぐに、ユダヤ人宗教指導者達と政治家や著名な学者達を 集めて阻止しようとしました。 7節,またユダヤ人権力者達は、使徒ペテロたちが生まれながらの足の不自由な人を 祈りとみことばだけで癒した奇跡が、なぜ起こったのか。

また ユダヤ教の人々は、すべての宗教は、神の赦しや天国行きを獲得する為には 何か特別な条件を満たさなければ行けないはずなのに...なぜ Jesusの十字架信仰による救いだけは、Bible&Jesusのみことばを信じて、祈り悔い改め続けるだけで救われるのか...非常に興味を持って尋問したのでした。Jesusだけは、まことの神の実子でるために、聖書を信じて祈りつつ悔い改め続ければ、すべての罪悪や過ちは贖罪されるのです。 このように、あなたの神様は、人の悟り得た学問と宗教や、人の常識を遥かに超える不思議や無限なる愛を施すのが大好きなお方。どんな事でも、まことの神信仰(Jesus信仰)だけは おできになる、それを堅く信じる事が重要だと教え説くのです。人の悟り得た学問や常識は、時代と共に移ろいやすく、変わりやすいモノ。自らの片寄った知識と固定概念に縛られ過ぎてしまい、Jesus&Bibleのみことばの感動的な愛と奇跡や、超常識的な恵みを取り逃さないように、いつも 霊の目を醒まして生きることも重要です。 マルコ福音書9:23『するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」』 10節, あなたのJesus信仰と真理に伴う生活力が 成長していき、あなたの人生にも神の偉大なる奇跡や神の感動的な愛の御業が起きることを 期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Jesusの十字架力とBibleのみことばによる圧倒的な神の御力や無限なる愛力を 真心から悟らせ 信じさせて下さい。 そうすれば皆に、どんな奇跡さえも起こり得るからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.