• sgbc-devotion

使徒の働き3:13~16

2018年6月16日(土) ディボーション聖句

使徒の働き3:13~16

13

あなたがたは、この方を引き渡し、ピラトが釈放すると決めたのに、その面前でこの方を拒みました。

14

そのうえ、このきよい、正しい方を拒んで、人殺しの男を赦免するように要求し、

15

いのちの君を殺しました。しかし、神はこのイエスを死者の中からよみがえらせました。私たちはそのことの証人なのです。

16

そして、このイエスの御名が、その御名を信じる信仰のゆえに、あなたがたがいま見ており知っているこの人を強くしたのです。イエスによって与えられる信仰が、この人を皆さんの目の前で完全なからだに癒したのです。 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

13節,「ピラト」とは、ローマ帝国ユダヤ属州総督。当時のイスラエル王国(ユダヤ)はローマ帝国の植民地だったので、このローマ人・ピラト総督は、ユダヤ人の専任統括責任者でした。

ヨハネ福音書19:6~8『ユダヤ教の祭司長たちやユダヤ人の役人たちは、使徒のユダに裏切られ、牢獄に入れられたイエスを見ると、激しく叫んで、「十字架につけろ。十字架につけろ」と言った。ピラト総督はユダヤ人達に言った。「あなたがたがこのイエスを引き取り、十字架につけなさい。私はこのイエスに関しては罪を認めません。」ユダヤ人たちはピラトに答えた。「私たちには律法があります。このイエスは自分を神の子と言ったのですから、律法によれば、死刑に当たります。」ピラトは、このユダヤ人達のことばを聞くと、ますます群衆の狂気を恐れた。』

このユダヤ属州の総督ピラトは、Jesusが 様々な社会的弱者を助け、多くの重病の人々を癒したり、また 悪霊に取り憑かれた為に、人生がうまくいかなくなっている人々の悪霊や悪運を取り除いたり、死人を生き返らせたりなどしていた神秘的な噂を 耳にしていました。その為 ピラト総督はJesusが、何も悪い事をしていない事を知っていたので、パリサイ人たちの告訴をすぐに受け入れることなく、Jesusの無実を表明したのです。

14節,しかし ユダヤのパリサイ派の政治家や指導者たちは、神の御業と愛に満ちていたJesusに、ユダヤ教の信徒を 数多く奪われたり、人気やその影響力まで取られてしまった為に、Jesusの存在が邪魔になって、無実のJesusを十字架処刑するように、告訴する罠を仕掛けたのです。

そして、悪いパリサイ人権力者たちは、バラバという死刑囚の死刑執行日に、そのバラバの罪を赦免して、その代わりに Jesusを十字架処刑するように陰謀を企てたのでした。

マタイ福音書27:20~21『ユダヤ人の祭司長、長老たちは、群衆達に、死刑囚バラバの無罪を願うよう、そして、ユダに裏切られ、牢獄に入れられたイエスを死刑にするよう、説きつけた。しかし、総督ピラトはユダヤ人達に言った。「あなたがたは、バラバとイエスのうち、どちらを釈放してほしいのか。」ユダヤ人達は言った。「バラバだ。」』

そしてユダヤ人権力者たちの陰謀と けしかけで、民衆は操作されて狂人化してしまい、このユダヤ人達の狂人的な暴動を見た総督ピラトは、自分の手におえない暴動事件に発展する事を恐れて、ユダヤ人群衆の目の前で水を取り寄せ、手を洗い清めて、こう言いました。

「この人・イエスの血について、私には、一切の責任がないことを 今ここに宣言する。あとは、自分たちの好きなように、始末するがよい。」(マタイ福音書27:24)と、ピラト総督は言いました。

このように、多くのユダヤ人達は、神の御子Jesusに癒されたり、数多くの問題を解決して救って頂きましたが、Jesusが罠にはめられて牢獄にいれられると、再び、偽善者であったユダヤ人の祭司長や政治的権力者達に寝返って、「牢獄にいれられた、神の御子Jesusは、もう使えない。いっそ十字架につけて、殺してしまえ!」と狂人化してしまったのです。

このように聖書は、人は皆、目に見えない神様や真の愛、正義よりも、悪いと知りつつ、目に見えるカリスマ性のある権力者たちや多数派に支配される弱さ、ズル賢さがあると教え説きます。

あなたは正しいと言えない権力だと知りながらも、この世の権力者、多数派や強いカリスマ性のある人たちばかりに流されて生きていませんか?

しかし聖書は、そういう意志や信仰の弱い人は神の感動的な奇跡や揺るがぬ幸福人生を取り逃がすと預言するのです。目を覚まして、聖書から真理、愛、信仰、正義を 追求し続けましょう。なぜなら聖書は、そういう人たちだけが、神の感動的な奇跡や永遠なる幸福人生を勝ち取れると約束するからです。

15~16節,このようにJesusは、すべての人々に神の無限なる愛と奇跡的な御力を利用されて、最後は裏切られたのですが、以下のように、愛の祈りを 捧げてくれました。

ルカ福音書23:34「父なる神よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか、自分達では わからないのです。」

このようにBibleは、無実で完全な、神の御子Jesusの十字架上での愛の祈りと身代わりの死による贖罪信仰のおかげで、Jesusを信じるあなたは永遠に赦されて、死後の神の国でも、永遠なるチャンスが与えられることになったと、教え説きます。神の御子Jesusは、あなたの永遠なる救い主なのです。

そして聖書は...Jesusの十字架のみことばとは、あなたのすべてのマイナスをプラスに変えたり、あなたの永遠なる死を 永遠なる幸福人生に変えられる神の御力と希望が宿っており、常に、あなたの心霊体のバランスを癒して強くできる、不思議な天からの栄養、糧だと、教え説くのです。神のカラダとなる教会にしっかり繋がり、神のみことばと祈りの糧を 吸収する人は皆、永遠なる糧や聖霊の充電が与えられ続けるのです。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bibleの神の言霊力とJesusの十字架力を 深く悟らせて下さい。

そうすれば皆、神のご臨在と聖霊の癒しを体験できたり、あらゆる問題を解決できる聖霊の知恵とインスピレーションを獲得できるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「