• sgbc-devotion

使徒の働き3:9~12

2018年6月14日(木) ディボーション聖句

使徒の働き3:9~12 9

人々はみな、生まれつき足なえの人が歩きながら、神を賛美しているのを見た。

10

そして、これが、施しを求めるために宮の「美しの門」にすわっていた男だとわかると、この人の身に起こったことに驚き、あきれた。

11

この人が、使徒ペテロとヨハネにつきまとっている間に、非常に驚いた人々がみないっせいに、ソロモンの廊という回廊にいる彼らのところに、やって来た。』 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

9節, いつも 熱心なJesus信仰を維持して、Bibleのみことばに忠実に生活しようと尽力していた使徒ペテロとヨハネは聖霊に満たされいき、彼らの祈りは生まれつきの足の不自由な人を完全に癒せました。このように聖書は、使徒パウロとヨハネたちのように日々のみことばを 何よりの糧としながら、教会礼拝とその奉仕を大切に守り続けて福音宣教に協力し続ける人は皆、また Jesusのような奇跡を起こせる聖霊力と祈祷力が任されると預言します。

あなたは、使徒ペテロとヨハネのような、堅固なクリスチャンライフを 築こうと尽力していますか?

使徒ペテロやヨハネねような感動的な祈りの奇跡や圧倒的な聖霊力を 引き出せるかは、あなたの教会生活とクリスチャンライフ次第だからです。

世界人類の救い主Jesusは、ご自分を信じる全ての人々に,次のように約束をしたのです。

ヨハネ福音書14:12~13『まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。またわたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、それをしましょう。父なる神様が わたし イエスによって、栄光をお受けになるためです。』

聖書は...昔はガリラヤという田舎町の普通の漁師でしかなかった使徒ペテロとヨハネは、このJesusの約束と預言通り、神のみことばと教会生活を 何よりも大切に生活し続けていたので、Jesusのような不可能さえ可能にする神の聖霊力と祈祷力を表し続けられていたと教え説きます。このようにBibleは...もし あなたが使徒ペテロたちのように、Bibleの世界観と思考力やBibleによる生き様が 伴っていくのならば、あなたにも同じような神の奇跡と超自然的な癒しやJesusが起こした以上の神の不思議さえも起こせると約束するのです。真心から今日のみことばを100%信じて悔い改め、永遠なる百倍の恩恵を勝ち取れるか。または、程々に信じてしまって、神体験や永遠なる幸福人生を手放すかは、あなたの信仰生活次第だと教え説くのです。肝にめいじあいましょう。

10節,『美しの門』という神の宮の入口近くに住む人々や 習慣的に礼拝に参加していた人々は、毎日、この門の前で悲壮感を漂わせながら、物乞いをしていた生まれつきの足の不自由な人が 楽しそうに賛美歌を歌いながら、使徒ペテロとヨハネたちと礼拝に走って行く姿を見て、「とんでもない!何が起きたんだ!」と非常に驚きました。神の奇跡的な癒しを 目の当たりにしたからです。

11節,「ソロモンの廊」とは...創造主なる神様から認められる程の隣人愛と信仰をもっていた為に、神様から突出した知恵、財力、政治力、外交力を与えられたソロモン王という人が 建てた礼拝堂まで、長く続く、建物の外に面した屋根付きの通路のことを指しています。そしてこの時 多くの人々は、生まれつき足の不自由な人が、ソロモンの廊を使徒ペテロとヨハネについて歩いて行くのを見て、いっせいに集まって来たのです。

マラキ書3:12『すべての国民は、あなたがたをしあわせ者と言うようになる。あなたがたが喜びの地となるからだ」と万軍の主は仰せられる。』

このように聖書は、Jesus&Bibleのみことばを真心から信じて行い続ける人は皆、使徒ペテロたちのように周囲の人々を驚かしたり、うらやましがられる程の神の特別な恩恵を刈り取れたり、永遠なる幸福人生を実感できると、約束しています。同時に聖書はクリスチャンであっても、形式的な信仰では大して報われず、虚しい人生になり得ると、預言するのです。

あなたは、みことばを 守り行なおうとする聖霊の奇跡や百倍の恩恵を刈り取れるクリスチャンですか。それとも、神体験や説得力の乏しい形式的なクリスチャンで終わりそうですか?

しかし、あなたはみことばを守り行おと悔い改め続けて、永遠にいく倍も報われる幸福人生を築ける人だと期待します。

また聖書は、人が願い以上の祈りや癒しを引き出す心構えについても、以下のように書いているのです。

使徒の働き14:8~11『ある足のきかない人がすわっていた。彼は生まれつき足のなえた人で、歩いたことがなかった。この人は使徒パウロが御言葉を話すことに耳を傾けていた。使徒パウロは彼の素直な信仰に目を留め、彼には、いやされる信仰があるのを見て、大声で「自分の足で、まっすぐに立ちなさい」と言った。すると彼は飛び上がって、歩き出した。』

このようにBibleは、神のみことばを語る人に真心から心の耳を傾け、ただ 素直に信じて 祈り行動に移そうとする人々には、その人の願い以上の祈りの応答や奇跡的な癒しが起こり得ると、預言します。自我が強過ぎて、疑い深いクリスチャンに祈り以上の奇跡や願いごとの成就は、難しいのです。目をさましあいましょう。

最近のあなたは、Bibleのみことばの預言や約束を 素直に受けとめて、すぐに祈り、アクションしようとする人ですか?

それとも、なかなか 祈れず、行動も起こせない人ですか?

なぜなら聖書は、あまり祈らず、またみことばを行動に移そうとしなければ、将来や死後の神様からの恩恵も乏しいと預言するからです。

しかしあなたは、今日から更に、神様と親しく会話するように祈るようになって、日々のみことばを すぐに行動に移そうとする神の子に変えられていき、何を祈っても、神の奇跡を引き出せる幸福人生になり変われると、期待します。あなたの内なる聖霊はその為の救い主だからです。AMEN

(祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Jesus&Bibleのみことばの約束と預言を 素直な幼子のように、全て受け入れさせて、祈り行えるように助け導いて下さい。

そうすれば 皆にも、使徒ペテロやヨハネのような不可能さえ可能に出来る聖霊力や祈祷力が任されるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.