• sgbc-devotion

使徒の働き2:38~40

2018年6月11日(月) ディボーション聖句 使徒の働き2:38~40 38 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。 39 なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」 40 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい」と言って彼らに勧めた。』 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。前節, 36~37節の聖句をあげてから説明します。 使徒の働き2:36~37『すべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされた このイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。では、私たちは、どうしたらよいでしょうか」と言い始めた。』 38節,このように使徒ペテロから無実の神の御子Jesusの十字架上の死とは、世界人類の信仰者たちの罪悪や過ちを贖罪して、永遠に救う為の神様のご計画であったと聞かされた人々は、一様に良心を刺され「ではペテロ(兄弟)、私たちは、今後、どうしたらよいでしょうか」と質問してきました。主イエスの十字架贖罪信仰は、神様からのあなたへの人生最高なギフトなのです。 38節,そして使徒ペテロは、以下のように答えました。「では、神のみことば(真理)から自らの人生での罪悪や身勝手さを省みて、あなたの価値観と生活習慣を 祈りつつ悔い改めて生き続けなさい。そしてJesusが教え勧めた通りに、すぐに洗礼(バプテスマ)を受ける事で、神様からの永遠なる信頼(ゆるし)と聖霊力を獲得しなさい。」と、使徒ペテロは永遠なる神のゆるしと救いを受けられる福音について、具体的な悔い改めを 教え勧めたのでした。 あなたはこのBible&Jesusの勧め通りに悔い改めようと祈り尽力していますか?

また、もし それができていないとしたら、あなたの肉体の人生の結末と、死後の行く先や準備は どうするつもりですか?

なぜなら聖書は、人生のより良い結末と死後の行き先や永遠なる幸福人生の為にはBible&Jesusの忠告を受け入れるしかないと、預言するからです。誰にでも、人生の結末や死は必ず訪れることになり、神の預言は必ず、全人生に成就するのです。目をさましあいましょう。 Bibleの教える「悔い改め」とは、聖書から自らの人生での罪悪と身勝手さや過ちを 素直に認めて省みれる心の在り方であり、一新して、神の教える真理にパラダイムシフトして生き続けることにあります。そうすれば聖書は、あなたの主なる神様は...たとえ、現在のあなたの信仰や行いが誇らしくなくとも、あなたの心の深みと反省の意志を見られて、何度でもチャンスを与えて助け導いて下さると教え説くのです。真心から悔い改めようと素直に反省し続けて、あきらめない人達は永遠に祝福されるのです。あなたの神様は、何よりも人の心の在り方と方向性や、その世界観と生き様を重視して人生と死後の恩恵を振り分けられるお方(第一サムエル記16:7)。肝にめいじあいましょう。 39節,また聖書は...今日のみことば通り、あなたも永遠なる真理と言われるBibleの世界観に心を一新させるようにと、教え説いています。聖書は、それだけで 永遠なる神のゆるしや死後の恩恵を勝ち取れると約束するのです。 あなたの価値観、世界観は、今まで、一番何に影響されてきましたか? それらは絶対的なものだと言えますか? また、あなたの世界観や常識感は 不完全な人間の教えや片寄った情報などに影響されすぎていませんか?

なぜなら聖書のみことばだけが永遠に揺るがない世界共通の真理、絶対的な世界観と言われているからです。不完全なものや偽善に信頼すれば、必ず、いつか共倒れするのです。なによりも真理を追及して下さい。 第二テモテの手紙3:16『聖書はすべて、神の霊感により書かれたもので、人生の教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。』 また聖書のみことばは、すべてが創造主なる神様の霊感で書かれている世界一権威のある書物と言われています。聖書は、一生涯ぶれない真理と正義を 獲得できたり、永遠なる幸福人生を築く為の絶対的な世界観を形成する糧となり得ると約束するのです。しっかり 胸に書き記して下さい。 40節, またBibleは...この世界や愛する日本は、愛に冷えた経済至上主義を形成し過ぎており、曲がった時代に突入しまったので、近い将来、神の警告ともなる、大きな天変地異などの自然災害も多発すると、預言しています。そして聖書は、人は皆、天変地異からはもちろん、自分自身と家族をも完全に守れる人など存在していないと忠告するのです。

あなたは、あなた自身や家族を完全に守れると 過信することはありませんか?

なぜなら聖書は、あなた自身や大切な人々を 救い導きたいのなら、一刻も早く、Jesusの十字架贖罪信仰を信じて祈り、神の助け主・聖霊と神のゆるしを受けるためのバプテスマ(洗礼)を受けて悔い改め続けるようにと、教え勧めているからです。人は皆、Bibleから自身の罪悪や過ちを認め Jesusの十字架贖罪信仰を信じて祈り、洗礼を受けて 悔い改め続ければ、永遠に報われる幸福人生を確保できると、約束するのです。 近い将来、Bible&Jesusの教え通りに洗礼を受けた あなたが 永遠なる幸福人生に必要な爆発的なHolySpiritと感動的な神の奇跡やJesusの感動的な愛の業を体験できると期待します。AMEN!!! (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開かせて、真理を通じて悔い改めさせ、Jesusが教え勧めた新しい価値観と世界観へとパラダイムシフトさせて下さい。 そうすれば 皆に、不可能を可能にできる聖霊の不思議や感動的な神の奇跡や愛の業が 起こり出すからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「